<< 首里大中町の世果報御井小(1) | main | 沖縄本島の秘境?「タナガーグムイ」 >>

首里大中町の世果報御井小(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    世果報御井小(ゆがふー・うんかー・ぐわー)を訪ねて、何故、霊的な、もしくは神聖な雰囲気を感じたのか。

    それは、この井戸が拝みの場所だからです。沖縄では、井戸に神が宿ると考えられていますからね。

    この井戸は、尚家の敷地内にありながら、拝みに来た人のために門が常に開錠され、「自由に入って下さい。」とまで書かれています。

    今は井戸水を使う人はいませんから、ここはもはや井戸ではなく拝所です。

    住む人のいない家屋は、傷みが早いと言います。何故そうなるのか、私は説明できませんが、住人の生活と共に家屋も呼吸しているということなのでしょう。

    この井戸の周囲の、植栽、石積み、土地などが呼吸し、拝所の神聖な雰囲気を醸成しています。


    この井戸のすぐ横に、もう一つの井戸があります。

    指司笠樋川(さしかさひーじゃー)です。

    20110516224529_0.jpg

    石造りの擁壁の風格は、これまでに見た井戸の中では一番でしょう。もはや井戸ではなく、石造建築物です。

    この井戸もまた、地面より一段低い場所にあり、この石段で下りてきます。

    20110516224722_0.jpg

    これまで、涸れることのなかった井戸からは、この日も、豊富な水が湧き出ていました。

    20110516224556_0.jpg

    琉球王家の井戸が立派なのは当り前ですが、それにしても、井戸に神が宿るとする琉球民族の思いが表現されているようです。

    コメント
    指司笠樋川って名前だったのですね。
    子どもの頃、兄達とカニ(?)を取ったりして遊んだ場所です。
    ブログの石造物・湧水カテゴリをとても興味深く拝見しています^-^
    • chaco
    • 2012/08/10 11:21 PM
    chacoさん、私のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

    お近くなら、再訪されたら良いと思いますよ。
    • coralway
    • 2012/08/10 11:29 PM
    ありがとうございます。ここの名前がわからなかったので 助かりました。
    最近 みじなりー という行事で訪れました。
    空気違いましたね
    • CHIAKI
    • 2013/09/23 4:13 PM
    CHIAKIさん。名前がわかってなによりです。

    みじなりーって何でしょう。よければ、教えて下さい。
    • coralway
    • 2013/09/23 5:35 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM