<< 沖縄の冬瓜と西瓜 | main | 平敷屋エイサーの夜(1) >>

大山ターブックヮの営み(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    勤務先のすぐ近くにあり、いつかゆっくり訪ねようと思っていた大山ターブックヮへ、この日初めて来ました。

    場所は宜野湾市大山です。

    スーパーかねひで真志喜店に車を停めて、軽便道を歩きます。

    20110814135747_0.jpg

    見えてきました。広さ10万坪。大山ターブックヮです。

    20110814135818_0.jpg

    ここの主要作物の田芋(ターンム)です。春植えと夏植えがあります。写真は夏植えのターンムです。

    20110814140022_0.jpg

    ターンムは沖縄の年中行事のご馳走に欠かせません。収穫に一年を要するので、春植えがお正月用、夏植えがお盆用になります。それで7割程のターンムは売り切れ、残ったものが清明(シーミー)などに廻ります。

    樋川原(ヒーガーバル)の湧き水、前村渠樋川(メンダカリヒーガー)です。豊富な水量で、原の隅々まで水を行き渡らせます。

    20110814135846_0.jpg

    30年ほど前の古い写真です。ドラム缶に入れたターンムをかき混ぜて、皮むきをしています。これは重労働だったようです。

    20110814135922_0.jpg

    同じアングルから撮ったこの日の写真と比べて、水量は同程度のようです。ターンムの皮むきは機械化され、今は見られません。

    暑い日でしたので、写真を撮った後、この湧き水に頭を突っ込みました。

    極楽でした。

    20110814135952_0.jpg

    樋の数は3本あり、1本だけが塀の外に水が落ちています。

    何故でしょう。

    つまり、農作業の後の水浴で、塀の中が女性用、外が男性用だったそうです。

    まあ今は、ここで裸にはならないでしょうね。

    20110814140412_0.jpg

    樋川原以外に6つの原がありますから、まだまだこの記事は続きます。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM