芹澤健介著「コンビニ外国人」読了

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    芹澤健介さんの新著「コンビニ外国人」(新潮新書)を読みました。

     

     

    コンビニで働く若い外国人の姿は、すっかり見慣れた風景となりました。彼らは何のために日本に来て、どんな生活をし、どんな将来を描いているのか。

     

    前々から、私の身近にいる丸大スーパーのハサノフ君(ウズベキスタン)や金城商事のシモン君(ネパール)達に、そのあたりをゆっくり聞いてみたいと思っていたところでした。

     

     

    この本を読むまで、彼らに対する私の認識は、貧しい国に生まれて、日本に出稼ぎし、低賃金(彼らにとっては高賃金)で働き、中には不法就労者が混ざってるだろうなというもの。

     

    私には、戦後の高度成長以降の日本を先進国とみなし、アジアの国々を見下す意識がありました。コンビニで働く外国人達には色々と苦労があるだろうから「すこし優しくしてあげないとな」という意識もありました。

     

    いやぁ、浅い。浅かったわぁ(笑)

     

    この本を読んで、私が物事を一面だけから、しかも先入観を持って見ていたことを思い知らされました。

     

     

    「コンビニ外国人」を読み終わった今。私は日本の行く末が心配でなりません。私の娘や、その子や孫の時代に、日本はアジアの平凡な島国になっているかもしれません。

     

    何故、日本の行く末が心配になるのかについては、本書を読んでいただくほかなく、是非、書店や通販でお買い求め下さい(笑)

     

     

    芹澤さんは前著「血と水の一滴」と同様に広範囲な取材をされたようです。まず自分の主張があり、それを裏付ける情報だけを集めようとする作家が普通にいますが、芹澤さんの立ち位置はその対極と言えるでしょう。それはもう取材の鬼。

     

    良い話も悪い話も偏りなく広範囲に取材し、それを積み上げるのが「芹澤スタイル」。そして、読者に対して何かを強く主張するのではなく「取材した内容はすべて提供しましたよ」という姿勢。「で、貴方の意見は?」と芹澤さんの声が聞こえるようです。

     

    近々、芹澤さんと再会する機会がありそうですが、「で、どう?」と問われても、私にはマトモなことを答える自信がありませんけど。

     

    まいったな(笑)


    さもなくば・・・

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      かつて私は、某ベンチャー企業で企業法務やコンプライアンスを担当しており、数多くの取引先と契約を締結しました。契約条項に漏れや不備があると、後々困ったことになるので、細心の注意をはらったものでした。

       

      例えば、支払い期日を指定する場合、併せて、期日に遅れた場合の処置を相手に約束させることが大切です。「遅延損害金を支払う」とかですね。

       

      ところが、代金の支払いが滞るような相手に遅延損害金を課したところで、ほとんど効果はありません。

       

      「いや、すみません。必ず払います。必ず。はい」

       

      「困りましたねぇ。来週中には何とかして下さいよ」

       

      などと、ほとんど意味の無い会話を繰り返すことになり、一向に債権は回収できません。

       

      そこを、「代金を支払い期日までに現金で支払う。さもなくば、手形で支払う」と定めれば、取引先は何としてでも不渡りは避けようとしますから、早い時期に債権を回収できます。

       

      つまり、相手にとって「耐えがたい苦痛」を伴う約束でなければ、なかなか守ってもらえないということ。だから、約束する際には「さもなくば」を定めることが大切なのです。

       

       

      長くなりましたが、何でこんな話になったかと言いますとこのニュース。

       

       

      先週、米軍のF15戦闘機が海に墜落した事故を受け、県副知事が沖縄担当大使と沖縄防衛局長に抗議しました。

       

      副知事「米軍機については昨年1年間だけでも不時着・炎上、部品落下、緊急着陸など約30件もの事故が発生し、抜本的な見直しを求めているにもかかわらず、このような事故を起こしたことに強い憤りを禁じ得ない」

       

      沖縄担当大使「我々としても地域に不安を与えることがあってはならない。我が国における米軍機の運用について安全面に最大限配慮するよう求めている」

       

      副知事は事故の再発防止を求め、沖縄担当大使や沖縄防衛局長は努力すると答えてます。しかし、これでは「さもなくば」どころか、何を約束したのかさえよく分かりません。

       

      沖縄県にせよ、国にせよ、事故の再発防止を県民に約束する立場にありながら、いったい何をしてるのか。

       

      それは両者が「さもなくば」、つまり「耐えがたい苦痛」を意識する状況に無いからでしょう。だからこんな世間話のような会話が成り立つってことです。


      ティラピアを駆除できるのか?

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        農連プラザの脇を流れるガーブ川。暗渠部分を工事中で、一時的に川を堰き止めています。

         

         

        それで、堰き止められた水たまりが外来魚の水族館状態に(笑)

         

         

        ガーブ川は「川」とは呼ばれていても実際は排水路。ここの魚は諸々の化学物質によって汚染されてるので、泥を吐かせたら食べれるってものではありません。

         

         

        外来魚が沖縄の生態系に悪影響を及ぼしていることは言うまでもなく、駆除の必要があるのですが、川に毒を撒くわけにもいかず、釣り上げたのでは追いつきません。

         

        そこで、魚に詳しい美ら海水族館が画期的な実験を始めています。

         

        ティラピアの稚魚(オス)は37〜38度の水温で育てると不妊化することが分かっていて、成魚になったらそれを大量に放流します。その成魚は川に縄張りを作り、メスと子づくりに励みます。ところが卵が受精しないので、当然、孵化もしないというもの。薬を使わないので水質は変わらず、遺伝子操作の必要もありません。ただ、稚魚を温めるだけ。

         

        昨年から、実証実験が始まっていて、効果は上々だそうです。素晴らしいじゃないですか。さすがは美ら海水族館です。

         

         

        そこで心配なのは、誰がそれを実施するかってこと。沖縄県はウリミバエを同じ方法で根絶させた経験がありますが、そちらは農業被害が深刻でしたからね。

         

        生態系への影響を防ぐことを目的に、行政が外来魚の駆除に動くのか。動かないのか。


        う〜む。


        ヘリの墜落

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル 

           

          一昨日、那覇から粟国島に向かっていた民間ヘリが東シナ海に墜落しました。

           

           

          パイロットは重傷を負ったものの無事救出され、乗客はいませんでした。

           

          ヘリの運行会社は私が沖縄移住するきっかけになった会社。後に千葉の航空会社に吸収されたものの、パイロットや整備士の多くは当時のままです。

           

           

          私が沖縄に来た年のこと。遊覧飛行に便乗させてもらったことがありました。

           

          那覇の空中散歩

           

           

          今回、墜落したヘリ、重傷を負ったパイロットは、この時のヘリとパイロットです。

           

           

          ある年の那覇マラソンの日の翌日、そのパイロットとこんな話になりました。

           

          C「昨日はお疲れ様。ウチの上でホバリングしてたのが見えてたで」

           

          パ「ああ、古波蔵十字路ですね」

           

          C「ベランダから手ぇ振ったのに見えんかったか(笑)」

           

          パ「何を言うてるんですか。Cさんが見えたから、僕も手を振ったじゃないですか」

           

          C「ギャハハ!!。お前、頭ええな」

           

          パ「ちゃんと見て下さいよぉ(笑)」

           

          C「ところで、ホバリング中に、スーッと流れる感じになるけど、あれはピタッと止まれんもんなん?」

           

          パ「またそんなこと。ピタッと止まるのは簡単で、うまくスライドさせるのが腕なんですよ。ああするといい映像が撮れるんです」

           

          C「なるほどなぁ。(頭だけでなくて)腕もいいんやなぁ」

           

           

          真面目な性格で、慎重な操縦をするパイロットでしたから、直感的には機材の故障に思えます。かと言って整備士の責任を問われるのも気の毒だし。何か、操縦でも整備でもない不可抗力のような原因であって欲しいと思います。

           

          粟国島で乗客を乗せて那覇に帰る予定だったとのこと。乗客を乗せる前だったことは、不幸中の幸いでした。


          断捨離、断捨離

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル 

             

            普段は4時半起床のところ、今朝起きたら驚きの6時。3年ぶりくらいに寝過ごしました。もちろん仕事は遅刻ですが、毎週金曜日は配達量が少ないため、配達の出発時刻までには帳尻を合わせました。

             

            実は今夜から日曜日までナイチから来客がありまして、この1週間、私は部屋の片付けに忙殺されていました。ブログの更新が滞り、芹澤さんの本も読めない毎日(泣)

             

            昨夜、ようやく片付けが終わり、その安心感が私を深い眠りにつかせたのではないかと(笑)

             

            かなり思い切った断捨離を実行した結果、私の部屋は美しくなりました。ホテルは無理としても、小綺麗な民宿みたいにはなったでしょう。

             

            確かに、心がスーッとするわぁ(笑)

             

             

            では、私は空港へ向かいます。

             

            皆様、良い週末を。


            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM