<< 大山ターブックヮの営み(2) | main | 平敷屋エイサーの夜(2) >>

平敷屋エイサーの夜(1)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    祖先があの世に戻るウンケーの日、沖縄の各地でエイサーが奉納されました。

    この日、私はエイサーの原型に最も近いと言われている平敷屋エイサーへ出掛けました。場所はうるま市平敷屋。勝連半島の先端です。

    平敷屋集落の神屋(カミヤー)です。(うるま市勝連平敷屋54-3)

    この拝所の前でエイサーが行われます。

    エイサーが始まるまで、まだ1時間半ありますが、良い場所を確保するために、既に見物客が集っていました。

    20110815002508_0.jpg

    琉球放送も準備OKです。

    20110815002534_0.jpg

    私も神屋前路上の特等席に座り込み、エイサーが来るのを待ちました。

    平敷屋青年団には東(アガリ)と西(イリ)のエイサーチームがあり、今年は西チームから始まるようです。


    予定の18時をまわった頃、少し離れた場所から指笛が聞こえてきました。西チームが到着したようです。

    そして、地謡(ジウテー)が神屋に入ってきました。いよいよエイサーが始まります。

    20110815053556_0.jpg

    そして18時半頃、西の路地から西のマルチャーが現れました。

    「ヘイヘイ、ヘイサンダー、ヘイマーチャー」

    2人のマルチャーが路上で踊り、エイサーを場に呼び込みます。

    20110814235845_0.jpg

    顔面を白く塗り、黒いマジックで化粧した顔は京太郎(チョンダラー)ですが、ここでは少し役割が異なるようです。

    チョンダラーは道化役で、エイサーの脇役の位置にいますが、マルチャーはエイサーの先導役で、神や祖先と交信しているかのような雰囲気があります。

    チームから2人だけが選ばれるのですから、与えられて嬉しい役目かもしれません。

    そしていよいよ、太鼓打ち(テークチリ)の登場です。

    20110814235314_0.jpg

    テークチリの基本動作は2つ。パーランクーを叩く合間に、右手を高く挙げる動作と、中腰になって身体を左右に回す動作です。

    20110815002310_0.jpg

    渋いです。カッコいいです。一見、僧侶に見え、衣装の裾を織り込んだところは農民にも見えます。

    「祖先に踊りを奉納している。」

    それ以外に説明のしようの無い動作です。

    地味で大人しいと言うより、敬虔で謙虚です。素晴らしい。本当に素晴らしい。ウチナーンチュが「本当のエイサーは平敷屋」と言う理由がわかります。


    テークチリの踊りは静かに見えて、実は相当な体力が必要なようです。顔や腕から汗が噴き出し、グレーの琉球絣の衣装が黒く色を変えています。

    動作を合わせるのではなく、「気を揃える」と言うそうです。

    20110815000227_0.jpg

    見事ですねぇ。

    仮に太鼓の撥(ばち)を落としても拾わないそうです。もちろん、他のメンバーと異なる動きをしないためです。

    20110815000256_0.jpg

    気に入ってしまえば何でも褒めますかが、身体の内面に力を蓄えた動作はもちろん、頭の手拭い(ティサージ)、腰に締めた兵児帯(へこおび)、地面を踏む素足。

    どれも、素晴らしい。


    敢えて、本当に敢えて注文をつけるならば、最後までリラックスしないで欲しいと思いました。

    20110815001302_0.jpg

    無茶を言ってます。場面は余興に入り、本編は終了しています。

    今夜の出来栄えを振り返りながら、話をしたくなります。

    ところが見ている方が、勝手に神の領域に入っちゃってるので、現実に戻りたくない心境にあります。だから、テークチリのメンバーが普段のニーセーターの顔に戻るのが勿体無く思えてしまいます。

    まあ逆に言えば、本編の緊張感がそれほど心地良かったと、やっぱり褒めているわけです。(この記事、続きます。)

    コメント
     こんばんわ 今You Tubeで平敷屋エイサー観てリハビリしています。バーランクーの鉢 そのへんに落ちている枝みたいで味がありますね〜 京太郎の指笛聴くと尋常ならざる気持ちになります。
    昨日たまたま購入した週刊新潮の巻末に沖縄の伝統踊りのフォトがありました。
    うっとりです・・・
    •  神奈川ひよこ
    • 2012/04/14 9:04 PM
    うーん。かなり重傷ですねぇ。

    早く移つられたほうが、ヨロシイかと。はい。
    • coralway
    • 2012/04/14 10:58 PM
    このブログを見てから、どうしても平敷屋エイサーを観てみたくなり、昨日(2012.9.1)行ってきました! 行ってよかったです。本当に。心を奪われてしまいました。余興に出てくる太鼓を持ってる人がなんともいえない動きで、ビデオ撮るのを忘れてました。。。
    来年も行きます!! 
    • akubi
    • 2012/09/02 7:18 PM
    はじめまして。ありがとうございます。

    西と東を合わせるとかなりの長丁場ですが、まったく飽きない。いつまでも見ていたいエイサーですね。

    余興のナカワチは、本当に独特で、例えようの無い動きですよね。何かに憑かれているようにも見えましたが、終わった後は、普通のお兄ちゃんで安心しました。
    • coralway
    • 2012/09/02 7:33 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM