<< 人参シリシリが持つリスク(補足) | main | 安心の古酒「琉球王朝」 >>

みるく世(ユ)ぬ声合(クイチャー)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    宮古島民謡「漲水のクイチャー」は人頭税廃止を祝う歓喜の唄。

     

     

    人頭税の廃止を伝える舟が宮古島に到着した時、島民には浜辺の砂が、粟となり米となって打ち寄せて来るように見えたと。

     

    この動画は千回以上再生されていますが、反応の多くは「宮沢和史が踊ってる! 凄〜い!!」というもの。宮沢和史が踊るって凄いことだったんですね(笑)

     

     

    宮古島で開催されている「クイチャーフェスティバル」は今年で18回目を迎えます。

     

     

    沖縄民謡の音源を集める活動に取り組んでいた宮沢さんは、2015年にフェスティバルの全工程を視察したそうです。そして、その直後の活動休止宣言。

     

    宮沢さんとの交流を続けたいと願ったフェスティバルの実行委員達は、沖縄最後のライブ会場となった音市場の楽屋に宮沢さんを訪ね、意を決して、あるお願いをしました。

     

    それは、「宮古島のために、クイチャーをモチーフにした楽曲を提供いただけないか」というもの。宮沢さんは「私でよければ」と、その場で快諾したそうです。

     

     

    夜空の月の美しさ

    八重山の言葉じゃ何と言う

    宮古言葉ならこう言うさ

    月夜ぬ美さや島ぬ美さ

     

    世賀富ぬ世や世や実れ

    吾達が島愛す島

    宮古となぎ島となぎ

    故郷の訛りで揃い皆踊り

     

    ヒヤサッサクヤサッサ

    アリアリアリヤッサ

     

    「みるく世ぬクイチャー」はフェスティバルのテーマ曲となり、島の保育園では発表会の定番になっているそうです。

     

     

    宮沢さんの「島唄」は発売当初、沖縄の民謡界から猛反発を受けました。「観光客の分際で沖縄民謡の真似事をするな」というもの。

     

    ところが「島唄」は、沖縄民謡の真似事どころか、沖縄の島唄を世に広める役割を果たしました。「みるく世ぬクイチャー」も「漲水のクイチャー」を更に押し上げてくれそうです。

     

     

    宮沢さんが沖縄に受け入れられた理由は様々あるでしょうが、音市場の楽屋で発した「私でよければ」の一言に集約されると、私には思えます。


    コメント
    漲水のクイチャーは聞いたことのあるもの、しかし各集落にあり、youtubeでは新城、池間、多良間、荷川取とたくさん見つかります。しかしそれ以外にも 豊年、実世ぬ とかあります。

    本島でカチャーシーの曲ってそんなにたくさんない気がします、、、


    そこに みるく世が加わったと、、、タイトルも歌詞も何か、沖縄のことを理解してるなぁ、、って
    • うちなーんちゅ
    • 2019/10/21 9:23 AM
    うちなーんちゅさん

    「みるく世ぬクイチャー」は歌詞がわかりやすいし、クイチャーが躍りやすいので、クイチャーフェスティバルに来た観光客や、島の園児達が受け入れやすい曲と言えます。

    でも、この曲が民謡とは呼ばれることはないと思います。沖縄の伝統的な島唄に対する、宮沢さんの「島唄」と同じ立ち位置。

    「島唄」の最後で唐突に始まる「ラララ〜」は、宮沢さんが「これは民謡ではありません」と念押ししてるように、私には聞こえます。

    つまり、宮沢さんが「私でよければ」と言った時の立ち位置。

    沖縄で「島唄」が認知されて以降、宮沢さんの周囲には民謡唄者やミュージシャンが群がっているので、民謡や島言葉の先生には事欠かないんじゃないかと(^^)
    • coralway
    • 2019/10/21 11:19 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM