<< うちなーぐち朝のラジオ体操 | main | 首里城はどうなってるのか? >>

新春のチブヤ(壺屋)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    皆様、明けましておめでとうございます。

     

    今年も「沖縄の風景」をよろしくお願い致します。

     

     

    さて、こちらは壺屋のビンジュルグヮ。

     

     

    那覇市民の初詣は波上宮か奥武山の沖宮ですが、熊野権現みたいな神様より、地元の神様のほうが何かと力になってくれるのではないかと。

     

    そう考えて、今年は壺屋の御嶽に来て、昨年の様々な出来事を感謝したり、新年の抱負を聞いてもらったりしました。

     

     

    せっかくですから、久しぶりに壺屋を散歩してみましょう。

     

    壺屋陶芸センターのシーサーは壺屋の西側入口にいます。

     

     

    壺屋には南ヌ窯(フェーヌカマ)と東ヌ窯(アガリヌカマ)の二つの窯がありますが、いずれも引退していて、今は文化財として管理されています。

     

    こちらが南ヌ窯。

     

     

    壺屋焼物博物館のすぐ隣にあり、酒甕や水甕、厨子甕などを焼く荒焼窯でした。

     

     

     

    琉球王朝時代の1682年に、湧田、知花、宝口の窯が壺屋に統合されました。いしまち通りはその時以来のメインストリート。

     

     

    かつてはこの通りを、粘土や焼物を積んだ荷車が往来していました。石垣に巻き付いた蔓が名前の由来です。

     

     

     

    こちらは旧新垣家住宅と東ヌ窯。

     

     

    東ヌ窯は酒器や皿、鉢などを焼く上焼窯でした。新垣家住宅は窯主の住居であり、陶工の作業場でもありました。

     

     

    場所はやちむん通りの東入口付近。下の写真の右端にひめゆり通りが見えてます。

     

     

    やちむん通りは東行きの一方通行。ひめゆり通りに出てしまうと、引き返すのが大変です。

     

    やちむん通り沿いの駐車場に車を置いて、歩いて回って下さい。やちむん通りといしまち通りを往路と復路に利用して、ぐるっと効率良く回りましょう。


    コメント
    Cさん
    新年明けましておめでとうございます。
    安定の上等ブログをいつもありがとうございます。
    本年も宜しくお願い申し上げます。
    早速
    隅の隅の先の先まで
    行き渡る壺屋案内に脱帽。
    本当にありがとうございます。
     


    • ひらひら
    • 2020/01/01 7:20 PM
    ひらひらさん

    いつもありがとうございます。

    そんな風に褒めてもらえると「よし明日も頑張るぞ」って気持ちになり、ブログが続いています。

    今年もよろしくお願い致します。
    • coralway
    • 2020/01/02 12:18 AM
    壺屋には常宿があるので
    やちむん通りや奥のすーじ小はよく歩きますが
    いしまち通りと言うのですか。
    知りませんでした。

    ここ、陸生蛍が飛ぶそうなので
    今年はその季節に行ってみたいと
    思っています。

    壺屋の市街地化
    上空から見るとよく分かりますね。
    登窯の排煙対策というのは
    無理な話なんでしょうか。

    『沖縄の風景』
    今年も楽しみに拝見させていただきます。
    • ひより
    • 2020/01/02 8:37 AM
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    壺屋のやちむん通りかぁー。昔から徒歩圏内ではあるけど行ったことないんです。
    メイン通りを通るくらいかなぁ。
    子どもたちと探検してみたくなるくらい素敵な写真だと思いました。
    • 比奈子
    • 2020/01/02 6:51 PM
    いい そーぐゎちでーびる。
    くとぅしも ゆたしくうにげーさびら。m(_ _)m
    • 花咲JJ
    • 2020/01/02 9:26 PM
    ひよりさん

    残念ですが、壺屋で薪窯を使うことは難しいと思います。

    蛍を探す際は、蛍に似た速度で点滅する照明か、スマホのアプリが必要ですので、ご用意下さい。
    • coralway
    • 2020/01/02 10:15 PM
    Cさん、衝撃! 読谷村かと思いました。

    那覇に登り窯? 初めて知りました、東ヌ窯の写真凄い。
    立派な建物。

    登り窯の写真も素晴らしい。

    今年は昆布ビーチと安慶名グスクと那覇登り窯で決まり。
    • ひよこ
    • 2020/01/02 10:18 PM
    比奈子さん

    焼物を見たり買ったりするのはやちむん通りになりますが、せっかく壺屋らしさが残っている場所があるんですから、是非、路地で迷って下さい(笑)

    散策には、高野純一さんのイラストマップが便利だと思います。

    http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/tsuboya/sp/local%20guidance.html
    • coralway
    • 2020/01/02 10:26 PM
    花咲JJさん

    いいそーがちでーびる。

    今年も健康第一で過ごしましょう(^-^)v
    • coralway
    • 2020/01/02 10:32 PM
    ひよこさん

    壺屋の都市化で薪が焚けなくなったので、読谷に窯を新設したわけですね。比奈子さんに紹介したマップを参考に、歩いてみて下さい。

    壺屋の御嶽に近況を報告しておくと、万事良きにはからってもらえますよ(笑)
    • coralway
    • 2020/01/02 10:41 PM
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM