今年のゆり祭り

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    GWに開催予定だった伊江島のゆり祭りが中止になり、先週から村の職員が花の摘み取りを始めています。

     

     

    伊江島行きのフェリーが出る本部港では、乗客に来島目的を聞いて、観光目的ならば自粛をお願いしてるそうです。

     

    GW前に花の摘み取りを始めたのは、観光客に来島を断念させる意図があります。満開のゆりの花があれば、空気の読めない観光客が来るでしょうからね。

     

    それにしても、GW期間中に那覇空港へ到着する人の数が6万人。親が危篤とか、嫁が出産とか、そんな人が6万人もいるんですねぇ(^^)

     

     

    一方、こちらは識名の大石公園。伊江島とは規模が2桁くらい違いますが、毎年、ジミ〜にゆり祭りを開催しています。もちろん、今年は中止です。

     

    ゆりの花がどうなっているか寄ってみました。

     

     

     

    観光客が集まる場所ではないので、花を摘み取る必要はありません。来たければ来いの構え(笑)

     

    この日、公園で会ったのは、空手を練習中のオヤジ一人と、小さな男の子を連れたお母さんだけでした。

     

     

    大石公園の丘の上に大きな岩があります。おそらく名前の由来になった岩。

     

     

    雰囲気でお分かりと思いますが、ここは御嶽になっていて、岩の上に拝所があります。

     

     

    大岩のそばから眺める那覇の街が爽快です。

     

     

     

    毎日おウチでヤーグマイしている皆さん。天気のいい日に大石公園でゆりの花を見て、那覇の街を眺めてはいかがでしょう。

     

    「うわぁ〜!!」とから「ギャー!!」とか、色々な意味で声を出すのもいいと思います(笑)

     

    まあ安心して下さい。私が紹介したぐらいで人は集まりませんから(^^)


    今日は清明(シーミー)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      今日は清明(シーミー)。今週末から月末にかけて、ウチナーンチュはお墓で御先祖様とお祝いをします。

       

       

      沖縄県医師会がコロナウイルスの感染拡大を予防するために、かなり気を使いながらも、警告を出しました。シーミーの規模を縮小して代表者だけ拝めとか、体調の悪い人は参加するなとかですね。そして、東京や大阪など、感染者の多い地区から帰省した人をシーミーに参加させるなと。

       

       

      私の近辺でも「今年は掃除だけ」などと言ってる人はいます。もちろん、それが正解なのですが、そうはいかないだろうなと思います。まして、ナイチから帰ってきた人を参加させないなんて、ちょっと考えられません。

       

      迎える側がそうなんだから、帰省するほうが気を使えって話です。帰省者がいなければ、ウイルスは持ち込まれないのだから、例年通りのシーミーを開催してもかまわないことになります。

       

       

      シーミーは屋外なので多少は救われますが、救われないのが宮古島のオトーリです。こちらは屋内。

       

       

      宮古島市長が宴会の自粛と、やむをえず開催する場合にはオトーリをやめるよう、訴えました。

       

      ところが、感染者ゼロの宮古島。「そんなこと言うのなら、空港を閉鎖しろ」と反発の声があがりました。

       

      そしたら宮古島市長は「私に空港を閉鎖させる権限は無いし、島に来るなとは言えない」と。

       

       

      シーミーに帰省する人や観光に来る人に、島に入るなとは言えません。言えないからこそ、気を使って欲しい。


      勝手なことを言いますが、て言うか、そんなことは誰も口にはしませんが、でもまあ、そんな感じです(^^)


      国頭サバクイの故郷「比地大滝」

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        国頭村の比地(ひじ)大滝へ行ってきました。観光で沖縄に来て「比地大滝へ行ってこよ〜ね」と言う人が多い中、私は行ったことがなかったのよね。で、この日はそれを解決しようと。

         

        遊歩道入口から大滝までの距離は1.3km。徒歩で40分ほどかかりました。

         

        こちらは、ちょうど中間点にある吊り橋です。

         

         

        山へ登ってるのですから、傾斜は厳しくなる一方です。吊り橋で距離は半分でも、体力的には1/3くらいと思っておくべきでしょう。 

         

        だから、吊り橋を過ぎると遊歩道はこんな感じです。

         

         

         

        比地大滝の背後の山は与那覇岳。沖縄本島の最高峰ではありますが、標高は500mほどです。


         

        比地大滝から比地川を遡った与那覇岳の中腹を大国林道が通っていて、比地川に架かってる橋が長尾橋。その周辺は長尾山と呼ばれています。

         

        そこは沖縄の木こり歌「国頭(クンジャン)サバクイ」が生まれた場所です。



        2分40秒あたりから。

         

        (サー)長尾山樫木や

        (ヨイシーヨイシー)

        (サー)重さぬ引からん

         

        長尾山の樫木は重くて引けない

         

         

        遊歩道の脇に、炭焼き窯の跡がありました。円形の石組みと手前に出入口。

         

         

        長い材木は比地川に流し、炭は背負って山を下りたのかもしれません。このような炭焼き窯はヤンバル山中の、あちこちにあったようです。

         

         

        大滝を眺めながら、頭の中では国頭サバクイがリフレイン中。大滝さんもナマで聴いたことがあるでしょうね。

         

         

        道中に寄った、東村慶佐次のウッパマビーチ。

         

         

         

        大宜味村喜如嘉のオクラレルカ畑。ちょっと早かった。満開まであと1、2週間。

         

         

         

        嘉手納シーサイドのシーフードガンボが絶品。絶品過ぎて、本物は撮り忘れた(^^)

         

         

        店の兄ちゃんが「香辛料がキツいので、駄目な人は駄目です」と言ってたけど、その通り。私が絶品と言っても、誰もがそうではありません。


        今日の小ネタ

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

           

          (1)感染防止

           

          隣のこーちゃんがかまって欲しそうにしてたので、感染防止のアドバイスをしてあげた。

           

          C「向かいの中華料理店に中国人の団体が来るだろ?」

           

          こ「来ますねぇ。随分減ったけど」

           

          C「中国人がバスから降りてくるとな。ウチのオヤジが店の扉を閉めんねん」

           

          こ「ギャハハ!!」

           

          C「ほんでな。全員が店に入ると開けんねん」

           

          こ「完璧じゃないですか」

           

          C「だろ?。貴方も見習いなさいよ」

           

          こ「えっ?」

           

           

          C「常に向かいの様子を注意しておいてだな」

           

          こ「いや、ウチはちょっと(笑)」

           

           

          (2)子供の叱り方

           

          日曜日以外の毎日、来る日も来る日も保育園に通うのが私の仕事。ちょうど登園の時間と重なるので、私はほとんどのお母さんに見覚えがあります。(お母さん達も八百屋のオヤジは知ってる)

           

          合計すると園児が千人、お母さんが千人。

           

          子供との接し方は色々ですが、いつも「これはいいことだなぁ」と思うのは、こんなお母さん。

           

           

          大声をあげて子供を叱る(て言うか罵る)お母さんがいる一方で、子供と向き合い、言って聞かせる姿勢ね。

           

          「頑張れお母さん」と言いたくなるわぁ。

           

           

          (3)シマの掟

           

          農連プラザの某店で働いているニーセーの実家は某離島。

           

          この度、島に住むお父さんが亡くなったので、彼が奥武山公園ほどの土地を相続することになりました。

           

           

          そして、島の土地を相続する者は島に住むのがシマの掟。彼は仕事を辞めて島に帰ることになりました。

           

          もちろん、日本にそんな法律はありません。しかし、島の中ではシマの掟が法律よりも上位にあるのよねぇ。

           

          どこの島かは内緒ですが、奥武山公園より広いとだけは言っておきましょう(笑)


          「那覇を散歩したい」と言われたらどうするか

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            与儀公園の桜がいい感じに咲いてきました。

             

             

            今週末から来週末にかけて、見頃を迎えるのではないでしょうか。

             

             

            一週間ほど前、日差しがキラキラしてきたなと思ったら、今週の那覇はすっかり春になりました。気温もだけど、日差しが春。

             

             

             

            さて、県外からのお客さんに「那覇を散歩したい」と言われたらどうするか。

             

            これが簡単なようでなかなか難しい。特に私は「沖縄の風景」を10年続けているので、それなりの内容が求められるでしょう。つまり、読者に「なるほど、そう来たか」と言わせたい(笑)

             

             

            散歩の時間を午前9時から午後1時までの4時間として、どんなコースを歩くのか。

             

            そしてお昼はどこで食べるのか。

             

            首里石嶺の「御殿山(うどぅんやま)」か、

             

             

            首里末吉の「下門(しむじょー)」か、

             

             

            地元国場の「潮間ぬ前(すーまぬめぇ)」か。

             

             

            これが難しい。て言うか一つを選ぶのは無理なので、前後の予定を考慮することになるでしょう。

             

             

            「那覇の散歩」は近日公開します。過去の投稿を振り返りつつ、再度歩いてコースを決めようと思います。那覇と首里は分かれるかもしれません。

             

            そして、「コザの散歩」とか、「南城の散歩」とか、続けたいと思います。

             

            投稿した後、「あーが良かった、こーが良かった」になるに決まってるので、投稿を勝手に修正して、やがて完成を迎えると(^^)


            そんな感じで進めます。


            天願の日曜日

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              以前、TV番組でHYの仲宗根泉さんが安慶名グスクを紹介してました。そして、具志川一番のおすすめスポットは宇堅ビーチであると。

               

               

              そう言われると行ってしまうのがこの男(私)。一つ前に投稿した安慶名グスクに続いて宇堅ビーチを訪ねました。

               

               

              バーベキュー設備やシャワーなどが整っている快適なビーチ。

               

               

              沖縄本島のこうしたビーチが人工ビーチであることは、もはや了解事項です。

               

               

               

               

              宇堅ビーチの北にある昆布ビーチはこぢんまりとした自然のビーチ。この日は米国人グループが遊んでいました。

               

              十人ほどの女性グループで、お母さんが一人と残りは中学生以下の子供ばかり。シートを敷いて軽食をとったりおしゃべりしたり。全員が水着なので、いつでも海に入れます。

               

               

               

              宇堅と昆布に挟まれた天願には、海兵隊の「キャンプ・コートニー」があります。集落の大半が基地と米国人居住区なので、当然、米国人の密度が高いわけです。

               

              ウチナーンチュは道を歩かないので、歩いてるのは米国人ばかり。家族連れがいたり、ジョギングしてる人がいたり。基地の近くにはステーキハウスやカフェ、タコス屋などがあり、カフェのテラス席にいた数人の客は米国人だけでした。

               

               

              これは米国人の日常生活そのもの。沖縄でアメリカンな雰囲気に浸りたい場合、行くべき場所は北谷でもコザでも金武でなく、天願だとこの日私は確信しました。

               

              近くにビーチがあってレストランもあるんですから、わざわざ西海岸やハワイまで行く必要が無いじゃないですか(観光地巡りや買い物が目的の方はどうぞ行って下さい)。

               

              米国人居住区の空き家を10日ほど貸してくれないものかと本気で思いましたよ。基地内の施設を利用させていただけるものなら、なおよろしい(^^)


              西原集落の散歩(3)西原集落

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                島添大里グスクへ向かう道路の整備が進み、グスク前には大里城址公園交流体験センターと広い駐車場が完成しています。

                 

                 

                カフェ風の食堂も開業して、観光地としての体裁が整ってきました。

                 

                 

                西原集落の散歩を続けます。

                 

                西原集落へ入るとすぐに、立派な石塀が目に入りました。グスクの城壁跡よりもずっと立派(^^)。その奥に勢いのある大きなガジュマル。

                 

                 

                ここは、集落では大殿内(うふどぅんち)と呼ばれている西原ノロ殿内です。

                 

                 

                奥の建屋には、歴代の大里按司とノロの位牌が祀られているはずですが、人が集まっていたので近寄ることは遠慮しました。

                 

                西原ノロは大里按司の末裔だそうです。

                 

                 

                こちらは集落最上位の拝所で「ウフユー」。年中行事では、ここで最初の拝みが行われます。ウフユーは大昔。

                 

                 

                すぐそばにある井戸が「ウフユーヌカー」。カーウガミはここが起点です。

                 

                 

                こちらの拝所は「ニーウコール」。中国との交易で持ち帰った香炉をこの祠に納め、中国へ出発の際に航海の無事を祈ったそうです。ウコールは香炉。

                 

                 

                西原集落の拝所や井戸はいずれもきちんと整備されていて、拝みの場として生きています。

                 

                正しい沖縄の集落は植栽や石塀に品位を感じるし、

                 

                 

                道端の祠だけではなく、庭の木や花の一つ一つに意味があるような気さえしてきます。

                 

                 

                ウフユー(大昔)って南山時代ですからね。南山王国の建国が14世紀初頭ですから700年近く前。それ以来、途切れることなく集落の営みが続いているということですね。

                 

                (終わり)


                ビン(瓶)コーヤー

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  隣の八百屋のコーちゃんとこんな話になりました。

                   

                  C「おい、コーちゃん。ビンコーヤーをビンコーヤーって呼んだら叱られるなぁ」

                   

                  コ「そりゃあ叱られますよ。ちゃんと『瓶を買う人』と呼んで下さい(笑)」

                   

                   

                  空瓶回収業は空瓶を買い取って、酒造メーカーなどに売る商売。本土復帰の頃、ある婆さんがこの商売をやっていて、近所の人達からビンコーヤーと呼ばれていました。

                   

                  ビンコーヤーがあるんだから、カン(缶)コーヤーもあったんでしょう。また、ガラグヮー(フニグヮー)コーヤーという商売もあって、豚や山羊の骨を買い取って、それを砕いて肥料として売ったそうです。

                   

                  いずれにせよ、こうしたコーヤー商売は下に見られる傾向があり、ビンコーヤーの婆さんはそう呼ばれることを嫌っていました。婆さんが嫌えば嫌うほど、そう呼びたくてウズウズしてくるのが近所のワラバー達。こいつらは何事にも遠慮容赦がありませんからね(^^)

                   

                  引退したカマボコ屋のトモコオバぁが「オレは売れるモンなら石でも仕入れる」と言ってました。それは終戦から復帰まで、激動の時代を生き抜いた女性の心意気みたいなもの。ビンコーヤーの婆さんも、きっと同じことを考えていたんでしょう。

                   

                  ウチの青果物仕入担当のA部長は、お母さんに「ヤナーコーヤー」と呼ばれてます(笑)。そう呼ばれるたびに苦笑いするA部長。その顔には「ヤーがやってみれ」と書いてありました(^^)


                  マチヤグヮの思い出

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    私の実家は呉市の主峰「灰ヶ峰(737m)」の麓、急な坂道の途中にあります。「この世界の片隅に」を観た方には、すずさんの嫁ぎ先みたいな所と言えば分かりやすいでしょう。

                     

                    商店は坂の下にあり、自家用車が普及していない時代、買物に出かけるにはちょっとした決心が必要だったと思います。

                     

                    長い坂道の途中に駄菓子屋が離れて2軒ありました。沖縄ではマチヤグヮですが、呉では駄菓子屋とも呼ばず、店主の苗字で呼んでました。私の実家の隣にあった駄菓子屋は「新田」。

                     

                    新田には駄菓子の他に風船だとか、当たるかどうかもわからないようなクジだとか、つまり子供が喜びそうなものが置いてあり、近所の奥様方のニーズに応えて、調味料などもあったと思います。私の母に「ちょっと、新田でお醤油を買ってきて」などと、よく言いつけられたものでした。

                     

                     

                    新田の婆さんは、私を実の孫と同様に可愛がってくれたと思います。私が入社した某鉄鋼メーカーは私に内定を出すにあたり、人事部の職員を新田に向わせたようです。

                     

                    「Cさんの近所の評判はどうですか?」と。

                     

                    新田の婆さんは直ちに、

                     

                    「あんなええ子は滅多におらんけぇね。心配なようなら誰にでも聞いてみんさいや。このへんであの子を悪う言うようなモンは一人もおりゃあしません。そりゃあ私が保証するけん、絶対大丈夫じゃ」

                     

                    と(笑)

                     

                    新田の婆さんは、今思い出しても泣けてくるようなことを言ってくれて、そのおかげで私はその会社に採用され、社会人としてスタートを切れたのでした。

                     

                     

                    さて、ここからが本題です。

                     

                    城岳近辺でかつての悪ガキの一人だった読者のうちなーんちゅさんにとって、思い出深いマチヤグヮは楚辺の比嘉商店だそうです。

                     

                    それを聞いて、今日、行ってきました。

                     

                    お昼に下見に行ったところ、シャッターが閉まってました。これは、最重要顧客である悪ガキ達の下校時間に合わせて開店するんだろうなと(^^)

                     

                    で、仕事が終わった帰りにもう一度。今度は開いてました。そこで問題になるのはガタピシと扉を開けた時の入射角です。かつて、古波蔵の居酒屋「エール」にスーツ姿で入り、マスターに「何のご用ですか?」と言わせた私です。

                     

                    そこは慎重に、

                     

                    「こんにちは〜。ずっと前にこの辺にM.O君って子が住んでましてね。もう40年くらい前です。今はナイチにいるそのO君に、比嘉商店がどうなってるか見てこいと言われまして」

                     

                    比嘉商店のオバさんが安心した顔になったので、

                     

                    「O君はここへタコ焼きを買いに来る時にね。あのあたりの塀の陰から、店にいるのがシーブンをくれる婆さんか、くれないオバさんかを見極めていたそうです」

                     

                    そしたら「そのケチなオバさんが私です(笑)」と。タコ焼きは10年前までやってたそうです。

                     

                     

                    婆さんは一昨年、98歳でこの世を去り、生きていれば今年で100歳だったとのこと。オバさんが店の奥から遺影を持ってきてくれました。

                     

                     

                    盛大なカジマヤーができて良かったと。

                     

                    「O君はナイチでお医者さんをやってます」と伝えると、「お利口だねぇ。そんな話を聞くのは嬉しいさぁ」と。

                     

                     

                    「せっかくだから、何か私が買えるようなものがありますかね。ガムとか」

                     

                    そこで勧められたのが乾燥梅干し。1個10円。

                     

                    「マチヤグヮと呼ばれてたお店がどんどん減っているようだから、頑張って下さいね」

                     

                    比嘉商店は創業54年だそうです。つまり、婆さんが46歳で始めたと。若いなぁ。もちろん復帰前。

                     

                    「私が元気な間は続ける」そうです。

                     

                     

                    乾燥梅干し一つで客となった私は、

                     

                    「お店の写真を撮らせて下さいね」

                     

                    「あっ、もし良かったら写ってくれませんか?」

                     

                    「あっ、それじゃあ暗いので、もう一歩前へ。はい、オッケー!!」

                     

                    パチリ

                     

                     

                    どう?、うちなーんちゅさん。


                    喜んだ?(笑)



                    (追伸)


                    うちなーんちゅさんから写真が届いたのて掲載します。矢印の場所にタコ焼き器があったそうです(^^)



                    その後のタコ焼き、糸コンニャク

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                       

                      (1)タコ焼き(→過去の投稿はこちら)

                       

                      保育園の調理師が作った紙製のタコ焼き。

                       

                       

                      この日、園児達は甚平(昼寝用のパジャマ?)を着て、調理師はハッピ姿。ビニール製のプールで(おもちゃの)金魚をすくったり、屋台でタコ焼きを買ったりして、縁日の雰囲気を楽しみました。

                       

                       

                      写真右手のハッピの女性はN料理長。お遊戯会では護得久栄昇に扮するなど、このテの企画には乗るタイプ。私が「ウーッス」と厨房に入ったら、「あっ、お帰りなさい」と寝ぼけてたのもこの人でした(笑)

                       

                      例年、タコ焼きを焼くのが追いつかないそうで、今年から職員は冷凍のタコ焼きで我慢することに。よって、お裾分けはありませんでした(^^)

                       

                       

                      (2)糸コンニャク(→過去の投稿はこちら)

                       

                      糸コンニャク計16キロを配達する日が来ました。実際の重さは30キロ以上あります。

                       

                      ただいま、コンニャク屋のオバハンはご機嫌でレジ打ち中。

                       

                       

                      コ「ウフフ。糸コン240円が12キロ」

                       

                      C「ウフフはええから」

                       

                      コ「そんなこと言わないよ。ウフッ。次が6キロ」

                       

                      C「も〜、早よせぇよ」

                       

                      コ「たいへんだね。頑張りなさいよ。切りコン2キロ」

                       

                      C「・・・」

                       

                       

                      (3)鳳凰木(→過去の投稿はこちら)

                       

                      鳳凰木が開花の季節を迎えています。こちらは田原(小禄)の教会近くの歩道で撮ったもの。

                       

                       

                      私は10年前の9月20日に古波蔵のレオパレスに入居し、沖縄県民となりました。部屋のベランダに出ると道路の向かいの大木に赤い綺麗な花が咲いていて、「はぁ、あれが鳳凰木か」と。私にとって、思い出深い花になりました。


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM