<< 八重瀬町富盛の石彫大獅子 | main | 古波蔵のスナック MIKANをコマーシャルする >>

世名城のガジュマル

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    富盛(ともり)の石彫大獅子を見た後、世名城(よなぐすく)のガジュマルに立ち寄りました。



    世名城は富盛の隣の集落です。

    樹齢250年のガジュマルで幹の周囲が23.5メートルもあり、沖縄県で最大の樹木です。

    さらに、日本全国でも、鹿児島と静岡のクスノキに次いで第3位の大きさだそうです。


    この日の2日前に、伊芸のガジュマルの大きさに驚いたばかりなのに、上には上がいるものです。


    ところで、このガジュマルは名護や伊芸のガジュマルに比べて知名度が低いようです。

    名護のガジュマルは街の入口の路上に立っているので、ウチナーンチュから

    「ヒンプンガジュマル」と呼ばれています。つまり街を護っている樹なのですね。

    伊芸のガジュマルは集落中央の広場に立ち、大きく張り出した枝が、気持ちのよい日蔭を生んでいました。

    それらのガジュマルに比べて、世名城のガジュマルは山の斜面にあるせいか、人々の暮らしとの関係が薄い印象です。

    そこに知名度が低い理由があるのかもしれません。

    木の下に入ってみても、人を威圧する感じがあります。




    スポーツ選手が「記録よりも記憶に残りたい。」とよく口にしますが、世名城のガジュマルは、そうはいかなかったようです。


    ところで、鹿児島と静岡のクスノキは樹齢が1,000年を越えています。

    それに比べて世名城のガジュマルは250年と若い(?)のです。

    その割に、幹の太さは僅差です。(1位と72センチ、2位と40センチ)

    と言うことは、近い将来、世名城のガジュマルが日本一になれる計算です。

    よかったな!!

    頑張ってくれい!!


    もっとも、近い将来と言っても、クスノキやガジュマルにとって近いのであって、その時、私は生きていませんね。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM