<< 豊見城市内にある、B級スポット&好きな風景(1) | main | 糸満市伊敷「轟の壕」 >>

沖縄の基地問題(1)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄で生活していると、度々、基地問題を考えることになります。

    基地を発着する航空機の騒音被害、事故の危険、米兵による犯罪など、ウチナーンチュにとって、いずれも堪え難い問題です。



    日本の国土面積のわずか0.6%の沖縄に、在日米軍基地の75%が詰め込まれています。

    この話になると、ナイチ方面から、自衛隊と共用している基地を加えると比率が下がると反論の声が上がります。


    「普天間基地は最も人口が密集した地区にある。」と訴えると、「いいや東京の横田基地が上だ。」と反論され、「普天間の何も無いところに基地を造ったら、周りにウチナーンチュが集まってきたのだ。」と暴論を吐かれる始末です。

    この手の理屈は、言えば言うほど、ウチナーンチュの神経を逆なでするばかりです。


    基地問題の奥には、沖縄が日本の植民地の扱いを受けているとする、ウチナーンチュの意識があります。

    その真偽はともかく、日本の沖縄政策は、そう考えると「しっくりくる。」のは確かです。

    「これまで我慢してきたのだから、これからも我慢しろ。本土の人間に我慢させるわけにはいかないんだ。」と聞こえます。


    沖縄が地政学的に基地に向くのだとする理屈は、ウチナーンチュに沖縄戦を思い出させ、再度日本の防波堤にされるのではないかと思わせます。


    海兵隊が戦争の抑止力となるとする理屈には、「なぁーに、言ってるばぁ!」と言うでしょう。

    戦地に出向く直前の海兵隊員が、恐怖にかられ、ストレスを溜めているのを、ウチナーンチュが慰めたり励ましたりしてきたのですから、海兵隊の役割なんてとっくに理解してるわけです。


    私もナイチャーの一人ですから、いくら沖縄を好きでも、ずっと沖縄で生活したいと思っていても、ウチナーンチュとの間にある一線を越えることは難しいでしょう。


    私は昨年、県民大会や普天間基地の人の鎖に参加しました。

    仮に、ウチナーンチュに「こんなところで何してる!!」と問われたら、私は「基地に反対しています。」と答えるでしょう。

    その次に「だったらナイチへ帰ってくれ。そして貴方の地元へ基地を誘致する署名活動をしてくれ。」と言われたとしたら、もう、返す言葉がないでしょうね。

    そもそも基地問題は沖縄の問題ではなく日本の問題ですから、ナイチャーの私が、我慢を押し付けている沖縄で、基地反対を訴えるのは筋が違うのかもしれません。


    付け加えておくと、人の鎖に参加した日の夜、古波蔵の居酒屋エールで、あるウチナーンチュが、

    「私は仕事で行けなかったけど、普天間まで行ってくれてありがとうね。」

    と、言ってくれました。

    嬉しい反面、中途半端に基地問題は語れないなと、強く思った次第です。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM