<< 日本ハムファイターズ 糸数敬作投手 | main | ウチナー作曲家 普久原恒勇さん >>

阪神タイガース 新井貴浩内野手

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    昨日までの広島カープと阪神タイガースの3連戦はカープが3連勝し3位に浮上、逆にタイガースは4位に沈みました。

    20110819050452_0.jpg

    タイガースの3,4,5番打者の年俸合計は6億6千万円。カープは1億7千600万円。(最後の600万円は、カープの5番打者、今売り出し中の丸外野手の年俸です。)

    それが、貧乏チームのカープが勝ってしまうんですね。

    嬉しいです。眠れないくらい。


    タイガースの4番新井内野手は、4年前までのカープの4番。6番金本外野手は、その前のカープの4番でした。

    特に、新井内野手がタイガースに移った年はエースの黒田投手も大リーグのドジャースに移りましたから、カープはえらいことになりました。

    今は、栗原内野手や前田投手らが成長し、やっと他球団と互角に戦える戦力になってきました。


    新人のころの新井内野手は打撃も守備もまったくダメでしたが、その将来性を見込んだ球団が辛抱強く使い続け、ホームラン王を獲るまでに成長しました。

    憎めない人柄でカープの人気者でしたが、FA資格を得た年に、タイガースへの移籍を決めたのです。

    カープファンの落胆は大変なものでした。

    また、移籍の際の彼の発言があまりにも稚拙だったため、一夜にして嫌われ者になってしまいました。

    タイガース移籍後最初のカープ戦、広島市民球場は異様な空気に包まれました。新井内野手のカープ時代のユニフォームがグラウンドに投げ込まれ、試合そっちのけで、彼に対する野次やブーイングが続きました。


    タイガースへの移籍を決めた後の記者会見で、彼はカープへの愛情を切々と述べ、途中で泣きだしてしまったのです。

    「カープにずっと居たかった。」

    「今でもカープを愛している。」

    「本当に苦しい。FA制度など無ければ良かった。」

    「優勝争いのできるチームで野球がしたい。」

    正直な気持ちなんでしょう。本当にそう思っていたのでしょう。だけど、それを口にするのはマズイでしょう。

    プロですから、より条件の良いチームへ移りたいと考えるのは当然で、ファンも結局は認めるしかないと思っていました。

    むしろ、胸を張って「これまで以上に成長してみせる。」と言えば、ファンも(しぶしぶ)納得したでしょう。


    同じ年に、エースの黒田投手が大リーグへ移籍しましたが、国内チームからの誘いは全て断り、こう言ったのです。

    「広島市民球場でカープを相手にマウンドに立つ自分を想像できない。」と。

    このコメントにファンは狂喜しました。「大リーグで頑張ってこい。」というムードが、一気に形成されました。

    今、ドジャースの経営状態が悪く、年俸の高い黒田投手は他のチームに移ることになりそうです。もし今、彼が戻ってきたらカープは優勝できるかもしれません。カープファンは大喜びで迎えるでしょう。


    それにひきかえ新井内野手は、

    「球場で僕に野次を飛ばすカープファンよりも、僕のほうがずっとカープを愛している。」と、

    まだ、そんなことを口にして火に油を注いでいます。


    今回の3連戦、カープの栗原内野手は2本のホームランを打ち、勝利に貢献しましたが、新井内野手はチャンスで打てないばかりか、肝心なところでエラーを連発してしまいました。

    タイガースファンのウェブサイトにこんな書き込みがありました。

    「こらっ新井!カープが優勝するかもしれへんぞ!!帰ったらどうや!!」と。

    辛いなぁ。

    新井内野手はとにかく成績を上げるしかありません。

    「あぁ、やはりタイガースに移って良かった。」と、彼自身もカープファンも思えるようにしてくれないと、この話は終わらないんです。

    まさか、「あのままカープに居れば良かった。」なんて思っていないでしょうね。駄目だよ、そんなんじゃあ。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM