<< 沖縄の石橋(1) 真玉橋と報得橋 | main | 沖縄の石橋(3) 下原橋と長堂の石橋 >>

沖縄の石橋(2) 泉崎橋、山田谷川の石矼、当山橋

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    前回の投稿で、真玉橋と報得橋の一部が保存されていることを紹介しました。

    両者ともに、本物の一部ですから、橋の材料や、石工技術などを知る上で貴重な遺構と言えます。

    しかし、一部は一部ですから、橋を風景として眺めるには、やはりもの足りません。


    石橋を復元しようとする試みがあるにはあります。

    まず、泉崎橋の古い写真をご覧下さい。



    この橋は沖縄戦で破壊され、今は残っていません。

    そして、こちらが読谷村の「むら咲むら」に復元された泉崎橋です。



    申し訳ないけど、これはまったく別物ですね。

    もちろん、「むら咲むら」が泉崎橋を復元したことは評価します。そして、石工技術で追いつけとも言いません。

    だけど、せめて縮尺くらいは合わせてほしいわけです。

    まあ、観光施設ですから、予算的に、このあたりが限度だったのかもしれません。


    では次に、現存する本物の石橋を紹介します。

    読谷村の国頭方西街道に残る山田谷川の石矼(いしばし)と、



    浦添市の当山石畳道に残る当山橋です。

    20110217070538_0.jpg

    いずれも歩いて渡れる点で、これまで紹介した石橋とは違います。


    しかし、山田谷川の石矼は人里からはなれた所にありますから、ほとんど往来がありません。

    当山橋も、観光客や地元の人が散歩で歩く程度でしょう。

    石橋が生活の一部になっていない点で、不満が残ります。

    難しい男ですねぇ。

    それでは、往来があって、生活の一部になっている石橋は無いのか、といえば、あるにはあります。(またか!)

    それは、次回の投稿で紹介します。


    コメント
    とてもきれいです,,
    あまりにストレートなコメントで、なんて反応すれば良いのか。

    記事を読んでいただいて、ありがとうございます。

    今後も「沖縄の風景」をよろしく御願いいたします。
    • coralway
    • 2011/03/29 9:35 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM