<< 西原集落の散歩(2)島添大里グスク跡 | main | 工事現場の監督VS八百屋のオヤジ >>

西原集落の散歩(3)西原集落

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    島添大里グスクへ向かう道路の整備が進み、グスク前には大里城址公園交流体験センターと広い駐車場が完成しています。

     

     

    カフェ風の食堂も開業して、観光地としての体裁が整ってきました。

     

     

    西原集落の散歩を続けます。

     

    西原集落へ入るとすぐに、立派な石塀が目に入りました。グスクの城壁跡よりもずっと立派(^^)。その奥に勢いのある大きなガジュマル。

     

     

    ここは、集落では大殿内(うふどぅんち)と呼ばれている西原ノロ殿内です。

     

     

    奥の建屋には、歴代の大里按司とノロの位牌が祀られているはずですが、人が集まっていたので近寄ることは遠慮しました。

     

    西原ノロは大里按司の末裔だそうです。

     

     

    こちらは集落最上位の拝所で「ウフユー」。年中行事では、ここで最初の拝みが行われます。ウフユーは大昔。

     

     

    すぐそばにある井戸が「ウフユーヌカー」。カーウガミはここが起点です。

     

     

    こちらの拝所は「ニーウコール」。中国との交易で持ち帰った香炉をこの祠に納め、中国へ出発の際に航海の無事を祈ったそうです。ウコールは香炉。

     

     

    西原集落の拝所や井戸はいずれもきちんと整備されていて、拝みの場として生きています。

     

    正しい沖縄の集落は植栽や石塀に品位を感じるし、

     

     

    道端の祠だけではなく、庭の木や花の一つ一つに意味があるような気さえしてきます。

     

     

    ウフユー(大昔)って南山時代ですからね。南山王国の建国が14世紀初頭ですから700年近く前。それ以来、途切れることなく集落の営みが続いているということですね。

     

    (終わり)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM