<< 琉球八社(5)安里八幡宮 | main | 完成!! 真珠道マップ >>

大城賢勇はいいヤツか?「野嵩の石畳道」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    前回の投稿で、護佐丸・阿麻和利の乱(1458年)から、金丸(尚円王)のクーデター(1469年)までの超概略を記事にしました。

    その中で、なにか気になる男がいます。それが、大城賢勇(うふぐしくけんゆう)です。

    賢勇は、鬼大城(うにうふぐしく)とも呼ばれたほど、武勇に優れた人物だったようです。

    琉球王朝の王女、百十踏揚(ももとふみあがり)が、言わば政略結婚で勝連の阿麻和利に嫁いだ時、賢勇は付き人として同行しています。


    現代版組踊「肝高の阿麻和利」では、阿麻和利と踏揚はやがて愛し合い、真の夫婦とりなりますが、阿麻和利は護佐丸の子に敵討ちされてしまいます。

    刺された阿麻和利を抱きかかえた踏揚が悲しみにくれるシーンは、この組踊のクライマックスです。

    死ぬ間際に阿麻和利は、「賢勇!踏揚を頼んだぞ!!」と叫びます。

    そのシーンに涙を流した男(私です)は、読谷にある阿麻和利の墓とは遠く離れた南城市玉城に百十踏揚の墓があることを知ると、「これは、一緒にしてやらないと。」と思ったわけですね。

    P4s.jpg

    そして、この単純男(私です)は、阿麻和利の死後、首里に戻った賢勇と踏揚が夫婦になったことを知ると、「踏揚!なんてことをするんだ!!」と叫びました。

    「賢勇も賢勇だ。確かに阿麻和利は『頼んだぞ』と言ったけど、やっぱりそこは気を使わないと。」と思ったのです。


    一方で、賢勇と踏揚は、最初から愛し合っていたとする説があります。

    何事もなければ結ばれていたかもしれない二人でしたが、踏揚の父、尚泰久王の命令により、踏揚は阿麻和利に嫁いでいきます。その付き人を命じられた賢勇には辛い毎日だったでしょう。

    最愛の女性が、目の前で他の男の妻になっているわけですからね。

    この説を延長していくと、賢勇と踏揚は、首里が勝連に送り込んだスパイということになります。

    阿麻和利は護佐丸を倒した後、次に首里を狙いますが、そのことを察知した賢勇と踏揚は、勝連城を脱出し首里へ走りました。

    写真の石畳は、宜野湾市に残る「野嵩(のたけ)の石畳」です。



    勝連から首里への最短ルートは、中城から普天間に抜ける道です。二人がその道を選んだとすれば、この坂道を駆け上ったことになります。

    そして、二人の脱走に気付いた勝連兵が後を追ってきます。

    この坂道は、「袖切り(すでぃちり)の道」と呼ばれています。追手の放った矢が、袖を引きちぎったという意味です。

    天に祈った賢勇の言葉に応えて夜空から降ってきた大雨で、勝連兵のタイマツが消え、二人は逃げきることができました。

    そして、首里に戻った賢勇に、尚泰久王が命じます。「勝連を討て」と。

    阿麻和利の討伐に成功した賢勇は知花城を与えられ、踏揚を妻に迎えます。つまり、踏揚を取り返したのです。

    そこで、単純な男(私ですが)は、こう思うわけです。「いやぁ、よかったなぁ。」と。


    話はここで終わりません。

    金丸のクーデターにより、琉球王朝は第二尚氏が支配することになり、第一尚氏の踏揚は命を狙われる立場となります。

    賢勇は踏揚を連れて玉城に逃れようとしますが、途中で、金丸の部下に捕まってしまいます。

    「頼むから見逃してくれ。私は必ず知花に戻るから。」と約束し、賢勇は踏揚を玉城に送り届けます。

    そして、約束通り知花に戻り、金丸に殺されてしまうのです。


    大城家の家系は今も継続していているそうです。大城の門中では500年以上もの間、賢勇のことが語り継がれていて、一門の意見は一致しているそうです。

    「賢勇は踏揚を、心から愛していたのだ。」と。


    琉球王朝に関する史実は、はっきりしていないものが多く、上記の2説のどちらが真実なのか、またいずれも真実ではないのかはわかりません。

    わからないからこそ、ウチナーンチュの間で、ああでもない、こうでもないと話題になるのですね。

    そう考えると、謎のままで真実がわからないということも、いいことだと思えてきます。


    そうそう、「肝高の阿和麻利」では、毎年、賢勇役に希望者が殺到するのだそうです。

    中高生もわかっているのですね。


    以上のことから、今の私の中では、賢勇は間違いなくいいヤツです。



    最後にもうひとつ、こんな噂があります。

    賢勇の墓は今も知花城内にありますが、実は、そこには賢勇の遺骨は無く、すでに南部に移されているというのです。

    移された先は、もしかしたら玉城かもしれません。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM