<< 大平洋の要石 | main | 沖縄のおでんや >>

沖縄のタクシー事情(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    那覇空港の南側に、タクシーが待ち合わせをするための駐車場があります。

    ここで、100台は超えると思われるタクシーが順番待ちをしています。

    順番が来て、空港の到着ロビーに入れるのは、一体、何時間後なのでしょう。


    運転手は、駐車場脇にある木陰のベンチで将棋をさしています。将棋をさしている二人を4〜5人が取り囲み観戦しています。これがのどかで、なかなかいい風景です。

    つい、今日の売上げはいくらになるのだろうと、余計な心配をしてしまいます。

    沖縄は慢性的に失業率が高く、そのことがタクシー運転手を増やし、供給過剰となっていることは、間違いないと思います。

    いくらウチナーンチュがタクシーを利用すると言っても、それを上回る台数のタクシーが街を走っています。

    沖縄のタクシーは行き先を言っても、それがどこなのか、わからないことがあります。知らないと言うより、ひょっとして、覚えようとしていないのかもしれません。

    年配のドライバーが多いのも特徴です。

    失礼を承知で、間違っているかもしれない私の想像を言いますと、沖縄のタクシー運転手の多くは、あまり稼ごうとしていないのです。

    「固定給が少なくても、月々、それをいただければ、それで良い。」と思っているような気がするのです。
    (もちろん。道を歩くと、スーと寄ってきて、「乗らないの?」と、熱心に営業している運転手もたくさんいます。)

    観光客の皆さん。

    那覇空港の到着ロビーを出ると、すぐにタクシー乗り場があります。そこのタクシーは、何時間も待って、やっと順番がきたタクシーなのです。

    でも、大丈夫。近距離でも気持ちよく走ってくれます。余裕なのです。

    それで、空港に引き返し、さっきの将棋の続きを始めるのです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM