<< 豊見城市平良のせせらぎ公園 | main | 「テンペスト」ロケ地巡り(3) インディアン・オーク号 >>

本土では扇風機が売り切れですか?

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    大阪に住む家族から電話があり、扇風機が故障したので買い換えたいが、どこも売り切れで困ってる。とのこと。

    節電のために、本土では省エネ型のエアコンや扇風機が飛ぶように売れているそうです。

    沖縄に扇風機があるのなら買って送ってほしいと言われて、仕事の帰りに安謝(あじゃ)のコジマに寄ってみました。

    20110724073922_0.jpg

    ありました。

    写真の製品は特売品で山積みです。価格は3,500円ですから、値上がりしてるようにも思えません。


    私 「大阪までの送料はいくらですか?」

    店 「ちょっと調べてみましょうね。だけど、何でそんなことするんですか。大阪にも当社の店舗があるので、そこから送らせましょうか?」

    私 「えっ!知らないの?ぜーんぶ売り切れだってよ!」

    店 「それ、本当ですか?」

    そんな会話の後、1,600円も送料を支払って、扇風機を無事大阪へ送り出しました。

    山積みの扇風機を見た時に、これを本土に持って行けば商売になるな。と思いましたが、送料がそんなにかかるようではダメですね。


    沖縄には原発がありません。発電は火力か風力です。

    そして、本土を助けるために電気を送ろうとしても、電線が繋がっていません。

    ですから、本土の電力不足に関しては、申し訳ありませんが他人事で、職場も店舗も喫茶店も、エアコンがギンギンに効いています。

    本当にすみません。


    陽射しの強い沖縄では、日中、外を歩く人はいません。

    例え近所の買い物でも、エアコンの効いた車で移動し、エアコンの効いた店内にスバヤク入ります。

    もしその店で「節電のために温度を上げています。」などと張り紙があったりすると、即、Uターンして他の店に行くでしょう。

    だから、本当にすみません。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM