マクバで「なにしとんねん」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    某青果店からマックスバリュの牧志店まで1.8キロで、壺川店も1.8キロ。ひめゆり通りを北上するか、南下するかの違いで、交通事情もほぼ同じ。

    ところが、私の利用頻度は9:1で牧志店。やはり、店のスタッフに顔なじみが増えるとなにかと便利ですからね。


    (1)牧志店

    例えば、牧志店でヨーグルト30個とキャンディチーズ15パックを買うとします。

    棚に並べる前のヨーグルトは10個入りのハードケースに入ってますから、そのケースをカートに3段重ねで置き、その上にキャンディチーズが入った買物カゴを置きます。ソロソロと慎重にカートを押し、レジに到着です。

    そして、精算用にヨーグルト1個とキャンディチーズ1パックをレジ台に置き、

    「ヨーグルト30とチーズ15ね。」

    と数量を申告するのです。

    すると、顔なじみのレジの女性が、ヨーグルトとキャンディチーズをそれぞれスキャンし、私が申告した数量を入力します。

    「8,220円です。いつもありがとうございます。」

    楽勝じゃないですか。効率の良いこと、この上なしです。

    もちろんイオン的にはルール違反でしょうが、そこは曲げていただき、いつも感謝しております。


    このレジの女性が、精算用のヨーグルト1個とキャンディチーズ1パックをビニール袋に入れてくれました。袋の口を結んで、イオンのテープを貼って、

    店「はい、ありがとうございます。」

    C「なにしとんねん(笑)」

    店「はっ!!、なっ、何してるんだろ私(笑)」

    C「(笑)」


    (2)壺川店

    一方、ほとんどなじみの無い壺川店。

    1リットルのオレンジジュース12パックを買うと、レジの女性が、

    「袋詰めをお願いします。」

    と言うので、

    「はい、カゴで下さい。」

    と答えました。

    私は、オレンジジュース12パックを玉ネギ箱に投げ込むだけですから、何の問題もありません。お互い忙しいのですから、効率優先でいきましょう。

    ところが、その女性がオレンジジュースを一つずつ数えながら、右のカゴから左のカゴに移し始めたのです。

    C「なにしとんねん。」

    店「別のカゴに移しながら精算するのがルールです。」

    C「じゃあ、右のカゴと左のカゴの位置を入れ替えたらいいじゃん。結果は同じでしょ。」

    店「それでは本数が。」

    C「オレンジジュースはカゴの中で3行4列に並んでるから、見た瞬間12本。」

    店「も〜、お黙りなさいっ!!」

    ってなるに決まっているので、私は黙っていました。

    て言うか、別のカゴに移すのがルールなら、左のカゴの位置に、私の玉ネギ箱を置いてくれたらいいのにねぇ。


    ちょっとナイスな反応

    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      おもろまちにあるハローワーク那覇。

      失業率が高い沖縄ですから、駐車場に入りきれない車が路上に並び、ホールも混雑。手続きに時間がかかり、対応する職員は常に忙しそうです。

      20120206104152_0.jpg

      そもそも職を失った人達が集まっているわけですから、機嫌が良いはずがありません。

      ホールは、

      「え〜、いつまで待たすかなぁ。」

      みたいな雰囲気になります。


      駐車場やホールの広さ、職員の数、いずれも足らないのですから、そもそも、求職者数の見積もりが甘かったということ。ハローワークの建設申請に、承認の印鑑を押した偉いさんが悪い。

      そんな環境にありながら、職員はなんとか仕事をこなしているのですから、彼らに文句を言うのは筋違いというものです。


      ある日、やっと順番がまわってきたおっさんが、偉そうに、こう言いました。

      おっさん「いつもいつも待たせてから、どういうつもりね。」

      女性職員「申し訳ございません。すぐに終わりますから。」

      お「あっきさみよ〜な。それがまた腹立つわけさ。30分も待たせてから。」

      職「はい終わりました。次回は来月20日にお越し下さい。」

      お「だいたい。人数が足らないんだよ。あれっ、俺を雇えば楽になるさ。え?、どうね。俺は事務ができるよ。」

      職「はぁ?。公務員試験を受けてから、相談しましょうね。はい、次のかた。」


      ぐうの音も出ないおっさんは、スゴスゴと帰っていったのでありました。

      ナ〜イス!!(笑)


      知らんよ、そんなん

      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        (1)宮古人(ミャークビトゥ)との会話

        宮「方言を教えようね。」

        C「おう、どんな?」

        宮「ニカガ、ウェーダー、ビーブル」

        C「タガログ語かっ!!」

        宮「どうね。」

        C「知るかっ!!。何年考えてもわからんわ。」

        宮「フフフ。」

        C「で、何て言ったの。」

        宮「ネコがネズミを・・・」

        C「(笑)」

        宮「追いかけている。フフフ。」

        C「(笑)。おまえな、もっと役に立つことを・・。」

        多良間の方言だそうです(笑)。


        (2)駐車場の貼り紙

        ある保育園の駐車場です。



        園児を送迎する父兄用の駐車場は別にあり、ここを使うのは職員と私。

        「どういうことなのか。」

        「あっ、俺に言ってくれてんの?」

        「わかった、わかった。ありがとう。」


        (3)折り返します

        C「もしもし、領収書が違ってるみたいよ。」

        女性職員「あら、そうなんですか。」

        C「注文は300gで、さっき真っ黒いおじさんが受け取ったのも300g。それで、領収書が600gなの。」

        女「そうですが。上司に確認して折り返します。」

        C「何を?」

        女「はぁ?」

        C「領収書の発行者は貴女でしょ。」

        女「はい。」

        C「で、上司に何を確認するの。」

        女「いえ、先ほどの内容を確認して・・・。」

        C「後ろの棚に、注文書の綴りと領収書の控えの綴りがあるでしょ。知らんけど。それを左右に置きなさい。」

        女「注文書の棚は前です。」

        C「あら、そう。」

        女「やっぱり、折り返しますね。」

        沖縄に来て以来、この「折り返します攻撃」に何度ウンザリしたことか。

        そして、電話がかかってきて、次に支払の相殺手順を問えば、また「折り返します。」

        職場で漂ってるだけなら、「沖縄の賃金は安い」なんて言うな。

        ってぇの!!


        (4)相棒のA

        その真っ黒いおじさんは、ブツブツ言いながらも、元気に仕事をしています。

        A「%*(^o^K#@6+・・。」

        C「俺に話かけてんのか?」

        A「いや、違うけろ。」

        C「なんや、独り言かいな。」

        A「いま、何をしようとしたんだったかな(笑)。」

        C「商品を引き取る時には、ちゃんと領収書を見てよね。」

        A「あっ、そうらった。市場の請求書をオヤジに渡さないと。」

        C「・・・・。」


        伊良部大橋、今日開通

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋が今日開通です。



          全長3540メートル。古宇利大橋が1960メートルですから、2倍近い長さです。古宇利大橋は「無料橋で最長」の座を明け渡しましたね。


          一方、フェリーは今日が最終運行の日。



          宮古出身の女性が、先日、島に帰った時の話です。

          「橋ができるまでに、フェリーに乗っとこうかぁ。」

          「うん、乗っとこうやぁ。」

          ってことになり、兄弟夫婦やその子供、計8人が2台の乗用車に分乗して、出発したそうです。


          リーダー格のニィニィが、フェリーの乗船券売り場で、

          ニィニィ「車2台ね。」

          フェリー「はい、車2台。人数は?」

          ニ「人数は、え〜っと、よっ、四人!!」

          フ「はい、じゃあ、これで乗船して下さい。」

          となりました。乗船券のチェックは無かったそうです。


          得意顔のニィニィ。

          ニィニィ「橋ができるからよ。やる気無さそうに見えたわけよねぇ(笑)。フッフーン、半額やし。」

          ネェネェ「そう思ったんなら、『一人です』って言いなさいよ。」

          ニ「馬鹿かお前は(笑)。車2台で一人って、どうすんだ。」

          ネ「だったら二人さ。」

          ニ「そっ、それはあんまりだろ!!」

          ネ「ふん、いつまでたっても中途半端な男だね。」


          帰りの便では、乗船券のチェックがあるんじゃないかと、一人で心配するニィニィと、そうなることを、ひそかに期待する他の7人。

          「無くしました。」って言えばいいさ。と、ニィニィは独り言を言ってたそうです(笑)。


          お節介はおやめなさい

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            (1)某スーパーで、保育園へ納品するヨーグルト16パックを買い、いつものように、買い物カゴからタマネギ箱に移していました。

            すると、知らないオバハンが現れて、

            「あれ、そんな買って。安かったの?。食べきれるの?。」と。


            (2)保育園への配達で、オンボロワゴンを駐車場に入れようとしました。



            駐車場の天井は2メートル。オンボロワゴンの車高は1.9メートル。その差が10センチだろうが、1センチだろうが、通るものは通ります。

            すると、知らないオジィが現れて、

            「あれっ!!。なにしてるっ!!。あぶないからやめれっ!!。絶対ダメ、ダメ。やめれっ!!。」と。


            (3)某青果店のお母さんが、胡麻ドレッシングを買ってこいと言うてます。

            C「上等から順に3通りあるけど、どれにする?。」

            母「上等にしてちょうだい。」

            C「上等胡麻ドレ1本ね。オッケー!!。」

            母「わからなかったら、お店の人に『胡麻ドレッシング下さい。』って言うのよ。」

            C「(笑)」


            はいはい。わかっております。皆さん、善意のカタマリ。悪気なんてありません。

            しかし、軽くむかつく(笑)。


            これは、自分(だけ)のメジャーで相手(ここでは私)を測ることに対する反発。

            「お節介はおやめなさい。」と言いたい。

            また、こんな人が沖縄には多い(笑)。


            多くのウチナーンチュが善意の人であることは事実で、私は何度もその善意に助けられています。

            つまり、ウチナーンチュの善意を山に例えれば、高い山を形成するには、広い裾野が必要ってこと。

            よって私は、山の五合目あたりから上には感謝し、裾野の部分には軽くむかつくことになるわけです。


            う〜む。

            最後の数行はウチナーンチュに対するフォローのつもりだが、そうはなっていないか?。

            しゃあないわな。むかついてるんやから(笑)。


            ウチナーンチュは「契約」が苦手なの

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              引越しが終わりました。今夜から「新居」でブログを更新します。


              ナイチも似たようなものかもしれませんが、ウチナーンチュは「契約すること」を軽く見る傾向があります。

              人間関係を重視する土地柄なので、書面で約束する文化が育たないのではないかと思いますね。

              日常生活で、契約書をきちんと見る機会は少ないのですが、あるとすれば、雇用か賃貸借でしょうか。

              私の勤務先である某青果店には、そもそも雇用契約書がありません。だから、これは論外ですねぇ。

              そして今回、アパートの賃貸借契約を交わしましたが、まあそれは、契約書とは言えないシロモノでした。


              不動産屋「ではこれから、賃貸借契約書の条項を確認いただきます。ご面倒とは思いますが、大切なことなので、よろしくお願い致します。」

              C「はい、こちらこそ。」

              不「契約期間は2年です。2年後に契約を更新する場合、再契約金として1万円が必要です。」

              C「それは何の対価なの?」

              不「契約を更新する際は、再契約金をいただくことになっていますから。」

              C「だから、何の対価かって聞いてるの。2年も住んで、更に住むって言うのなら、大家さんからお礼をいただきたいくらいだけど。」

              不「でも法律で決まってますから。」

              C「嘘つけ。どんな法律よ(笑)。」

              不「困りましたね。でも、2年以内に転居される場合、再契約金は不要です。」

              C「貴女。再契約金が何かを知らないでしょ。それを知らなくて、私を納得させることは無理ですよ。」

              不「これは宿題にさせて下さい。」

              C「いいよ。」

              不「次に、退去時には、部屋の原状回復をお願いします。破損箇所があれば修理費用を負担いただくことがあります。」

              C「破損箇所はいくつもあるようだけど、それはいつ修理してくれるの?」

              不「原状でお願いします。」

              C「それで、私の退去時には修理せよと(笑)。」

              不「じゃあ、大家さんと相談します。」

              C「ねえ。今日の契約は無理じゃないの?」

              不「一応、最後までお願いします。退去時には鍵を返却いただきますが、鍵がマスターキーでない場合、鍵の付け替え費用を負担いただきます。」

              C「この鍵はコピーのようだけど。」

              不「あれ、そうですね。では、この鍵で結構です。」

              C「ダメじゃん。前の住人が鍵を返してないってことでしょ。貴女が結構でも、私がお断りです。」

              不「困りましたね。」

              C「困ってるのは私です。」

              不「では、契約は次回にしましょう。仲介手数料などの領収書は、今日、お渡しします。」

              C「そりゃそうでしょ。払ったんですから。」

              不「そうでした。すみません。他に何かありますか?」

              C「他に何かって、何も決まってないのに。」

              不「なかなかむつかしい方ですね。」

              C「契約書は大切だと言ったのは貴女でしたよね。」

              不「はい。」

              C「だったら、もっと真面目にやって下さいな。」

              不「わかりました。」


              100均ショップでの会話

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                iPhoneの充電コードが接触不良で、充電ができなくなりました。仕方なく、国場川の向こうにある、某100均ショップ「D」へ向かいました。

                C「この充電コードはiPhone4Sに使えるかな?」



                店「これはiPod用ですから使えません。」

                C「ふざけんなよ。適合機種にiPhoneって書いてあるだろ。知りたいのは、iPhone4Sに使えるかどうかなの。」

                店「わかりました。少々お待ち下さい。」

                5分後。

                店「お客様。このコードはiPhoneの新しい機種には使えないようです。だから、4Sは使えないようです。」

                C「ようですって何。誰かがそう言ったの?」

                店「はい、店長が。」

                C「あのな。貴方や店長の意見を聞いてるんじゃないんだから、ちゃんと調べてよ。」

                店「少々お待ち下さい。」

                また、5分後。

                店「調べるのに時間がかかりますから、連絡先を教えて下さい。」

                C「出直して来いってことか?」

                店「いえ、調べたらご連絡しますので、」

                C「出直して来い、じゃん。裏にメーカーが書いてあるだろ。そこに連絡してよ。大創産業。なぁんだ、貴方の会社じゃない。」

                またまた、5分後。

                店「それが、本当のメーカーはそこじゃないみたいです。」

                C「はあ、つまり、チャイナなのね(笑)。じゃあ、こうしよう。このコードを買うから、その後で、充電できるかどうか試してくれるかな。」

                店「すみません。パソコンが無いんです。」

                C「パソコンが無いわけないだろ。」

                店「そんなテストをするパソコンはありません。」

                C「そもそも、扱い商品のスペックを知らないことが問題だってことはわかってる?」

                店「はい。」

                C「だったら協力して。」

                店「もう、勘弁して下さい。」

                C「客と店長との間を3往復したものね。」

                店「はい。」

                C「それは貴方のせいでしょ。店長の側に立つなら、もっと合理的な説明ができないと。客の側に立つなら、客が満足できる内容で、店長を説得しないと。貴方がどちらかに決めていれば、一往復で終わったはずよ。」

                客「わかりました。少々お待ち下さい。」

                さらに、5分後。

                店「お客様のiPhoneを貸していただけますか。」

                C「いいよ。どうするの?」

                店「事務所でテストしてきます。」

                C「おお、そうなの。じゃあ買うよ。」

                店「いえ、結構です。」

                C「買うまでパッケージから出せないんだろ。」

                店「いえ、店長が了解しましたので。」

                C「ほ〜。客の側に立ってくれたのね。ありがとう。」

                最後の、5分後。

                店「お待たせしました。充電できました。」

                C「そりゃあ良かった。やっと帰れるな。ありがとう。」

                店「ありがとうございました。」


                相性悪くてゴメン

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  どうも私は、スーパーマーケットの店員や電話交換手たちと相性が悪いようで、ゴメンなさい。

                  例えば、

                  C「このソフトプルーンは、何個入ってますかね。140個欲しいんだけど。」



                  店「さあ。140グラム入りですから、一つ10グラムなら14個ですね。」

                  C「(笑)」

                  店「何か可笑しかったですか?」

                  C「いや、一つ7グラムなら20個だなぁ、と思って。」

                  店「・・・」

                  C「一袋、破りましょう。140個分、必ず買いますから。」

                  店「そうですか。ではまず一袋お買い求め下さい。レジで料金をお支払いいただいて、それから破って下さい。」

                  C「それから売り場に戻って、必要な分をまた買えと。」

                  店「はい。」

                  C「ふざけんなよ。」


                  こんなこともありました。

                  C「中華イカについて聞きたいことがあるんだけど。」

                  交「はぁ、中華イカですか。それはどんなイカでしょう。売り場はどこですか?」

                  C「それを私が知りたいの。」

                  交「そう言われましても。」

                  C「じゃあ、とりあえず、鮮魚コーナーに繋いで。」

                  交「お繋ぎします。」

                  店「はい。惣菜コーナーです。」

                  C「(笑)」

                  店「中華イカですか。惣菜コーナーにはありませんけど。」

                  C「じゃあ、どこにあるの?」

                  店「さあ。」

                  C「鮮魚コーナーに回してくれる?」

                  店「できないんです。」

                  C「えっ?そうなの。じゃあ、交換手に戻して。」

                  店「それもできないんですけど。」

                  C「うへ〜!!どうすりゃあいいの。」

                  店「もう一度、おかけ直し下さい。」

                  C「はあ?正直言って悪いけど、おたくの交換手さん、商品知識無いのよ。」

                  店「はあ。」

                  C「で、アタリが出るまで、カードを引けと。」

                  店「ちょっと、意味が。」

                  C「わかった。じゃあね。」


                  話はまったく変わりますが、今、読者のおもろさんと旭橋で呑んでます。

                  はい。この方です。



                  このブログの月間ページビューが10万件に達したら、那覇でパーティを開く約束をしました。

                  読者の皆さま。そのアカツキには。

                  ご参集のほど。よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m


                  無名ウチナーンチュのお言葉、いろいろ

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    いずれも、お言葉の後に

                    C「(笑)」

                    が入ります。



                    (1)古波蔵のスナックMで、豊満美熟女のひと言

                    「オッパイやお尻は許す。だけどお腹だけはイヤ。それだけはヤメテ。って感じなの。」



                    (2)同じくスナックMで、電気屋ぁと女の子の会話

                    「ウチの事務所のヨコに、ちょっと土があるさぁ。あそこに、トウガラシを植えたからね。それをシマーに漬けて・・・」

                    「あら、プチトマトもお願いよ。」



                    (3)農連市場の某青果店で、相棒Aのひとり言

                    「今朝のレタスはらめらったね。オヤジには『ヤナーコウヤー』って言われるしよ・・・。らめらったね。」



                    (4)同じく某青果店で、長女Aのひと言

                    「ちょっと!!アタシに話しかけてんの。ひとり言ね。どっちね!!」



                    (5)同じく某青果店で、お母さんのひと言、ふた言

                    「バナナが足りなくて、スーパーで買ったぁ?!高いのに。市場でケースでとりなさい。ケースで。デ〜ジど!!」

                    「バナナがこんなに余ったぁ?!だから、足りない分はスーパーで買いなさい。スーパーで。デ〜ジど!!」



                    (6)同じく農連市場で、知念精肉店への電話

                    「はぁ〜い、知念でぇ〜す。」

                    「はっ、その声は。」

                    「エヘヘ〜、おばあちゃんで〜す。アッハッハ〜〜!!」


                    沖縄の良いところでもあり、悪いところでもある

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      沖縄のある企業が不祥事を起こし、社長(72)、副社長(71)、専務(66)が引責辞任しました。未確認ですが副社長は社長の奥様、専務は弟さんだと思います。

                      そして、社長の長男(46)が新たに社長となりました。経営陣を一新し、法令遵守の企業として生まれ変わるはずでした。

                      しかし、沖縄の感覚では、これは単なる登記変更に過ぎず、経営の実権は長男に移ってはいないだろうな、と想像できます。

                      つまり、その企業の体質は何も変わっていないのです。

                      高齢者が元気な沖縄で、「人生は60歳から」と考えている方は普通にいます。また、その息子には親を敬う気持ちがあります。いずれも沖縄の良いところです。


                      ところが、見方を変えると、70歳を過ぎても「自分の知力は確かだ」と勘違いしている父親がいて、40歳を過ぎても自立できない無責任な息子がいるわけです。

                      これは、沖縄の悪いところと言えますね。

                      極論かもしれませんが、沖縄の経済振興がいつまで経っても勢いを持たない遠因が、このことにあるのではと思ってしまいます。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM