<< 安慶名の按司はどう考えたのか(1) | main | 漫湖むかしなつかし写真展 >>

安慶名の按司はどう考えたのか(2)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    兵糧攻めにあったグスクは、将棋に例えれば「詰み」の状態にあり、頭を下げて投了する局面です。そこから長考する(籠城する)ことに意味はありません。

     

    安慶名の按司が天変地異(天願川が氾濫するとか、神風が吹くとか)を期待して籠城したのなら、それはリーダー失格と言うほか無いでしょう。

     

     

    話は逸れますが、先の大戦で南方からの補給路を断たれた日本が、何故、沖縄で戦争を続けたのか。本土決戦に備えたなどと言われていますが、あの時、何らかの備えができたものか、甚だ疑問です。

     

    籠城して時間を稼ぐことに意味があるのは、援軍が期待できる場合に限られるでしょう。しかし、首里王府に背いてまで、安慶名の按司を助けようとする按司はいなかったはず。大戦における日本の立場も同じです。

     

     

    首里軍は安慶名グスクの水の供給路を断ったとされていますが、私が思うに、派兵したかどうかも疑わしい。安慶名の按司に「グスクには井戸が無いそうだね」と言うだけで、按司は忠誠を誓うほかなかったと思いますからね。グスクに井戸が無いのは、それほどに致命的でした。

     

     

    話は変わりますが、安慶名グスクの城壁に奇妙な穴が開いてます。

     

     

    拡大してみましょう。

     

     

     

    この穴の深さは城壁の厚さと同じですから、銃を撃ったり、矢を射ることはできません。歴史家の調査で、この穴が真東を向いていることが分かり、玉城グスクの城門のように、宗教的な意味を持つものではないかとされています。

     

    つまり、よくわからないと(笑)

     

     

    安慶名の按司が、直ちに降参したのか、何らかの意図を持って籠城したのかも、よくわかっていません。

     

    しかし、わからないからこそ色々なことを想像できるし、それを論破されることもありません。楽しいじゃないですか(笑)

     

    何もかも分かってしまうのは、いかがなものかと思いますよ。

     

    安慶名グスクを訪ねることがあれば、城壁の上に立ち、按司になったつもりで「う〜む」と腕組みをしてみて下さい(^^)


    コメント
    真東を向いている穴

    "風水"の抜け道か??????
    年間時計(この穴の方向から太陽があがれば、冬至、夏至、とか)???
    つまり、よくわかりません。
    • MAO
    • 2019/11/16 1:24 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM