<< 沖縄の石橋(3) 下原橋と長堂の石橋 | main | 盗まれた黒木 >>

島袋君の悲劇

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    那覇某所のスナックでの出来事です。

    この店のトイレは和式で、ドアを開けるとすぐそこに便器がある構造です。

    ある夜、お客さんの島袋君がトイレに行ったまま戻ってこないので、店の女の子が様子を見に行きました。

    ドアをノックしても返事がなく、中で眠っていると思い、ドンドンとドアを叩きますが反応がありません。

    試しにドアを開けようとすると、鍵をかけていなかったようで、スッとドアが開いたのです。


    「ギャッ!!」という声とともに、女の子がはじけ飛ぶようにホールに転がり込んできました。

    「しっ、島袋さん。寝ています!!」


    寝ているのなら起こせばよさそうなものですが、女の子の報告が続きます。

    「しゃ、しゃがんだままの姿勢で前に傾いて、あっ、頭が壁にあたったところで止まっています!!」


    島袋君は、相撲の「見合って、見合って」のポーズのまま、お尻を突き上げて、停止していたのです。

    恥ずかしい姿を見られてしまいましたが、仕方がありません。


    女の子の報告は続きます。

    「でも、ウンチはちゃんとやってました!!」


    「・・・・・・。ギャハハハハハハハ!!」

    一瞬の間をおいて、ホールは爆笑の渦となりました。


    見かねた他の男性客が救出に向かい、島袋君は無事収容されたのですが、まだ話は終わりません。


    可哀想な島袋君は、その日をもって、玉袋君と呼ばれることになったのです。

    女の子が見たものは、ウンチだけではなかったのですね。


    (おしまい)

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM