<< 今日の「わかった」(^^) | main | 那覇の(私的)三大トックリキワタ >>

広島の対馬丸学童慰霊碑

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    私の故郷広島を旅行中なのは読者のおもろさん。

     

    彼が比治山の広島現代美術館へ行くと言うので、時間があれば数枚の写真を撮って欲しいとお願いをしました。

     

     

    広島駅の近くにある小さな丘が比治山。

     

     

    太田川の三角州の上にある広島の街。比治山は瀬戸内海の島でしたが、川砂に飲み込まれ、今は比治山公園として整備されています。

     


    その比治山公園の一角に旧日本陸軍船舶砲兵部隊の慰霊碑があります。

     

     

    船舶砲兵部隊は、陸軍が徴庸した輸送船などに乗船し、船を護衛することを任務としていました。

     

    慰霊碑の銘板に記されているのは、

     

     

    船舶、船員、船舶砲兵・部隊将兵、乗船将兵、そして、対馬丸乗船沖縄疎開学童。

     

     

    対馬丸には41人の船舶砲兵が乗船していました。その中で生還し、唯一存命だった元兵士が、慰霊碑建立にあたり、是非、銘板に対馬丸疎開学童と記載して欲しいと働きかけたもの。

     

    それは、対馬丸の子供達を守りきれなかったことへの懺悔の気持ちであったと。

     

    沖縄の対馬丸記念館はこのことを知り、以来、慰霊祭に花束を送るなどして、戦没者遺族との交流を深めているようです。

     

     

    おもろさん、わざわざ慰霊碑に寄ってくれてありがとう。来週、沖縄に来るんでしょ?。お礼に一杯奢りますから、予定を知らせて下さい。

     

     

    それにしてもこのおもろさん。「天気がいいようだから島へ渡ってはどうか」と言われればフェリーで江田島に渡り、「写真を撮ってこい」と言われれば慰霊碑に向かい。どんだけ素直な男なんだろ(笑)


    コメント
    久々の広島散歩。市内三大美術館とイルミネーション以外はノープランでしたので、タイミング良くお話をいただき、むしろ私の方が感謝です。船旅も出来たし、陸軍墓地では先達の尊い犠牲の上に我々が存在することに改めて思いを致した次第。お役に立てたようで嬉しいです。
    • おもろ
    • 2019/12/12 10:55 PM
    おもろさん

    今日は本当にありがとう。

    先週沖縄に来てた読者のココナッツさんが、対馬丸学童への追悼歌を広める活動をしてるから、そちらもよろしくね。

    http://coralway.jugem.jp/?eid=4728
    • coralway
    • 2019/12/12 11:18 PM
    対馬丸には41人の船舶砲兵が乗船いたとの事で当時乗船していた私の先輩に聞いてみました。確かに兵隊は、少人数乗っていた。兵士は、子供達を守る為の任務であったとの事ですが、やる事もないので子供達と色々、話しをして遊んでいた(教育的講話)魚雷の話しや戦争事など。子供なので記憶は鮮明ではないとの事でした。語り部の方も大分高齢になりました。色々、経験談を聞いています。
    • NAO
    • 2019/12/13 5:51 PM
    NAOさん

    船舶砲兵は兵種ですから、対馬丸に火砲が積んであったとは限りません。仮に火砲を積んでいたとしても、潜水艦の前では無力だったと思います。

    投稿の元兵士は対馬丸沈没後に、3人の子供と同じイカダにつかまっていたそうです。漂流中に2人の子供が流され、元兵士はそれを救うことができませんでした。

    「子供達を守りきれなかったことへの懺悔の気持ち」とは、潜水艦の攻撃を防げなかったことよりも、せっかく生き残っていた子供を救えなかったことに対してだと思います。
    • coralway
    • 2019/12/13 11:42 PM
    私は、対馬丸記念館の協力会員なのですが
    当時の経験者に聞き取りをしています。
    この広島の話しは、聞いていませんでした。
    少し追跡調査してみます。

    私の先輩の母と姉の写真は、何時も笑顔で迎えてくれます。
    母親と交わした最後の言葉は、
    「お姉さん探してくるから待っててネ」だったとの事
    取り残され先輩は、孤児となり叔母さんに育てられました。

    ハワイのパールハーバーで銃乱射事件があり
    報道に使われていた写真が潜水艦ボーフィン号でした。(誰も対馬丸との関係を知らないと思います)
    潜水艦ボーフィン号は、ハワイに係留され一般公開されています。
    戦時中は、島民が避難して無人となっていた
    北大東島を母港としていたとの事

    対馬丸は、沖縄を出航した時に本部の瀬底島で沖待ちをしていました。
    その時に目撃した人と話しをしました。
    その方は、なんと私の高校の恩師でした。
    闇夜にまぎれて北上する為の時間待ちであったとの事
    調べるとまだまだ自分の知らない事が出てきます。

    広島へ行って手を合わせたいなと考えています。
    • NAO
    • 2019/12/14 8:54 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM