<< 琉球王朝の忠臣・護佐丸盛春(3) | main | 仲間由紀恵さんの出身校 >>

寿とジョニー宜野湾の「前を向いて歩こう」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    坂本九さんの「上を向いて歩こう」を知らない人はいないと思いますが、少し歌詞を復習してみましょう。

    作詞は永六輔さんです。

    上を向いて歩こう
    涙がこぼれないように
    泣きながら歩く
    一人ぼっちの夜
    幸せは雲の上に
    幸せは空の上に

    この歌をつらいと思った人がいました。

    沖縄を中心に活動しているバンド、寿(KOTOBUKI)のナビィさん。

    左の女性です。
    20110525223513_0.jpg

    涙がこぼれないように上を向いて歩くなんて、つらい。

    一人ぼっちで泣きながら歩く夜なんて、つらい。

    幸せが空の上や雲の上にあるなんて、つらい。


    そして、替え歌を作りました。この歌詞は永六輔さん公認だそうです。

    前を向いて歩こう
    涙がこぼれてもいいじゃないか
    泣きながら歩く
    ひとりぼっちじゃなかった夜
    幸せは空の上にはないよ
    幸せは胸の中に
    肝(チム)の奥に


    つらい時は我慢しなくてもいい

    泣いてもいい

    一人じゃない

    幸せは、もうすでに、あなたの胸の中にある。

    心の中にある。


    沖縄では知らない人のいない県産品歌手、ジョニー宜野湾さんも、この歌をカバーしています。

    20110525224432_0.jpg

    彼は、東日本大震災の復興チャリティー活動に、熱心に取り組んでいる歌手の一人です。

    先日、沖縄で開催された大規模なチャリティーコンサートでも、この歌が披露されました。

    その映像が流れた東北地方の会場のあちこちから、被災者の皆さんの、すすり泣く声が聞こえたそうです。

    もちろん、悲しくて泣いたのではなく、この歌のメッセージが、肝(チム)に響いたのでしょう。

    ためしに、声を出して歌ってみてください。

    本当に素敵なメッセージです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM