<< 漫湖むかしなつかし写真展 | main | カンランって何だ? >>

アンヤタン、カンヤタン

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    (写真を削除しました)

    写真展の写真は撮影不可だったらしく、湿地センターから削除の依頼があり、(*印の箇所で写真を削除していますm(_ _)m

     

     

    一つ前に投稿した「漫湖むかしなつかし写真展」。結局、紹介できた写真は一枚だけだったので、それ以外の写真を数枚。

     

    (1)パイプライン

     

    国場川を越えて伸びるパイプライン。板の道は子供達の通学路になりました。

     

    (*)

     

    他のサイトから借用した航空写真。今はパイプラインの跡形もありませんが、マックスバリュ壺川店あたりから、奥武山陸上競技場に向かって延びていたようです。

     

     

     

    (2)アカバタキー、マカヤ毛

     

    奥武山から眺めた、壺川、古波蔵。

     

    (*)

     

    左手の半島状の突起がアカバタキー。現在の中央郵便局付近です。古い地図や航空写真では確認できてましたが、写真で見るのは初めて。軽く感激(笑)

     

    中央の小高い丘がマカヤ毛。マカヤは茅葺きの茅。読者のうちなーんちゅさんちの裏山です。

     

     

    (3)真玉橋

     

    架橋しては流された木造橋の時代を経て、1708年に完成した名橋真玉橋。5連の石造橋は沖縄戦で日本軍により爆破されてしまいました。

     

    写真は戦後、米軍が架設した鉄の橋。沢山の人が釣りをしています。その日の夕食をかけた真剣な釣り。

     

    (*)

     

    こちらは1963年に琉球政府が架設したコンクリートの橋。現在の真玉橋の先代にあたります。

     

    (*)

     

     

    (4)漫湖を進むサバニ

     

    今回の写真展で一番のお気に入りとなった、大河(笑)国場川を進む一艘のサバニ。物を運ぶだけではなく、生活の足。

     

    (*)

     

     

    (5)漫湖水鳥・湿地センターの木道

     

    マングローブの観察用に設置されている木道です。

     

    鳥を観察するためのテラスには、小さな窓がついてます。こちらからは見えるが、鳥からは見えない仕組み。

     

     

    私の経験から言えば、鳥や魚や蟹が次々に現れるということはありません。マングローブを散歩しつつ、何かがいればラッキーというもの。

     

    もちろん、プロが案内してくれたら違う景色に見えてくるでしょう。

     

     

     

    「アンヤタン、カンヤタン」の意味は「ああだった、こうだった」。昔の漫湖を知る人なら、思わずそう口にしそうな写真展でした。

     

    昔を知らない私にとっては「ああだったんだ、こうだったんだ」

     

    これがまた楽しいわけよね。「昔を知ってる人には経験できない楽しさ」と言いたくなるほど楽しい(笑)

     

     

    今の漫湖はこちらからどうぞ

     


    コメント
    パイプラインの橋は、今の橋ありでしょうか
    私のPCには(公文書館入手)、カラーの写真があります。
    おまけに、工事中の現場に行って当時のパイプの残骸を記念に保管しています。
    私の先輩の話しでは、奥武山のプールに遊びに行くのに何度も使ったとの事でした。

    写真に高圧の送電線鉄塔が写っているのは、明治大橋のたもとに発電船(インピダンス号)が停泊していたからです。

    • NAO
    • 2019/11/17 7:52 AM
    NAOさん

    展示されている写真は60枚ほど。個人所有の写真提供を求めているようなので、もしお持ちなら協力してあげて下さい。写真展の性格上、個人が撮った写真に限るようです(^^)
    • coralway
    • 2019/11/17 9:07 AM
    パイプラインの橋を児童が通学に使ったとの記述には、少し疑問ですと伝えました。
    それは、おそらく「学区」が違う事が想像されます。貯木場の写真をみると奥武山公園のトリーが写っていました。発電船用の高圧鉄塔、パイプラインも写りこんでいます。
    琉球煙草の社長は、宮城仁四朗さんですが、琉球セメント、大東糖業など多くの事業に貢献しています。息子さんにアポなしで聞き取りしました。(話せば長いので又別の機会に)

    • NAO
    • 2019/11/17 1:07 PM
    写真の(C)については、私は、全て原本を購入して許可申請しています。大元の沖縄県公文書館に著作権のある写真は、問題ないのですが
    同じ写真でも二次的利用になると許可を出せないとの事でした。私は、撮影していません。
    (持っているもん。。。。)
    • NAO
    • 2019/11/17 2:18 PM
    >中央の小高い丘がマカヤ毛。マカヤは茅葺きの茅。読者のうちなーんちゅさんちの裏山です。


    え〜〜〜、見たかった〜〜   ってか、裏山に名前が! しかも マ茅 毛^^ マはよく頭につくやつかな? だから かやぶきの山、、、せめてススキやサトウキビが生えてたらまだしも、、うーーん、わかりません


    とりあえず、おしゃれな感じなので、いいかな^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/11/19 4:42 PM
    うちなーんちゅさん

    写真をブログから削除しなさいってことなんで、スマホに写真はありまよ(笑)

    メールで5枚送ります。2枚目がアカバタキーとマカヤ毛です(^-^)v

    • coralway
    • 2019/11/19 5:27 PM
    感動です。マカヤ毛、そそり立ってるじゃないですか、、

    そうなんですね、想像力を働かせ、建物を取っ払えば、こんな風に写りますか〜〜


    小さいころ遊んだ裏山が、立派な山に見えます、、おしゃれな名前をつけてもらって、


    うん、いい写真だ^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/11/19 10:50 PM
    うちなーんちゅさん

    マカヤ毛、そそり立っていますねぇ(笑)

    建物が立って目立たなくなったことで名前も使われなくなったのなら寂しい限りですが、今もそこにそそり立っていることは間違いありません(^-^)v
    • coralway
    • 2019/11/20 5:20 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM