<< ユタの仕事 | main | 恥ずかしくはないのか?(1) >>

大宜味村津波「ター滝」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    大宜味村津波のター滝です。ツナミではなくてツハ。

     

     

    滝の入口から滝までの間に道は無く、川を歩きます。所要時間は約30分。

     

    最初は楽勝ですが、

     

     

    段々と難しくなってきます。

     

     

    ウェットスーツを用意してきた人(現地でレンタルも可)は水の中をザブザブ進めます。

     

    問題なのは私のように、膝上あたりまでなら水に浸かってもいいけど、半パンや下着が濡れるのはちょっとと言う人。川を進むのか岩に登るのか、右岸か左岸か、なかなか頭を使います。

     

     

    国頭村の比地大滝は遊歩道が整備されているので、まったく川に入らずに滝の近くまで歩けます。ター滝は川を歩くしかありません。比地大滝は滝を近くから眺めるだけ。ター滝は滝の真下まで行けます。

     

    つまり、比地大滝は滝や川と少し距離を置いた観光地で、ター滝は水遊びの場所と言えるかもしれません。

     

     

    ところで、ター滝からの帰り道、ネットでこんなニュースを見つけました。

     

    19日午後2時半ごろ、沖縄県大宜味村津波の平南川上流にある「ター滝」の管理者から「川が増水し、人が取り残されているかもしれない」と119番通報があった。国頭地区消防隊員が滝の約300メートル手前で、岩の上で孤立した行楽客13人を発見し、同5時すぎまでに全員を救助した。けが人はいない。

     

    19日って、私が行った日の二日前じゃないの。危ない危ない(^^)

     

     

    沖縄の川は短くて狭いのが特徴で、構造的には排水路。少し雨が降るとすぐにこうなります。

     

    滝の手前300mと言えば、川が狭くなり流れが急になる所。雨の中をそこまで進んで退路を断たれた感じでしょうか。

     

    それにしても、ヘリやボートが使えない川で、消防隊員はどうやって救助したんでしょう。抱きかかえて泳ぐしかない気がしますね。隊員が「やれやれまたかよ」と呟く声が聞こえてくるようです(^^)


    コメント
    南部の人間にとって、やんばるは秘境です。心の中に「やんばるは遠いぞーー」と、ささやく妖精がいるはずです。

    しかし、気持ちのいい滝ですね〜〜知ってれば、帰省時に子供たちと行きたいな〜


    でも結構遠いでしょ^^;
    • うちなーんちゅ
    • 2020/09/25 10:18 AM
    うちなーんちゅさん

    子供は喜ぶと思いますよ。現地で子供用のライフジャケットを借りれば安心です。

    ヤンバルと言っても大宜味村は名護の先。国頭村よりもグッと近いですよ(^o^)/
    • coralway
    • 2020/09/25 10:40 AM
    コメントする









    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて11年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM