<< 沖縄の石橋(4)安波茶橋 | main | 琉球紅型 >>

ティンクティンクの解散

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    あれまあ、ティンクティンクが解散しちゃいました。

    アジマァは新メンバーを募集しているので、解散とは言わないのでしょうが、2人組で2人が辞めてしまっては、やはりはそれは解散ですね。

    特に梓は、高校卒業以来12年間、来る日もくる日もカラハーイのステージに立ち続けた頑張り屋さんでした。

    20110417145355_0.jpg


    ところで、気になることがあります。

    梓がブログで卒業宣言したのが1月26日の水曜日。

    真弥が宣言したのが2月9日の水曜日。

    なんで2週間も空いてるんだろ?

    普通に考えると、梓が宣言した時点で、真弥はまだ決めてなかったことになります。

    4年前、幸代が脱退した時に、大阪から沖縄にやって来たのが真弥でした。

    沖縄で頑張ろうとしていたのに、3月末の卒業ライブが終わった直後に、大阪へ帰ってしまったようです。


    謎の2週間、真弥は沖縄に残る可能性があった。つまり、何かの結論を待っていたように思えます。

    だけど、良い結果にはならなかったようです。

    そして、幸代が、カラハーイへ戻ってきました。

    アジマァのサイトで1月からブログをスタートし、4月からティンクティンクに代わってステージに立っています。

    ティンクティンクに再加入するのではなく、一人でやっていくようです。

    ティンクティンクが辞めるとステージに穴が空くので、幸代を呼び戻したということでしょう。


    それにしても不思議です。

    12年間も一緒にやってきた仲間が辞めるのに、りんけんバンドのメンバーも、幸代も、誰一人ブログでティンクティンクの話題にふれません。


    何があった?

    と思わせるようでは、アジマァの配慮が足らないと言わざるを得ませんね。

    長い間、カラハーイの看板だったのですから、解散に至るストーリーをきちんと作ってあげないと。


    当初、3月の予定だったライブが、震災の影響で5月に延期となり、東京、名古屋、大阪のファンは、もう一度だけ、ティンクティンクを見ることができます。


    ティンクティンクのお二人。長い間、お疲れ様でした。

    毎日のステージで、自由が無かったでしょうから、ゆっくりした夜を過ごしてください。

    コメント
    3年前彼女とカラハーイに行き(連行され)、ライブを観てきたのが懐かしい思い出です。
    あの時のお二人とのショットが今も残ってます。
    しかし新生ティンクティンクは予想通りの凋落ぶり。
    今はサンサナーの勢いが良いですね。
    あずさぁは新たな世界で頑張ってます。
    ブログも見ましたが、彼女らしいというか…(^^ゞ

    元相棒の真弥さんはどうしているのかなぁ…



    • くるるんしー
    • 2012/08/05 5:19 PM
    三浦真弥さん、そう言えば聞きませんね。

    元々、沖縄に来てて、ティンクティンクに加わったはずなので、本土へ帰らなくてもいいのにねぇ。

    沖縄にいるのかな?
    • coralway
    • 2012/08/05 5:34 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM