アマミノクロウサギは元気にしてるのか

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    政府は「奄美大島、徳之島、沖縄本島北部、ならびに西表島」をユネスコの世界自然遺産に推薦(再推薦)することを決めました。

     

    アマミノクロウサギ、ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコ。厳しい環境の中、よく生き抜いてきたものです。

     

     

    奄美大島のマングースは完全駆除が間近だそうです。かつては1万匹はいると言われてたものが、一昨年の駆除数が10匹で昨年が1匹。マングースを持ち込んだ私達人間は、どうにか一つの責任を果たしました。

     

    クロウサギにとって新たな脅威はノラネコと交通事故。ヤンバルクイナと同じですね。ノラネコは人間が捨てたものなので、これらもまた人間の責任です。

     

     

    さて、クロウサギは徳之島にもいるそうです。

     

    徳之島は南北に森があり、それぞれにクロウサギが住んでいますが、最近の研究により、両者が一切交わっていないことが分かりました。しかも過去数千年にわたって。

     

     

    南北の森の端っこはわずか1km離れているだけ。広い道路が通ったり、人間が住んだりで分断されたのなら納得しますが、過去数千年って、どういうことなんでしょ。

     

     

    琉球弧の島々が島になったのが100万年前。島に取り残されたクロウサギは、以来、島の固有種として生き延びてきました。人間はと言えば、沖縄本島で1〜3万年前の骨が発掘されている程度ですから、クロウサギにとって、人間が現れたのつい最近のことです。

     

    沖縄の古代史に縄文時代や弥生時代は無く、両方合わせて貝塚時代。農耕を始めたのは、アマミキヨが沖縄に降臨した(?)以降なので、2千年ほど前のことです。だから、数千年前の徳之島には、南北の森を分断するような畑はありませんでした。

     

     

    貝塚時代の沖縄で、人間は狩猟で生活をしていました。貝を装飾品としてヤマトと交易していたそうですから(貝の道)、それなりの社会は形成されていたんでしょう。黒潮に乗って貝を運ぶのはいいとして、帰りはどうしたんでしょうね(^^)

     

    結局、私の知識では徳之島のクロウサギが南北に分断された理由は見当もつきません。でもまあ、100万年も島で暮らしているクロウサギを絶滅危惧種に追い込んだのは人間です。数千年前にクロウサギにとってよくないことが起きたのなら、それは人間が何かをやらかしたような気がします。


    大宜味村の猪垣(2)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      猪垣に切れ目があると、そこから猪が侵入します。だから、猪垣の先端は海に突っ込ませるか、延々と繋げるかのいずれか。ヤンバル西海岸の猪垣は、大宜味村から国頭村の辺戸岬近くまで繋がっていたようです。総延長距離は40km。

       

      驚きますねぇ。広い畑に何を植えていたんでしょう。

       

       

      1605年に中国へ渡り、沖縄にサツマイモの苗を持ち帰ったのは野国総管でした。総管は進貢船乗組員の役職名です。

       

      サツマイモの栽培はまたたく間に、沖縄全島に広まりました。ヤンバルに猪垣が築かれたのはその頃だと言われています。今から400年も前のことです。

       

      ウチナーンチュはサツマイモを気に入り、以降、それを主食にしました。て言うか、それ以前は何が主食だったのか思いつきません。そして、ウチナーンチュ以上にサツマイモを「たまらん美味い」と思ったのは猪でした(笑)

       

       

      今、大宜味村に残る猪垣は、その頃に築かれたもの。以降、何度も改修を受けていますから、石はほとんど入れ替わったでしょう。最後の改修は、戦中、戦後の食料難の時期でしたから、今の猪垣は80年ほど前のものと言えます。

       

       

      私が沖縄に来た頃、新聞に載った100年前の猪垣

       

       

      この猪垣は国頭村奥集落の山中に現存しています。何とか場所を特定して、次の機会に訪ねるつもりです。

       

       

      猪垣に満足し登山口に戻ったら、そこに立っていたのは夫婦喧嘩した奥さんでした。

       

      C「あらまぁ、大変でしたね(笑)」

       

      奥「私、夫に捨てられちゃいました」

       

      C「アハハ。二人で同じこと言ってる(笑)。旦那さんは塩屋富士に向かわれましたよ」

       

      奥「笑味の店でお昼ご飯の予定なんですけど、どうなっちゃうんでしょ(笑)」

       

      C「うわっ、携帯が繋がってる間に待ち合わせ場所を決めないと。旦那さんはイギミハキンジョウに出て来ますから、そこで待つか、こちらへ戻って来いと言うか」

       

      奥「そうですね。まったく何であんなに一生懸命なんだか」

       

      C「(笑)」

       

       

      イギミは大宜味。ハキンジョウは猪垣を抜ける時の門です。

       

       

      イギミハキンジョウにも展望台があり、大宜味村の海岸からオクマビーチあたりまでの眺めが得られます。

       

      (終わり)


      大宜味村の猪垣(1)

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        休みを取ってヤンバルに来ています。

         

        写真は、塩屋湾北岸の斜面中腹にある六田原展望台からの眺め。手前が塩屋湾で、奥に本部半島。その右手に古宇利島、古宇利大橋の先に伊江島が見えます。

         

         

        展望台の裏山には古い猪垣(シシガキ)が残っていて、その猪垣に沿って散策道が整備されています。

         

        森の入口に設置された案内板と手前にイノシシ。

         

         

        森に入りました。

         

         

        階段が急なこと。キツいわぁ、これ(^^)

         

         

        20、30分登った所で、私と同年代の夫婦が喧嘩してました(笑)。気まずい空気の中、夫婦を追い越し、休憩所で水筒のコーヒーを飲んでいると、旦那が一人で登って来ました。(入口からここまで600m)

         

         

        旦那「いやぁ、捨てられちゃいました」

         

        C「あらぁ、奥さんは引き返されたんですか」

         

        旦那「ええ。でもせっかく来たんだから、もう少し歩きたいし」

         

        C「塩屋富士まで、ここで半分くらいですよ」

         

        旦那「そうですか。じゃあ、そこまでは行こうかな」

         

        気楽な森の散歩を予想していた奥さんが「話が違うじゃないのっ!!」。で、旦那が「じゃあ、お前は引き返せっ!!」(笑)

         

         

        延々と続く猪垣。大宜味村ではヤマシシガキと呼ぶようです。

         

         

        「よく築いたなあ」と言うほかありません。先人の苦労には頭が下がります。

         

         

        大宜味村の猪垣は塩屋湾の最深部を起点に、西海岸の根路銘まで約4キロ続いていました。その大半は開発などにより失われましたが、塩屋富士周辺の山中に、やや崩れながらも残っています。

         

         

        ところで皆さん。山奥に築かれた猪垣を見て、「こんな山奥じゃなくて、もっと畑の近くにあればよかったんじゃないの?」と思われたかもしれません。それでは発想が逆。ここまでが畑だったんです。

         

         

        次の写真はヤンバル西海岸の風景。

         

         

        このあたりの集落は次のような要素で構成されています。

         

        海から順に、リーフ、イノー、浜、防風林、集落、道路、水田、畑、段々畑、焼畑、猪垣。猪垣の向こうを奥山と呼びました。

         

        琉球王朝の時代。王府(その背後の薩摩)から酷税を課せられたため、農民はできるだけの作物を植え、収穫するしかなかったということ。

         

        上の写真の尾根のやや下に、延々と猪垣が築かれました。猪垣までが畑だった頃、海から見ると山の尾根に連なる猪垣が、万里の長城のように見えたそうです。

         

        (続く)


        そもそも珊瑚って移植できるのか?(3)

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          投稿が長くなってしまったので、そろそろ私の結論に入ります。

           

          「そもそも珊瑚って移植できるのか?」

           

          この投稿はNHKの日曜討論で、「辺野古の基地建設について、沖縄県民の理解をどう得るのか」の問いに対して、安倍首相が、普天間飛行場の危険回避を述べると共に、土砂が投入されている辺野古の映像を示しつつ「あそこの珊瑚は移してる」と発言したことが発端です。

           

           

          「あそこの珊瑚は移してる」の後は、口にはしませんでしたが「だから(珊瑚は)大丈夫」と続くのだと思います。

           

          植え付けした養殖サンゴの生存率は30%。これを基に「珊瑚は移植できる」と言えるか否かは議論の内容によりますが、少なくとも「大丈夫」とは言えない数値です。

           

          安倍首相は「あそこの珊瑚は移した」と間違った発言をした上に、移植によって「珊瑚は大丈夫」と重ねて間違いを犯しました。つまり、「沖縄県民の理解をどう得るのか」という問いに答えようとせず、適切・適法に埋め立てを進めているということを、間違った説明で、自分の支持者達にPRしたってこと。

           

           

          なお、植え付けと移植は異なります。植え付けは育成施設で養生した珊瑚を海に戻すもの。一方、移植は、やむを得ず珊瑚の場所を移動させるもので、珊瑚を増やしたり珊瑚礁を修復することではありません。

           

          菅官房長官は「環境監視等委員会の指導、助言を得ながら自然環境や住民の生活環境に最大限配慮し、工事を進めている」と述べましたが、これも「だから(珊瑚は)大丈夫」。

           

          埋め立ての免罪符になる水準で、珊瑚を移植することは無理なんです。

           

          (終わり)


          そもそも珊瑚って移植できるのか?(2)

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            幻想的な珊瑚の産卵。運良く目撃できたダイバーは思わず涙ぐんでしまうそうです(^^)

             

             

            初夏の満月の夜(の前後)、シュノーケルで海面にプカプカ浮かんでるオヤジは想像できませんから、私には縁が無い光景でしょう。

             

            このブログでは、私を「Cさん」と呼んでもらってます。これはハンドルネームであるcoralway(珊瑚の道)のC。琉球王朝時代、主要な街道には珊瑚(の死骸)が撒かれ、石畳道の次に上等な舗装が施されました。

             

             

            産卵されたバンドルは、卵と精子のかたまり。海を漂う数日の間に、同種の珊瑚のバンドルと出会って受精し、プラヌラ(幼生)になります。DNAの調査により、沖縄本島に生息する珊瑚の多くは、慶良間の珊瑚から産まれたプラヌラが着床したものだと判明しています。慶良間の海が珊瑚の供給装置になっているんですね。

             

            海を漂うプラヌラは、単にプカプカしてるのではなく、珊瑚が暮らせる環境を認識し、そこへ着床するそうです。最近の研究で、着床すべき場所を知らせるシグナルが、自然界に存在することが明らかになっています。

             

             

            遠い昔に、珊瑚はイソギンチャクから分岐し、これまでタフに生きぬいてきました。台風に揉みくちゃにされようが、鬼ヒトデに食われようが、相手が自然ならば珊瑚が減ることはありませんでした。

             

            現在、珊瑚がどんどん減少しているのは、人間から直接(赤土の流出など)、間接(温暖化など)に、ダメージを受け続けていることによります。

             

             

            さて、沖縄では珊瑚の養殖が盛んに行われています。珊瑚の断片、または珊瑚の幼生を採取し、育成施設で養生した後に海に植え付けます。その時、珊瑚の生存率は30%程度とのこと。現在の方法で珊瑚の減少に歯止めをかけることができると考える研究者は一人もいないそうです。

             

            では何の為の養殖かと言えば、まず、珊瑚が生息するメカニズムを解明し、植え付けた珊瑚の生存率を上げること。次に、植え付けた珊瑚が活発に産卵し、珊瑚自らが増殖する環境を作ること。ところが、それを邪魔しているのが人間です。

             

            結局、珊瑚にダメージを与えている人間の行為を改めない限り、珊瑚は増えないのです。

             

            (続く)


            そもそも珊瑚って移植できるのか?(1)

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル 

               

              日曜日のテレビ番組で、安倍首相は、土砂が投入されている辺野古の映像を示しつつ、「あそこの珊瑚は移してる」と発言しました。

               

               

              これは間違いで、現在、埋め立てが行われている区画の珊瑚は移植されていません。

               

              間違いと知りつつ印象操作を狙ったものか、事実誤認だったのか。いずれにせよ、首相が全国放送で発言する内容ではありませんでした。番組のプロデューサーは役目を果たせと言いたい。

               

              菅官房長官は「首相が『あそこ』って言ったのは、土砂を投入している区画ではなくて、辺野古の埋め立て区域全体を指してる」みたいなことを言ってましたが、首相の尻拭い役は大変です。

               

               

              沖縄県も沖縄防衛局も、辺野古の埋め立てには数万群体の珊瑚を移植する必要を認めていて、これまでに沖縄防衛局はオキナワハマサンゴ(絶滅危惧種)9群体を移植しています。もちろん、土砂が投入されていない区画の話です。

               

               

              写真は9群体のオキナワハマサンゴの一つ。群体と呼んではいますが、2cmほどの小さな珊瑚です。一部が白化していますが生きています。

               

               

              そのオキナワハマサンゴを移植するにあたり、防衛局を指導しているのが12名の有識者で構成される環境監視等委員会。工事が環境に与える影響を第三者の立場で監視することが役目です。

               

              ところがこの委員会。環境監視どころか、国が工事を進めることにお墨付きを与えることが仕事のようです。

               

              同委員会の副委員長を務めた東清ニ氏(琉球大学名誉教授)は、昨年4月、他の委員2名と共に委員を辞職し、その理由を「環境保全を最優先とした科学的な検証や議論を避け、いかに基地建設を推し進めるかという点に注力した委員会の姿勢に耐えられない」としました。

               

              さらに沖縄県は、辺野古の埋め立て承認を撤回した理由の一つとして「サンゴやジュゴンなどの環境保全に問題がある」ことを挙げています。

               

               

              防衛局は珊瑚の繁殖期(5〜7月)を避けるとし、昨年4月にオキナワハマサンゴの移植を予定しましたが、専門家からは、繁殖期直前の「臨月」にあたる時期に移植するなんてとんでもないと非難されました。そして、移植を実行したのが、水温が高く移植に向かないとされている夏期の昨年7月。

               

              いずれも8月の土砂投入を念頭に置いたものですが、それらの行為に「いいでしょう」と言った(言わされた)のが環境監視等委員会でした。

               

              (続く)


              宮古島の妖怪「片足ピンザ」

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                糸満市の南部畜産市場では、月に1度、山羊のセリが行われています。

                 

                 

                キロ単価が1,300円くらいだそうで、体重60キロの成獣なら一頭7万8千円てこと。

                 

                 

                山羊の肉には滋養がありすぎて、高血圧症の心配があるとされていましたが、最近の研究で「そんなことはない」ことが分かり、人気再上昇中。私の身近にもヒージャージョーグや隠れジョーグが沢山いますから、沖縄の山羊肉需要はまだまだ衰えることはないでしょう。

                 

                私も山羊の刺身は好物で、臭いも気になりません。「山羊肉は嫌い」と言う観光客の皆さんは、店選びを間違えた可能性があります。ウチナーンチュから評判を聞いて、正しい店でリトライしていただきたい。それほど、山羊肉の味は店によります。

                 

                 

                さて、沖縄本島で山羊はヒージャー。宮古ではピンザです。与那国ではピンダ。

                 

                宮古島では山羊の妖怪が出没するそうで、その名は「片足ピンザ」。宮古島某所に実在するガングリユマタ(ガングリ十字路)に片足のピンザが現れ、そいつに頭上をピョ〜ンと飛越えられた人は死んでしまうとのこと。

                 

                宮古の人達は、このようなTシャツを着て、注意喚起しているようです(笑)

                 

                 

                片足ピンザは、主として子供の躾に使われてるようですから、何故片足なのかとか、何故飛越されたら死んでしまうのかなどは、大した問題では無いようです。

                 

                そして、そもそも山羊が妖怪と化した理由は、普段から山羊肉を美味しくいただいてる後ろめたさと言うか、「さぞ恨んでるだろうなぁ」とする心理が影響してるのではないかと(笑)

                 

                 

                「かたあしピンザ」を「かたぱずピンザ」と発音すれば、宮古度がグッとアップします。ただし、宮古の人に聞かせると「ぱもずも微妙に違う」と言われ、真似のできない発音を聞かされることになるでしょう(笑)


                インドにライオンがいたのか

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  ライオンの生息地はアフリカだけかと思ってたら、インドにもいるんですねぇ。昨日まで知りませんでした。61年間も(笑)

                   

                   

                  インドライオンはアフリカライオンに比べて一回り小さく、オスのタテガミが短いのが特徴的だそうです。

                   

                  アフリカライオンは草原に住み、グループで狩をしますが、インドライオンは森に住み、単独で狩をするとのこと。これは獲物の大きさによるもので、インドの草食動物はライオンが単独で仕留められるサイズだってことですね。

                   

                   

                  インドライオンは一時期、20頭まで数を減らしましたが、今は保護されていて、インド北西部のギル国立公園で500頭以上が暮らしているとのこと。いやぁ、良かった良かった。

                   

                   

                  ところで、インドと言えばベンガル虎の生息地。虎はアフリカライオンより更に体格が良いので、インドライオンが虎に出くわすと困ったことになりそうです。

                   

                  一般的にライオンは虎に負けるそうで、これは体格差によるもの。ミドル級がヘビー級に勝てないのと同じです。もちろん個体差はあるでしょうから、「なんやお前かい」みたいな虎なら、インドライオンが勝つこともあるでしょう。ともかく、ギル国立公園に虎はいないそうですから、ライオンも一安心です。

                   

                   

                  考えてみれば、沖縄のシーサーは獅子。つまりライオンです。「アフリカのライオンがはるばる沖縄まで伝わったのか?」となんとなく疑問に思ってましたが、中近東やインドあたりまでライオンがいたのなら、納得です。

                   

                  なお、中近東のライオンは絶滅していて、現在、アフリカ以外の生息地はインドだけです。

                   

                   

                  ところで、アフリカライオンの子殺しは有名です。はぐれオスがプライド(群れ)を乗っ取った時に、前のオスの子供を食い殺す習性。自分の子孫でなければ養わないってことですね。自分がボスになった後に生まれた子供が、我が子なのか前のオトコの子供なのかも判別できるらしいです。恐ろしいことです。

                   

                  その点、インドライオンはたった500頭しかいないのだから「そんなことにこだわってる場合じゃないやろ。ど〜んと広いココロで、我が子と思って育てんかい」と言いたいが、どうなのか(笑)


                  巨大クリスマスツリーのウチアタイ

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    開港150周年を祝い、神戸港を巨大なクリスマスツリーで飾るそうです。(→こちらから)



                    富山県の山中に自生していた樹齢150年の「あすなろの木」を神戸港に移植し、クリスマスツリーとして利用するというもの。イベント終了後には角材に加工し、記念品として販売するそうです。

                    私が神戸市長なら、この企画は丁重にお断りしたでしょう。山の中で150年も生きてきたのなら、そのままにしておけよと思いますからね。


                    ところがね。ウチアタイするのよねぇ。

                    ウチの次女は木造建築をウリにしている建築会社に就職し、同じくらいの樹齢の木を山ごと切り倒してます。ところが、彼女が希望の会社に入れたことをオヤジ(私)は大いに喜びました。

                    また、彼女が在学中に「両親の家を設計する」みたいな課題を出されたことがあり、オヤジは識名園で復元されている王家の別邸みたいな木造平屋建てをリクエストしたものです。


                    話を少し広げると、美ら海水族館の大水槽を泳ぐジンベイは何度見ても飽きることが無いし、石川の闘牛観戦にも出かけました。

                    闘牛は観に行くけど、山羊や犬のタタカイは観なくてもいいかなとか、クリスマスツリーに生の木を買うのは嫌だなとか、私の許容範囲はそんなところです。

                    だから、神戸のクリスマスツリーの主催者はその許容範囲が私より広いのでしょう。つまり、良し悪しではなくて程度の問題なのかもしれません。


                    あすなろの木は神戸に運ばれ、既に会場に植えられたようですから、予定通りクリスマスツリーになり、沢山の人が歓声を上げることでしょう。

                    私はウチアタイしつつ、他の自治体がマネをしないように願うばかりです。


                    だから、猫に餌をやるなってば

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      今日は金曜日。週のうちで配達量が最も少ない日で、朝の仕入れも仕分けも楽勝。準備万端で、相棒のAが市場から帰るのを待ってました。

                      そこへ隣の菓子屋の娘が現れてオイデオイデするので「なんやねん」と近づくと、駐車場で子猫の鳴き声がするが姿が見えないと。



                      これはウチのお父さんの車じゃないですか。子猫の鳴き声はエンジンルームから聞こえていて、ボンネットを開けると、エンジンとボンネットに挟まれた空間に子猫がいました。

                      台風が近づき、沖縄は昨夜から雨です。車の下で雨宿りをして、エンジンルームに潜り込んだんでしょう。ところが、身動きがとれなくなり、鳴いて助けを呼んでいたと。だけど、鳴いてくれて良かったですよ。静かにしていたらどうなったことか。

                      生まれて間も無い子猫で、一人前に私を威嚇するものの、その声は「シャー!!」ではなくて「ヒャ〜!」。首筋をつまんで隣家の軒下に移したところ、まだ歩くのもおぼつかない様子でした。


                      猫にエサをやるなっ!!。ちゅうの。

                      猫にエサをやる人が自宅の台所でゴキブリを見つけたとしますね。

                      「あ〜ら、何かあげようね。ちょと待ちなさい」

                      と言いますか?。

                      そんなことをしたら、家中ゴキブリだらけになるでしょ。猫とゴキブリでは繁殖力が違うと言うのなら、こちらの投稿を読んで欲しい。雌猫一匹が3年後には2千匹ですから、人の出産と同列に考えてはいけません。

                      ゴキブリを出さないために、残飯をきちんと処理して、キッチンを綺麗にしてるでしょ?。それをよそ様の家に来てエサをばら撒き、その後のことは知らん顔。まったくどうかしてますよ。


                      猫が生活するテリトリーは決まっていて、そこで手に入るエサの量に見合う数しか猫は生きられません。その猫が市場で暮らすのはかまわないんです。市場の風景にも似合いますから、可愛いと思えば写真も撮って下さい。

                      ところが、テリトリーの外から持ち込んだエサを与えると猫の数が増え、やがてエサが足りなくなり、淘汰されることになります。

                      事故死や病死、溺死や餓死など死に至る要因は様々でしょうが、必ず所定の数まで弱い順に猫は減るんです。毎日とは言いませんが、毎週のように死んだ猫を目にしますし、姿が見えなくても死んだ猫の腐臭がします。


                      今朝の子猫は明日、明後日の台風の中、生き抜くことができるのか。て言うか、何で私がこんな心配をせなあかんのかっちゅうことですわ。

                      「私一人くらいエサをやったって」などと、馬鹿なことは言わないようにお願いします。猫の命を奪ってるのは貴方なんですよ。


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM