<< 壺屋のビンジュルグヮ | main | 仕事でズルをしたらダメよ >>

対馬丸生存者のオジィ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    以前紹介した琉球新報の記事です。

     

     

    対馬丸慰霊の日(3)樋川のオジぃ  

     

    3年ほど前、私はこのオジィと実に些細なことで大喧嘩をしてしまいましたが、その後、オジィが対馬丸の生存者だと知り、私から頭を下げることにしました。それ以来、オジィが「おう」と手を上げれば、私が「ウッス」と応える間柄です。

     

     

    昨日、そのオジィが某青果店に現れました。

     

     

    そして私に近寄り「私のことを投稿してくれてたんだね。息子が見つけてくれたんだよ。ありがとう。本当にありがとうね」と。

     


    オジィは老いました。特にここ半年ほどの間に足元がおぼつかなくなり、言葉もやや聞き取りづらくなっています。それでも私に礼を言うためにわざわざ店まで来てくれるなんて、喧嘩をしたら仲直りをしておくものです。


    戦後74年。オジィの様子を見れば、戦争体験を語れる人がいなくなることが、それほど先のことではないと実感します。琉球新報はタイミング良く、オジィを特集してくれました。

     

     

    さて、こちらは読者のココナッツさんが教えてくれた「島々へ」。対馬丸の遺族が作った曲です。

     

     「島々へ」〜対馬丸から届いた唄〜 

     

     

    この曲を紹介した私の投稿は、このブログの人気記事ランキングで2ヶ月間トップを続け、投稿へのアクセス数は1,500回を超えました。この地味なブログにとっては異例の数です。

     

    対馬丸事件を後世に伝えることについて、私にもできることはあるということですね。

     


    この曲を唄っているのは、民謡唄者の大城謙さん(与那国島出身)。近々、ココナッツさん家族が沖縄に来る予定で、謙さんと会い、「島々へ」を生で聞くチャンスがありそうだとのこと。


    ココナッツさんによれば、対馬丸の犠牲者の遺族で、対馬丸記念館の理事を務められている方が上記の音源を聴き、「これまで対馬丸に纏わる沢山の曲を聴いたけど、これほど元気づけられた曲はありませんでした。子供達はただ海の底に沈んでるだけじゃないのよね」と涙を流されたとのこと。


    対馬丸事件を知り、「島々へ」が完成した経緯を知ると、謙さんの唄はなおさら胸に響きます。また、謙さんの声が実にこの曲に合うのよ。



    そのあたりは「島々へ」を単に「良い曲」と言うだけでは伝わらないと考え、以前、以下のような紹介文をTwitterに投稿しました。読者の皆さんが、この曲に興味を持っていただけるようだとありがたいです。


     

    「島々へ」紹介文


    皆さんは対馬丸をご存知でしょうか?

     

    沖縄戦の前の年に、那覇から九州へ向かった学童疎開船で、800人近い子供達が乗っていました。

     

    対馬丸は鹿児島県の悪石島沖で、米潜水艦に攻撃されて沈没しました。ごく少数の子供達は奇跡的に生還しましたが、多くは対馬丸と共に今も深い海の底で眠っています。

     

    「春めぐり 花は咲けども悪石の 水底(みなそこ)の子ら あの歳のまま」

     

    子供達は今も子供の姿のまま、海の底で眠っています。

     

    対馬丸の生存者、遺族、関係者には、共通した「ある想い」があります。それは、皆さんに悲しんで欲しい、憐れんで欲しいということではありません。

     

    子供達に与えられるはずだった人生を、今、皆さんが生きている。そのことを感じて欲しいということ。

     

    「島々へ」は犠牲になった子供達への追悼歌ですが、今を生きている皆さんへの応援歌でもあります。皆さんの笑顔は子供達の笑顔です。皆さんの歌は子供達の歌です。

     

    皆さんの笑顔で島々を飾り続けていただきたい。つぐみのように歌っていただきたい。

     

    「島々へ」を聴いた皆さんが「これから先、子供達の分まで、より豊かな人生を送ろう」と思っていただけたなら、もう最高です。


    コメント
    >戦後74年。戦争体験を語れる人がいなくなるのが、
    >それほど先のことではないことを実感します。


    少し前にCさんがコメントで「長生き間違いない」と言っていたおじいさんですよね。
    そうかー、とても複雑です。

    でも、投稿を読んでわざわざお礼を言いに来てくれた事はとても嬉しいですね♪
    • ココナッツ
    • 2019/12/04 2:59 PM
    ココナッツさん

    数年前に私と喧嘩した時は、大きな勢いのある声で怒鳴ってましたからね。

    今年、オジィの経験が新聞の特集記事になったのは、いいタイミングでした。今後は長時間の取材が難しいでしょうからね。

    今月に入って、沖縄の最高気温は20度を少し超える位まで下りました。皆さん暖かくしてお越し下さい(^o^)/
    • coralway
    • 2019/12/04 7:55 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM