今日、笑った話

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    (1)スーツ姿のオヤジ

    マックスバリュのセルフレジにやってきて、

    「なんだ、誰もいないじゃないかっ!!」

    「いったい、どうなってるんだっ!!」


    (2)可愛い箱

    数週間前のこと。私がカマボコ屋へ空き箱を運ぼうとすると、某青果店のお母さんが、

    母「あっ、パプリカの箱はこっちに置いといてちょうだい」

    使いみちは無いのに、箱が可愛いんでしょうねぇ。



    そして今日。

    母「この箱も運んでちょうだい」

    ホコリまみれになった箱を壊す私。

    母「あっ、何してるっ!!。もったいないでしょ!!」


    (3)壺屋のヤチムン

    相棒のAが何やら含み笑いしながら帰ってきました。

    C「おっ、どした?」

    A「しょれがよ・・・」

    Aの長い話を3行にまとめると、

    1.市場のオバさんが壺屋でヤチムン(上等)を買ってきた

    2.袋の底が抜けてヤチムンが割れた

    3.ハーッシ


    敬老の日だのに

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      敬老の日の今日。保育園はお休みで、私は明日の仕入れが少しだけ。


      その仕入れをパッパと終えて、公設市場のゴボウ屋へキンピラの注文に向かいました。



      ゴボウ屋に着くと、隣の八百屋のオバぁが何か言うてます。

      八「あれ、敬老の日だのに働かすわけ?(笑)」

      C「はっは〜ん。今日は来る客、来る客にそれを言うんやな(笑)。たった4キロですみませんね」

      ゴ「えっ!!、4キロもあるの?」

      C「明日の夕方来るから、ボチボチやって」

      八百屋もゴボウ屋も敬老の日くらい休めばいいのに、出て来ておいて「働かすな」ってねぇ(笑)。


      ゴボウ屋の平良オバぁは81歳だったと思います。そして、こちらが83歳。



      今日、沖縄市民会館で敬老の日公演のようです。敬老の日にオジぃ、オバぁを集めておいて、舞台に立つのがオバぁ。

      舞台も稽古も体力ギリギリでこなしているのだと思いますが、それでも舞台に上がるのが仲田幸子さん。沖縄市民会館の大ホールを満員にする集客力は凄いの一言です。

      「敬老の日だのに(休みなさい)」と言われても、幸子さんがそれを喜ぶはずもなく、誰もそんなことを口に出せないでしょうね。


      大人が変われば子供が変わる

      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        某保育園から「今日の昼までに請求書がど〜しても欲しい」と言われ、昼寝中のお父さんを叩き起こして請求書を書かせ、保育園に届けました。

        そしたら「ど〜しても今日が無理なら、明日でもよかった」と。

        ムカつくわぁ。


        何かに八つ当たりしたいと思いつつ、午後の配達に向かうと、途中にこんな標識がありました。



        「大人が変われば子供が変わる」

        「だから何やねん」と言いたい。


        これはつまり、

        「良い大人が悪い大人に変わると、良い子供が悪い子供に変わる」

        もしくは、

        「悪い大人が良い大人に変わると、悪い子供が良い子供に変わる」

        ということか。

        「だから、何やねん」と言いたい。


        良い大人がこの標語を読んで「私も変わらなくっちゃ」と思うわけは無いので、この標語を読むべきは悪い大人でしょう。

        だからね。青少年健全育成協議会という良い大人の集まりがあって、悪い大人に「変わりなさい」と言い聞かせているってこと。

        「何を思い上がっとんねん!!」と言いたい。


        一方、こちらは、



        はやね・はやおき・あさごはん・あさうんちで ぱわーぜんかい!!!

        素晴らしい(笑)

        ナントカ協議会の良い大人の皆さんは、いはゆうき君を見習って、誰もがそうしたくなるような、世の中のタメになる標語を考えなさい。いいですね。

        今朝、目にした文字

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          (1)鏡原のアイスクリン屋

          最近は「アイスクリーム」などと、間違った発音をする人が増えてきました。




          (2)丸大スーパー神原店

          丸大でスポーツドリンクを買い、レジに並んでいると視界の端にこのポスターが。



          これが「出たんだはず」に見えた私。

          レジのネェネェに

          「アハハ!!見えるぅ〜。サイダーが出たんだはずねぇ〜(笑)」

          と喜んでいいただきました。


          (3)農連市場の公衆トイレ



          遇悪すぎ 給料上がらん」

          待!バカは給料あげられない」

          「努力しろ!!」

          どれも一理ありますが、できればウチナーグチでやって欲しかった。


          (4)マックスバリュ牧志店
          C「ど〜しても『とろけるハヤシ』がいいそうだ。スーパーで買うと高いのに」

          店「どのハヤシもとろけるさ」

          C「そぉ。『とろけないハヤシ』があったら驚くだろ」

          店「ほ〜んと。なんでわざわざ書くかねぇ」

          C「10箱ね」

          店「はい、ありがとう」


          那覇市松山「若松卸問屋街通り」(3) 若松公設市場跡

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            若松卸問屋街通り近くにあった若松公設市場は、3年ほど前に解体されました。



            その跡地はどうなっているのか。



            へ〜。那覇市津波避難ビル。

            津波に襲われたらここへ避難せよってビルなのね。まんまだけど(笑)

            しかし、このあたりは埋め立て地で海抜ゼロメートル。3階建で高さは大丈夫なのか?


            東日本大震災の後、琉球大学が那覇の津波被害をシミュレーションしました。
            (→「那覇が津波に襲われたら・・・」)

            高さ10メートルの津波は、海抜25メートルまで到達すると予想され、それを那覇市に当てはめると、地図の薄いブルーの部分が浸水します。

            20110510005520_0.jpg

            那覇の中心部はほぼ全滅。津波が届かない場所は城岳の高台だけです。

            繰り返し流された東日本の津波の映像と、那覇の地形を考え合わせれば、琉球大学のシミュレーション結果は信用に足るものに思えます。

            私はこの地図に従い、農連市場にいれば城岳の高台に、自宅にいれば上間の丘に駆け上がろうと、そう決めています。


            それで、那覇市津波避難ビルはどうなるのか?

            逃げ場の無い海抜ゼロメートル地帯に、避難場所は必要でしょう。少なくとも、小中規模の津波なら、この施設が多くの人命を救うはずです。

            ところが、10m級の津波を想定した時、私はこのビルに避難する気には、とうていなれません。近くの高層ホテルに逃げ込んだほうが、生き残る可能性が高そうです。


            そのあたり、那覇市はどう考えているのか。

            津波避難ビルの入口に案内がありましたので、読んでおきましょう。



            3.11東日本大震災からの教訓
            そして未来へのメッセージ


            安心・安全な生活を営むことは、市民共通の願いである。
            平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、大規模災害の発生時に市民の生命及び身体を守るためには、行政による防災対策に加え、自らの安全は自らが守る「自助」、身近な地域で助け合う「共助」が不可欠であり、また、協働によるまちづくりを通して、防災・減災について日頃から取り組むことが重要であることを、その教訓として示した。
            市民は、世代を超えた交流を通して、地域の絆を紡ぎ、互いに支え、助け合う共助の心を育み、市は、人と人とのつながりを礎にした地域コミュニティの発展に取り組み、防災・減災に努めなければならない。
            東日本大震災における津波の恐ろしさをいつまでも記憶に留め、市民の防災意識の高揚を図るとともに、安心・安全で災害に強いまちづくりを推進するため、津波避難ビルを建設する。
            平成28年(2016年)5月
            那覇市



            _| ̄|◯

            なんなんでしょうね。

            ご自身はある種の高揚感を持ってお書きになったようですが、まったく何も伝わってきません。

            結局、何もわかってないんでしょうね、このお方。

            (終わり)


            那覇市松山「若松卸問屋街通り」(2) 建物が持つ60年の歴史

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              一つ前の投稿で使わなかった写真を数枚。

              喜納商店



              中央の円筒状のデザインが特徴です。



              三列に並んだ小窓はどんな役割なんでしょう。もしかして、円筒内に強力な光源があって、夜になるとサーチライトみたいに光を放つのか(笑)

              二階と三階の間に滑車があり、左右にワイヤーが張られています。



              最初の写真を見ると、建物の両側にも滑車があるので、全面一杯に横断幕が張れるようです。

              そして、円筒の下部、庇の上部にある横長の凹みも気になります。かつては蛍光灯が入っていて、電飾看板だったのかもしれません。


              城間商店



              角が丸くカーブし、二階の窓には格子が入っています。二階建だけど存在感あり。

              と思ってたら、向かいにホテルが建っちゃって。



              まっ、負けるな!!


              ローソン



              庇の具合が一般的なローソンの店舗と似ていて違和感がありません。



              二階の窓の上部にある帯状のパーツが壁から浮いていて、カーブを強調しています。機能はなさそうですから、デザインですねこれは。


              金城洋酒店



              アメリカ統治下で、洋酒を専門に扱っていたんでしょうか。今は泡盛も売ってます。


              裏通りのアパート



              卸問屋街が賑わい、後に若松公設市場が開場しました。周辺の人口が増え、潮渡川の対岸に映画館もできました。

              当然、住居が必要になるんですが、このアパートは一区間の端から端までの二階建てで、十数部屋が並んでいます。築50年ほどでしょうか。読者のひよこさんの言葉を借りれば「香ばしい」アパート(笑)


              若松公設市場



              今はなき若松公設市場。

              一階が市場で、二階より上が市営住宅でした。

              私は入ったことがありませんでしたが、他のサイトを拝見すると、雰囲気が農連市場に似ていますね。最盛期に歩けないほどのお客さんが集まったことも同じ。

              次の投稿で、公設市場の跡地に行ってみます。

              (続く)


              那覇市松山「若松卸問屋街通り」(1) 卸問屋街の景観形成

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                ここは那覇市松山の若松橋です。妖怪「仲西ヘーイ」の潮渡橋から一本海側。



                1956年に開通した初代の橋が老朽化し、最近、架け替えられました。


                この橋を起点に、松山歓楽街に向かう若松卸問屋街通り。



                初代若松橋と同じ1956年。埋め立て地に卸問屋街が形成されました。


                こちらはインテリアのマルシゲ商会。



                食品卸の喜納商店。



                食器の城間商店。




                どの店にも庇があります。

                もちろん、積み下ろしの商品が雨に濡れないための庇ですが、そのスペースを得るために、店舗の一階部分を後ろに下げています。

                これなら、店舗前に車を停めても、通りの交通を妨げませんし、通りがスカッと見通せます。しかも、庇の高さが同じですから、景観がグッと良くなります。


                ところがですね。

                浦添市西洲の埋め立て地に、卸問屋が次々と移転したため、跡地にマンションやホテルが建ち、空き地は駐車場になりました。通りの統一感は崩れつつあります。

                卸問屋街が形成された当時の写真がありました。



                一見、沖縄戦後の焼け野原に見えますが、ここは戦後の埋め立て地。どの建物も新築ピカピカです。写真奥に初代若松橋とその先に泊港。

                通りの左手、潮渡川沿いに三角形の空き地があります。1967年に若松公設市場が建つ場所ですが、この写真はそれ以前のようです。

                そして、最近のGoogle earth。



                周辺にビルが建った影響もありますが、卸問屋街がまったく目立たなくなりました。て言うか、歯抜けが酷い。建物の数は半分ほどでしょうか。若松公設市場は既に解体されています。


                卸問屋街に戻りましょう。

                ローソンは建物を再利用していて感心です。庇付き。



                このローソンも先ほどの城間商品も角地にありますが、角地の店舗は角地らしくデザインされていますね。

                こちらも角地の玉富さん。



                仲田幸子芸能館も建物再利用で、もちろん庇付きです。




                喜納商店の前で、若松橋方向を振り返りました。



                空がすっきりときれいです。

                電線が無いことに気づきましたか?

                電線は地中に埋めたのです。60年前の街づくり。

                だから、通りを一歩外れるとこうなります。




                使いやすく美しい卸問屋街にしようと、通りの皆さんがルールを決めて街を造ったのです。

                なんとか街並みを残せないものかと思います。

                いや、分かっています。

                商売が繁盛して店舗が手狭になり、西洲に移ることにした。移転資金が必要なので土地を売ったらマンションやホテルが建った。または、土地は売らなかったけど、跡地を駐車場にした。

                ごもっともです。

                まったくおっしゃる通り。その通りなんだけど、なんとか街並みを残せないものかと。


                無理なんでしょうねぇ。

                「黙っとれぃ!!」ですよね。

                (続く)


                伊舎堂の三本榕

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  昨日投稿した伊舎堂の三本榕(ガジュマル)についてもう少し。



                  戦前の伊舎堂は綿花の産地で、多くの若い女性が働いていました。三本のガジュマルに囲まれた空間は毛遊びの場で、伊舎堂集落の中心だったのでした。

                  上の写真の左端に石碑があります。



                  今のガジュマルが植樹された時の石碑で、1955年の日付けが記されています。

                  そもそも、このガジュマルは伊舎堂集落が形成された時に、三組の夫婦が植えたものだそうで、現在のガジュマルが三代目。二代目は戦火で焼失したようです。


                  戦前の沖縄には、綿、絹、芭蕉布と布を織る原料が揃っていましたが、戦後の復興期は衣よりも食。綿花栽培は衰退し、穀物や野菜の畑となったのです。

                  そして、戦後10年が経った1955年に、この場所に若いガジュマルが植えられました。


                  そして、冒頭の写真の右端。バス停の横に、こんなものがありました。





                  随分厳重に保護していますが、鉄パイプの溶接箇所や土台のコンクリートに手作り感があっていい感じです。


                  まったくの想像ですが、この三つの石は、戦後10年間、三本榕の代わりを務めていたのではないでしょうか。

                  三本榕は集落発祥の地だったことに加えて、集落が賑やかだった頃の象徴でもありました。早くガジュマルを復活させたかったでしょうが、終戦直後は植樹どころではなく、とりあえず、三つの石を並べておいたのではないかと思います。

                  そして、現在のガジュマルが植えられた時、役割を果たした三つの石をこのように保存したと。


                  いや、間違ってる可能性大です(笑)

                  そんな風に思わせるほど、集落の皆さんがこの場所を大切にする気持ちが伝わってくるって話でした。


                  佐敷小谷「ジャンクビリ」

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    佐敷の小谷(おこく)集落から、大里の大城集落へ抜ける道が復活したと聞き、歩いてきました。


                    2年前に小谷集落を歩いた時の投稿があります。

                    南城市佐敷字小谷の石畳道(1)


                    南城市佐敷字小谷の石畳道(2)


                    南城市佐敷字小谷の石畳道(3)


                    南城市佐敷字小谷の石畳道(4)



                    琉球竹を使ったバーキ(竹細工)は小谷の特産品でした。そのバーキを糸満で売るために通った急斜面の道がジャンクビリ。歩く人がいなくなり、草木に埋もれていましたが、地元の人達が復活させたのです。

                    かつてのバーキ屋。



                    商品を入れるのもバーキ。



                    運ぶのもバーキ。



                    バーキはいくらでも必要でした。


                    ここは小谷集落のタカンリ。毛あしびの場所だったそうです。





                    ジャンクビリの入口はその裏手にありました。



                    沖縄ではジュゴンをジャンと呼ぶので、ジャンクビリはジュゴンが見える坂道の意味かもしれません(が、たぶん違う)。

                    斜面を真っ直ぐに上ります。



                    道が分かれました。



                    正解は直進のはずですが、左も行ってみたい。



                    歩きやすい道です。

                    うわっ!!

                    何ですかね、これは。



                    ガジュマルの根がサキシマスオウみたいになってます。

                    その先は、



                    お墓でした。



                    線香がついたままだったので、さっきまで墓参りの人がいたようです。


                    元の道に戻ります。



                    しかし、何でこう坂道が好きなのかっちゅうことですわ。特に、これまで歩けなかった坂道が歩けると聞けば、歩かないと申し訳ない。

                    話は変わりますが、今日のNHK沖縄はブラタモリ5本立て(笑)

                    長崎だけ観ましたが、タモさんが言うには「坂道が大好きで、平らなところには何の興味も無い」と。

                    そんな人を「段サー」と呼ぶそうで、先日のikokaさんのコメントがよくわかりました。


                    ジャンクビリに戻ります。



                    お墓との分岐の後は、やはり歩く人が少ないのでしょう。再度、自然に戻りつつあります。

                    地面には石畳のように石が埋まっていますが、これは滑り止めですね。





                    おお。大城の歩道橋が見えました。



                    坂の上に到着です。



                    この歩道橋は、ユインチホテルの前の道を北に1、2キロの所にあり、景色が良いことで有名です。



                    ジャンクビリの入口は車道と歩道橋の間を入ったところです。

                    そして、歩道橋からの眺め。




                    上った坂道は下りないといけません。

                    これはあまり楽しくありません。ただ下りるだけ。

                    向こうにゴールが見えてきて、



                    あと少し。



                    到着しました。




                    上りが寄り道も入れて15分。下りが5分でした。

                    小谷集落と右上に歩道橋。奥にユインチホテル。




                    なお、ジャンクビリはくびれてませんでした。


                    何処のグスクか?

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      ここは那覇市内某所。初めて見る城壁です。



                      城内への入口。



                      正面から。



                      城壁が描くカーブ。



                      さて、ここは何処?




                      これはグスクの城壁ではなく、金城ダムの展望広場です。




                      オーバースペックとちゃいますか?

                      金城ダムは堰堤の上を歩くことができて、その先には展示室があります。ダム湖を一周する遊歩道があり、東屋風の展望台が数ヶ所。

                      それで充分でしょ。


                      そこに城壁風の展望広場を造る必然性がありません。かつて、この場所にグスクがあったなんて、聞いたことがありませんからね。



                      こんなお金があるのなら、ヒジ川ビラの石畳道を補修するとか、ヒジ川橋の除草をするとか、ヒジ川橋から識名園までの道を整備するとか、元からあったものを維持することに使っていただきたい。

                      ほんまに、沖縄の行政は破壊と新築が大好きで、今あるものを維持しようとしません。

                      この城壁風展望広場を訪れた人に何を語ればよいのか。私は何も思い付きませんよ。


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM