<< 西原集落の散歩(1)島添大里グスク物見台 | main | 西原集落の散歩(3)西原集落 >>

西原集落の散歩(2)島添大里グスク跡

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    ては、島添大里グスクの想像復元図を頭に入れて、グスクに入りましょう。

     

     

    島添大里グスクには二重の城壁がありました。外側の城壁跡を入った所が外郭の平場。

     

     

    外郭から内郭へ上ります。

     

     

    内郭は手前が御庭(うなー)。右奥には正殿のあった下の平場。中央の高い所が拝所のあった上の平場です。

     

     

    上の平場から下の平場を見下ろして、そこにあった正殿を想像してみました。

     

     

    正殿跡の裏手は急峻な斜面で、外敵の侵入を防げます。グスクの立地としては理想的ですね。

     

     

    グスクの城壁はほとんど残っていません。内郭と外郭の間の数ヶ所に石積みがありますが、これは各時代の事情で、右に寄せられ左に寄せられした結果。今の石積みがかつての城壁とは限りません。

     

    城壁を見るには、森の中などの採石が難しい場所を探すことになります。この石積みは城壁のようです。

     

     

     

    内郭の井戸は「スクナシカー」。底無しなんでしょうね、きっと(笑)

     

     

    城壁のすぐ外にある井戸「チチンガー」。右手の石組みは拝所、左手の石段を降りた所に井戸があります。

     

     

    階段を途中まで降りた所。

     

     

    振り返れば、階段を保護している石積み。

     

     

    立派な井戸です。

     

    この井戸が城壁の中にあれば便利だったでしょうが、不思議なことに城壁で囲むと水が止まり、元に戻すと再び水が湧いたそうです。

     

    それで「チチマランカー」と名付けられ、それが「チチンガー」の由来だと。真偽は知りませんが、納得感は抜群です。

     

    (続く)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM