<< 国場の散歩(1)サガリバナ | main | 豊見城市平良の大歩道橋 >>

自然が造った橋「ハナンダー」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    八重瀬町具志頭の白水川に、自然が造った橋が架かっています。

    大きな石灰岩が風雨で割れたり、川の流れに侵食されたりして、現在の形になったようです。

    20110624122053_0.jpg

    この橋はハナンダーと呼ばれていて、人が通行できます。

    カメラを少し引いてみると、石橋に見えてきます。

    20110624122121_0.jpg

    橋の上はこんな風で、さすがに車両は通れません。

    20110624122146_0.jpg

    この辺り、東には玉城、西には摩文仁、北には首里が位置していて、昔も今も交通の要所です。

    丁度うまい具合に川に架かったこの橋を、昔の人は街道の一部として使用し重宝したようです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM