大東人(だいとうんちゅ)と喜友名可奈子さん

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    以前、「兄弟小節」の動画を探していて、たまたま聴いた民謡ユニットの大東人。その時二人(姉妹)は南大東島の中学生でした。

     

     

    あれから4年。お姉さん(手前)は南風原高校に進学してこの春卒業。その後を追って島を出た妹さんも同校に在学中のようです。

     

    お姉さんが南風原高校に入学した時に、同高郷土芸能部で活躍していたのが、従兄弟の喜友名可奈子さん。地元テレビ局が密着取材番組を放送するなど、目立った存在でした。

     

     

    島を出た姉妹にとって、那覇は都会。生活に戸惑い、ホームシックになるところを支えてくれたのが可奈子さんだったんですね。

     

     

    西原サンエーで大東人のライブがあると知って出かけました。

     

      

    二人の唄をナマで聴くのは初めて。島を出る前に基礎を叩き込まれているので、安定のステージでした。

     

     

    ところでこの日、大東人を太鼓でサポートしていた若い女性がいました。

     

     

    これまでの経緯からすると、彼女が喜友名可奈子さんかなと思ったらその通り。

     

    しかしねぇ。さっきの写真を見て下さいよ。あの表情を鹿児島弁で「キンコキンコしてる」と言います。「風呂から上がったばかりの顔」くらいの意味ね(笑)

     

    それがまあ、わずか4年で大人の女性になるものです。ヨソの子が大きくなるのは早いわぁ(^^)

     

    機会があれば彼女の唄も聴いてみたい。大東人も喜友名可奈子さんも、こんな風にして、誰もが知ってる唄者になってゆくんですね。

     

    三人とも頑張ってちょうだい(^-^)/ 


    今日の農連プラザ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      (1)隣の八百屋

       

       

      C「皆さん、おはようございます。私のオンボロワゴンの車検が今月切れます。それで車検を受けようと・・」

       

      コ「えっ?」

       

      K「えっ?」

       

      N「えっ?(笑)」

       

       

      (2)オジぃパラダイス

       

       

      C「神里原のスナック街から出てくるオジぃは、何であんなに嬉しそうにしてんのかな」

       

      ビニール屋のオヤジ「楽しいはずよぉ(笑)。あそこに来るオジぃは、ウェーキンチュが多いからね」

       

      C「なるほどぉ。それが自ら蜘蛛の巣に・・・」

       

      ビ「Cさんもどうね?(笑)」

       

      C「あそこに来るオジぃはな。どんなんが出て来ても『自分よりは若い』って安心感があるやろ。俺にはまだ早いわ」

       

      ビ「だはずね(笑)」

       

       

      (3)ジャスコなオヤジ

       

      A「アシュパラがよ。市場で見えないわけさ。しょれでジャスコで買って来たんらけろ・・」

       

      C「イオンな。それそろ覚えろよ」

       

      A「このビニールのシールは剥がすのかな」

       

      C「ウチはイオンじゃないからな」

       

      A「フォッ、フォッ、フォ。そりゃあウチはイオンじゃないさ(笑)」

       

      C「嘘はついたらあかんねん。それ、だいぶ前にも教えたやろ」

       

      A「そうらったかな(笑)」

       

      C「何回も同じ話にウケんなよ」

       

      A「また忘れた頃に言えばいいさ(笑)」

       

      C「わかった、わかった」


      滋賀県大津市で起きてしまった事故

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        滋賀県大津市で起きてしまった事故。

         

        事故の現場となった大萱6丁目信号交差点のストリートビューに、散歩中の園児達が写っていると話題になっています。

         

        もちろん過去に撮影したもので、当該保育園の園児か否かも不明です。

         

         

        なるべく車道から離れた場所を歩かせ、園児達の盾になるように引率する保育士達。

         

        私の仕事は園児達が集まっている場所を目がけて、車を乗り入れているようなもの。その経験から言えば、ストリートビューに写った保育士達の姿は、たまたまではなく、まさにこの通り。常に、どんな場所でも園児達に充分な気配りをしています。

         

         

        保育園が記者会見を開いたのは、個別の取材が殺到することを避けるためでしょう。

         

        「危険を感じなかったのか?」とか、「安全対策は十分だったのか?」などと質問する記者達は、会社の指示(あるいはシナリオ)に従って質問をしています。

         

        保育園の責任を追及する論調で番組の視聴率が上がり、新聞や週刊誌が売れると考えているのなら、世も末と言うほかありません。

         

         

        子供の成長を喜び、見守ることが地域社会で暮らす大人の役目です。その役目を忘れ、安全確認を怠った大人がいたから、今回の事故が起きました。

         

        滋賀県警には、事故のあった交差点を、例えば矢印信号に限り車を右折させるなど、安全対策の検討をお願いしたい。

         

        それから、今回の事故に各地の保育園が過剰に反応し、園児の散歩を自粛することになりはしまいかと心配です。

         

        子供の行動を制約することで問題を解決しようとするなんて、本末転倒と言うほかありません。そんなことでは、保育園の責任を問い詰めようとした記者達と発想が同じです。


        トモコオバぁの引退

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          カマボコ屋のトモコオバぁが救急車で運ばれて、やがて3ヶ月。

           

           

          オバぁは店を閉めることにしたようです。この区画には青果店が入るとのこと。

           

           

          いくら仕事が命のオバぁでも、仕事で命を落とすわけにはいきません。倒れるまで働いたんだから、もう充分ですよ。

           

           

          農連市場は再開発により農連プラザになりました。それは私の中では「農連プラザのオープン」ではなく「農連市場の閉鎖」。今でも度々、あの懐かしい市場を思い出します。

           

          とはいえ、そこで働いている顔ぶれが変わらないのなら、なんとか「仕方がない」と思うことができます。例えれば、新しい校舎が完成して、ピカピカの教室に先生やクラスメイトが集まったようなもの。

           

          だけどねぇ。いつもそこにあった顔が見えなくなると、建物とはまた違った、強い喪失感があるのよねぇ。

           

           

          トモコオバぁの様子がわからないので気になりますが、そのうちに誰かが知らせてくれるでしょう。あまり良くない情報なら、知らせてくれなくてもいいかな(^^)


          今日の農連プラザ

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            (1)そのタイヤ、歩きませんか?

             

            店の裏にあった持主不明のバイクを、工事のオッサンが店の前に移してそのまま放置。隣のコーちゃんと元へ戻すことにしました。

             

             

            C「ありゃ。クラッチをニュートラルに入れても動かんな」

             

            コ「じゃあ、台車に乗せましょう。ちょっと、前輪持ち上げて下さい」

             

            C「なんやクソ重たいな。よいしょっと」

             

            コ「はい、オッケー。じゃあ行きましょか」

             

            C「おまえ、ちょっと待て(笑)」

             

            コ「なんですか?」

             

            C「自分は台車で、俺は持ち上げて・・」

             

            コ「えっ、後輪のタイヤは歩きませんか?」

             

            C「歩かんな。つ〜か、タイヤも歩かすんかい」


            コ「(笑)」

             

             

            (2)朝、目が覚めたら橋が無い

             

            コンニャク屋のオバハンは浜比嘉産。

             

             

            C「伊是名と伊平屋に橋を架けたいんだって」

             

            コ「へぇ、そうね」

             

            C「長いのと短いのと二本あってな。長いほうがちょ〜ど浜比嘉大橋と同じ長さやねん。ピッタリ同じ」

             

            コ「ふ〜ん」

             

            C「『貰えないかな?』って言うとったで」

             

            コ「ギャハハ!!。ダメダメ。あげないよ」

             

            C「用心しとかんと。朝、目が覚めたら橋が無いかもよ」

             

            コ「そんなしたら、戦争なるよって言っておきなさい(笑)」

             

             

            (3)事件なのか、いつものことなのか

             

            豆腐屋のヨシエさんと、飲食店経営者について考えてみました。

             

            ヨ「あそこの社長が店で寝てるわけさ」

             

            C「ガラス張りやから丸見え。サスペンスドラマみたいになっとったな」

             

            ヨ「サスペンスドラマ?」

             

            C「店内が荒らされて社長が倒れてたら、普通は刑事が来るやろ」

             

            ヨ「アハハ。ただの酔っ払いだはずよ」

             

            C「何もかも嫌になって、ウッワ〜!!ってなったのかな?」

             

            ヨ「そうだはず」

             

            C「まあ、そう思われてる時点で、残念だったな」

             

            ヨ「えっ、ちょっと行ってみる?」

             

            C「いかんよ。朝っぱらからカラマレたらかなわんで」

             

            ヨ「アハハ。そうよね」


            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM