<< ウチナー蒲鉾うさがみそーれ | main | 新春のチブヤ(壺屋) >>

うちなーぐち朝のラジオ体操

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    知ってる人は知っている「うちなーぐち朝のラジオ体操」。公設市場では使われているものの、農連プラザは(NHKの)原曲のままで申し訳ないです。


     

    「うちなーぐち朝のラジオ体操」は本島各地でロケが行われていまして、こちらは「瀬長島編」。上空を横切る旅客機と、最後に登場するオジィがシュールです(^^)
      

     

    この動画が配信されたのは2012年のことでした。最終回でダイジェストされてるロケ地を全て言い当てることができたら、當山菓子屋の源氏パイをプレゼントしましょう。


     

     

    味のあるナレーション(体操指導)は民謡歌手で介護士の喜屋武均さん。1976年生まれなので、配信時は36歳です。

     

     

    今なら、じゅん選手が担当してたかもしれませんが、同時はまだ無名でしたからね。

     

     

    喜屋武さんもじゅん選手もウチナーグチの使い手ではありますが、二人には私でも分かる違いがあります。

     

    喜屋武さんが使っているウチナーグチは年寄りの言葉で、農連市場の言葉と同じ。オジィやオバァが違和感なく会話ができる言葉と言っても良いでしょう。

     

    一方、じゅん選手は若い人向けのウチナーグチ。私でさえ「ん?」と思うことがあるくらいですから、ウチナーグチのネイティブスピーカーには、かなりの違和感があると思います。

     

    だからって「じゅん選手のウチナーグチはどうなのか?」などとは言いません。民謡歌手のウチナーグチとお笑い芸人のウチナーグチは、聞かせる相手(ターゲット)が違う。そういうことです。


    コメント
    大学で方言学学んでましたが、私の受けた授業の先生は、いわゆる若者のうちなーぐち(私もですが…(^_^;))は、ウチナーヤマトグチと表現して区別してました。ホントのうちなーぐちは聞けはしますがしゃべれません…
    • うちなーんちゅ
    • 2020/01/01 10:45 AM
    うちなーんちゅさん

    じゅん選手はウチナーヤマトグチではなく、ウチナーグチを使っています。

    ただし、そのウチナーグチをネィティブスピーカーが聞くと、「意味は伝わるけど、そうは言わない」と思うことがあるようです。

    若い人はそんな違和感を感じないので、無邪気に笑えるってことですかね。
    • coralway
    • 2020/01/02 12:12 AM
    ナイチに住んでいます、「うちなーんちゅ」と申します、、、いやぁ、、ややこしい「名前」にしてしまいました^^;


    先週、帰省時に久々 瀬長島に行きました。おしゃれなテラス、ホテル、、、全く様変わりしていました。

    40年前、悪中学生はチャリで1時間かけ島の南岸に行き、投げ釣りしていました。時々、いけすの魚を釣ってました。
    免許取ってからは悪い男友達と深夜出かけ、一定間隔で停まる車列を観察しに行っていました、、、ワルイコトバカリ
    • うちなーんちゅ
    • 2020/01/04 4:07 PM
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM