<< 沖縄県の花 デイゴ | main | 首里大中町の世果報御井小(2) >>

首里大中町の世果報御井小(1)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    首里大中町の 玉那覇味噌醤油工場の近くに、この井戸があります。

    20110515160731_0.jpg

    世果報御井小(ゆがふー・うんかー・ぐわー)という名前で、琉球王家の子孫である尚家の敷地内にあります。

    井戸へ降りるには、まず、この石段を下ります。

    20110515160759_0.jpg

    その先にトンネルがあり、

    20110515160831_0.jpg

    そこをくぐり抜けると、

    20110515160857_0.jpg

    井戸に到着します。

    20110515160929_0.jpg


    世の中には、霊感の強い人がいて、「あっ、あそこに霊がいる。」などと、不気味なことを口にします。

    私はその人の言葉を否定はしませんが、私自身が霊を実感したことは、一度もありません。

    そんな私でも、ここに立つと、なにか霊的な雰囲気を感じます。最近の言葉では、パワースポットでしょうか。

    上の写真のトンネルは、まるで、現世とあの世をつないでいる通路のように見えます。


    世果報(ゆがふ)の果報(かほう)は、本土でも、果報者とか果報は寝て待てなどと使いますね。

    ですから、世果報は「幸運な世」に近い意味になります。

    御井(うんかー)は井戸で、小(ぐわー)は、〜ちゃんです。

    したがって、この井戸の名は、「幸福な世の井戸ちゃん」ですね。

    名前からは、日常生活で使う普通の井戸のように思えます。


    では、何故、霊的な、もしくは神聖な雰囲気を感じてしまうのでしょうか。


    長くなりますので、この続きは次回とします。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM