<< ウェイ・ファインディング (路を見つける) | main | 琉球国王の子孫(1) >>

日航アリビラの民謡バー

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    読谷の日航アリビラにある民謡バーで唄者をやってるYさんは、きさくな人柄で、ホテルの宿泊客に、いい声を聞かせています。

    ある夜、最後のステージが終わった後、Yさんを民謡酒場に誘うと、了解してくれて(と言うか、大喜びしてくれて)、さっそく出かけました。

    読谷村内の、山内昌春さんのお店「一番友小」、国吉真勇さんのお店「かぬしゃまよー」の二軒で民謡を聞きながら呑みましたが、どうもYさんの様子がおかしいのです。妙におどおどしています。

    後で、わかったのですが、山内昌春さん、国吉真勇さんは、沖縄本島の人気民謡歌手ベスト3に入るお二人なのですね。

    つまり、本土では、郷ひろみと西城秀樹で、あと一人の野口五郎は、「花の島」(コザ)の神谷幸一さんです。

    つまり、沖縄民謡界の頂点にいる唄者と、セミブロのYさんでは、言わば「身分」が違うのですね。

    山内昌春さんが、「あいっ、Yさん。最近は一流ホテルで唄ってるそうだね。すごいねぇ。」と冷やかすと、Yさんは「とっ、とんでもございません。」という感じです。

    Yさんの友人(この方は、まったくの素人)が、お気楽にビギンや、夏川りみを歌うそばで、だまって座って呑んでいます。

    「Yさんも唄えば。」と言うと、「この人たちの前で、自分が唄うなんて、まったく考えられない。」と言うのです。

    私は、その夜、沖縄民謡界のとてつもなく高いピラミッドを、改めて理解しました。

    アリビラの民謡バーは、本来はプール・バーなので、冬期限定です。この冬、予定のある方は、是非、立ち寄ってみてください。

    ステージの後で、Yさんに泡盛を勧めると、少しだけ遠慮したポーズを見せて、その後、喜んで呑んでくれるはずです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM