<< ウチナーグチを使うナイチャーに照れる | main | 西原集落の散歩(2)島添大里グスク跡 >>

西原集落の散歩(1)島添大里グスク物見台

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    久しぶりに南城市大里の西原集落を散歩しました。

     

    以前はヤギの保育園(あおぞらこども園)へ配達があったので、島添大里グスクへ寄り道して、お昼を食べたり休憩したりしてました。だから、なじみのある場所です。

     

     

    こちらは島添大里グスクの想像復元図。

     

     

    グスク正殿の左下に描かれた集落が西原。ナイチの城下町にあたります。グスク東側のミーグスクと西側のギリムイグスクに物見台があり、気持ちの良い眺望が開けています。ではさっそく、ミーグスク展望台からの眺望をお楽しみ下さい。

     

     

    天候によっては海はより青く、久高島も津堅島もくっきりと見えます。まあ、皆さんがこの場所に立った時に、「うわぁ〜」と歓声を上げる余地を残す意味で、今日はこのくらいにしといたるかな(笑)

     

     

    島添大里グスクは三山時代の南山王の居城でした。佐敷按司の尚巴志による三山統一の過程で落城しましたが、その後も首里城の離宮として使われ、戦前まではグスクの原形を留めていたはず。

     

    ところが、戦争中に日本軍の陣地を構築するために城壁が壊され、米軍に爆破され、戦後の復興期に石を持ち出され、グスクは酷い目にあいました。だから、世界遺産級のグスクでありながら、復元にはかなりの時間がかかりそうです。

     

     

    ミーグスクの物見台に立つと、中山の首里、浦添、中城、勝連の各グスクを見渡せ、眼下には領内の与那原や馬天の港が望めます。理想的な物見台と言えるでしょう。

     

    また、振り返れば那覇はもちろん、東シナ海のチービシや慶良間までの眺望が得られます。本島南部では標高ベスト5に入る場所だと思います。

     

    (続く)

     

     

    私の長女が運営しているセレクトショップ「みちのたより」。大阪天満橋の京阪シティモールに店舗がありますが、全国各地の催事にも出店しているようです。

     

    先週、岡山一番街の催事会場に「沖縄の風景」の読者が来られたと、娘から報告がありました。わざわざ起こしいただいたのに娘が不在で失礼しました。

     

    今後とも、(父も娘も)どうかよろしくお願い致しますm(_ _)m


    コメント
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM