新風会備忘メモ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    普天間飛行場の辺野古移設反対から、容認へ変節した自民党沖縄県連。

    それに反発して自民党を脱退した那覇市議の会派が新風会(旧自民党新風会)です。

    当時、那覇市議会議長の安慶田光男氏を含め12名の市議会派でした。

    そして、新風会は沖縄知事選挙で翁長雄志氏を支持したことから、12名のうち3名が自民党を除名となりました。

    安慶田光男
    金城徹
    仲松寛

    さらに残る9名に、自民党県連から離党勧告が出されました。

    高良正幸
    平良仁一
    山城誠司
    金城眞徳
    知念博
    渡久地政作
    亀島賢二郎
    屋良栄作
    瀬長清

    それに応じたのが瀬長清氏。他の8名は応じず、除名となりました。

    そして、新風会が支持した翁長氏は知事に就任しました。


    その後の衆院選。

    亀島賢二郎、屋良栄作、瀬長清の3氏が新風会を脱退し、うち2名が自民党候補の国場幸之助氏を支持したのです。

    知事選では翁長氏を支持し、衆院選では国場氏を支持する。

    知事選挙と国政選挙では立場が違うのだってことなんでしょうが、その思考ロジックを私は理解できません。


    さて、翁長新知事のもと、市議会議長の安慶田光男氏が副知事に就任し、新風会メンバーは8名となりました。

    那覇市議会では安慶田光男氏の後任となる市議会議長選挙が行われました。新風会会長の金城徹氏と新風会を脱退した屋良栄作氏がともに19票の同数となり、抽選で金城徹氏が議長に就任しました。

    つまり、保守系市議の19名が屋良栄作氏を推し、新風会及び革新系市議の19名が金城徹氏を推したということ。新風会から脱退した3名により、保守系と革新系の市議が同数になったのです。


    金城徹氏の議長就任により、新風会メンバーは7名となりました。

    現在の那覇市議会自民党会派は4名です。

    奥間亮
    金城敏雄
    粟國彰
    久高友弘

    これに、新風会を脱退した3名(無所属)を加えると7名になり、新風会と同数です。

    つまり、那覇市議会は保革同数の上、旧自民党議員は半々に分裂し、これも同数。

    市議の一人が考えを変えたとたんに、このバランスは崩れてしまうということ。


    付け加えますと、自民党会派4名のうち、市議選で辺野古移設反対を訴えた人がいますね。にもかかわらず、自民党を離れず、知事選では仲井真氏を、衆院選では国場氏を支持した。

    この方の考えも、私には理解できません。


    さいおんスクウェアの爬龍船

    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      国際通りのさいおんスクウェアに、爬龍船が設置されています。



      那覇ハーリーの爬龍船と同寸だそうで、全長14.5メートルあります。

      機能はベンチです。



      ハーレーの開催日は旧暦6月4日。ユッカヌヒーです。

      糸満ハーレーに代表されるハーレーは、単なる爬龍船によるレースではなく、祭事であり神事。厳格なしきたりの下で行われます。

      また、その爬龍船はウミンチュが漁に使用したサバニ。サバニによる漁法や航海術、シケに遭遇した時の対処法など、知れば知るほど興味が尽きません。


      一方、那覇ハーリーはゴールデンウィークのイベント(那覇まつり)です。言わば、ショー。見栄えを良くするために、船体を大きくしてあり、漕ぎ手の人数は通常の爬龍船の約4倍です。

      ですから、那覇ハーリーの爬龍船を道端に設置してベンチにしても、バチはあたらないでしょう。

      費用は2千万円。もちろん、財源は一括交付金です。

      那覇市当局は「那覇の新たなシンボルとして活性化に大きく寄与する」と言うてますが、寝言は寝て言えと思いますね。

      那覇市民であれ、観光客であれ、日陰の無い炎天下のベンチに、誰が座るもんですか。


      ついでに、観光で那覇を訪れる皆様のために、那覇市が一括交付金で設置したモニュメントの数々を順路に従って、ご紹介しましょう。


      爬龍船のすぐ横にある、さいおんスクウェアのシーサー。1千5百万円。

      20111017155739_0.jpg


      ちょっと歩いていただいて、桜坂中通りの那覇大綱挽の綱。5千万円。




      そのちょっと先にある、壺屋うふシーサー。1千7百万円。

      20130312130419_0.jpg


      そして最後(かどうか?)は、建設予定の若狭の龍柱。2億円。




      〆て、2億8千2百万円。

      本土の皆さん。那覇市はこんなものに一括交付金を使ってるんですよ。

      これは告げ口ですね(笑)。


      那覇市立図書館の駐車場問題はどうする?

      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        私は那覇市立図書館のヘビーユーザーです。年間の利用回数や借りた本の数で評価すれば、上位10分の1くらいには入るでしょう。

        沖縄の図書館だけあって、沖縄関連の書籍が充実しており、私にとっては宝の山です。

        ところが、駐車場が狭い。もう、圧倒的に狭い。その上、沖縄県立図書館と共用なので、常に満車です。

        なので、駐車場の入口には、順番待ちの車が長蛇の列を作ります。で、一台出たら一台入るを繰り返すのですね。

        本をタダで貸していただいてるのですから、まあ、そのくらいは我慢しましょう。


        と思ってたら、沖縄県当局は、こんな看板を設置したんです。



        近隣住民のご迷惑になるため、当館駐車場前道路での、駐車場待ちはご遠慮下さい。


        はぁ?

        じゃあ、どこで待つの?

        て言うか、近隣住民にご迷惑をおかけしてるのは、図書館の利用者ってこと?

        違うでしょ。

        誰も、こんな看板には従いませんので、近隣住民へのご迷惑問題は、長く未解決のままでした。


        ところがある日、沖縄県の職員が、この看板の前に立ってたのですよ。

        私の前には、順番待ちの車が4、5台いました。そして県職員君が車の助手席の窓から、運転手を説得してる様子です。

        やがて、その4、5台は何処かへ去り、私が説得される番になりました。


        県「近隣住民のご迷惑になりますので、ここで待たないで下さい。」

        C「何処で待てばいいの?」

        県「すぐに発車して下さい。」

        C「だから、何処へ?」

        県「それは知りません。」

        C「それと同じように言ったら、前の4、5台は何処かへ行っちゃったの?」

        県「はい。」

        C「馬鹿じゃないのか。」

        県「皆さん、ご協力いただけました。」

        C「これじゃあ、迷惑をかけてるのは、図書館の利用者ってことになりますよね。」

        県「苦情がでてまして。」

        C「私も待たされて迷惑です。私に迷惑をかけてるのは誰ですか。」

        県「そんなことを言われましても。」

        C「私に迷惑をかけてるのは、駐車場を確保できない貴方ですよ。図書館が利用できないじゃないですか。」

        県「ですから、再度、お越しいただけませんか。」

        C「それでも満車なんですよ。何が問題なのか、まだわかりませんか?。」

        県「では、どうしろと。」

        C「まず、目的外で停まっている車を外へ出して下さい。そして、図書館に昼寝に来ているオッサンを叩き起こして、帰ってもらって下さい。」

        県「わかりました。でもすぐには無理です。」

        C「すぐにできる方法を教えますよ。それから、図書館職員の駐車場を他で確保して下さい。」

        県「それもすぐにはできません。」

        C「できますよ。駐車場の契約が済むまでの間は、仲井真さんにお願いして、知事公舎に停めさせてもらいなさい。すぐ隣でしょ。」

        県「そんな。無茶ですよ。」

        C「貴方は、何も対策せず、そこに立っているんですね。だったら私も譲れません。」

        県「とにかく、発車して下さい。」

        C「貴方、自分の言ってることに説得力があると思ってますか?」

        県「近隣住民の皆さんにご迷惑をおかけしてますので。」


        だんだんと、普天間の危険除去のために、辺野古の埋め立てを許可する、みたいな話になってきました。

        ったく、沖縄県庁って組織は、親分から子分まで、揃って本末転倒。思考経路はみな同じなんですかねぇ。


        で、この日、私はどうなったのか。

        県職員君とグチャグチャやってる間に、駐車場から一台出てきましたので、列の先頭にいた私は、スバヤク駐車場へ入ったのでありました。

        (^O^)/


        若狭に龍柱を建設かぁ(2)

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          それにしても、何故、若狭に龍柱なのか。いかにも、唐突な気がします。

          那覇の都市景観を将来にわたってデザインし、そのパーツとして、若狭に龍柱が必要だと言われるのなら、納得もします。

          強いて言えば、近くに福州園があり、久米三十六姓が住んだ久米大通りがあり、孔子廟もあります。

          確かに、チャイナタウンを形成する下地のある地区ですが、それらの施設を、観光資源として生かす施策を、那覇市が行なってきたとは言えません。

          福州園は人影がまばらですし、久米三十六姓名や孔子廟などは、ウチナーンチュでも知らない人のほうが多いのではと思います。


          若狭の龍柱の建設費は2億5千万円だそうで、財源は一括交付金です。

          毎年、年度末になると、あちこちの道路を掘り返したりして、予算の消化に努めるお役人ですが、その予算消化能力をもってしても、昨年度の一括交付金は使い切れなかったようです。

          沖縄県によれば、一括交付金の交付額が決まる時期が遅くなったため、全額を消化できなかったとのこと。

          いかにも、お役人の作文ですね。

          それで、壺屋のシーサーだの、龍柱だのと「こんなお金があったのか?」と思うものは、たいていの場合、一括交付金を財源としています。

          だから、なおさら、唐突感が増幅されるのですね。


          だから、私は龍柱の建設には反対です。

          那覇市には、お金の使い道に、もっと知恵を絞ってほしいものだと思います。


          若狭に龍柱を建設かぁ(1)

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            那覇市が若狭に、高さ15メートルの龍柱を建設するそうです。



            場所は那覇空港からうみそらトンネルを抜けた若狭側出口で、近くには豪華客船が停泊する若狭バースがあります。

            つまり、主として海外からの観光客向けの観光資源ってことだそうです。


            この龍柱をめぐって賛否両論があります。

            まず、龍は中国の皇帝のしるしだから、那覇(沖縄)の玄関にはそぐわないというもの。

            この意見の方は、中国が嫌いなんでしょうね。

            首里城の大龍柱をはじめ、龍の彫刻や、ハーリーで使われる爬龍船など、沖縄に龍はいくらでもいます。

            由来は中国であったとしても、琉球王朝は龍を王朝の象徴として扱い、琉球文化に吸収したのです。

            龍柱を見た中国人が「ほらみろ、だから沖縄は中国の領土だ。」と言うだろうとか、天安門広場に菊の御紋を飾るようなもんだとか、色々心配されるムキもあるようですが、つまり、嫌中、反中の材料に使いたいってことなんでしょうね。

            (続く)


            カテーラムイと田原公園の様子(2)

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              続いて、こちらは田原(タバル)公園です。



              この場所を公園とし、隣接するカテーラムイを保全したことは、那覇市のヒットでした。

              それは認めますが、この公園はいただけません。

              湧き水か上水かは不明ですが、公園の中央を水路が貫き、親水公園となっています。



              水路があり、噴水があり、池があり、子供達が水遊びをするのに最適です。

              ところが、水が出ないのですよ。

              湧き水が枯れたか、ポンプが故障したか、理由は知りませんが、水が出ません。

              水源の位置にあるドラゴンは、朽ちる一歩手前のようです。



              これは、那覇市に限らず、沖縄の公園の傾向なのですが、公園をオープンし、市長や市議会議員がテープカットした日が、その公園のピークなんです。

              公園を保守するつもりも、予算も無いので、後は朽ちる一方です。例えば、湧き水が枯れたら、それでおしまい。ポンプが故障したらそれでおしまいです。

              そんなことなら、最初から芝生だけの公園にして、そのスペースの利用法を地域の住民に委ねるほうが、よほどマシでしょう。

              使われない野外ステージ。壊れたままの排水口の装飾。水の流れない水路。今や、何の役にもたちません。

              住民が使えば使うほど愛着がわき、時間が経てば経つほど味わいがでてくる公園。そんな公園、沖縄にはほとんどありません。

              ほったらかしにされ、誰も近寄らなくなった公園なら、10や20、直ちに名前をあげることができますけどね。

              県民は貧乏だけど、行政はリッチなんだよな。結局。


              カテーラムイと田原公園の様子(1)

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                旧海軍壕のあるカテーラムイ(森)、および隣接する田原公園を紹介します。

                次の写真は、カテーラムイの丘に登る階段です。石垣が築かれ、グスク風のたたずまいです。



                丘の上には野外ステージがありました。



                ここが、米軍が馬乗り攻撃を行った現場です。カテーラムイの丘は予想外に低く、壕に穴を貫通させることは簡単に思えました。ガソリンを流すのですから、管のような太さで良いのです。

                この丘の下に、千人もの人がいたんですね。入口の印象では、かなり堅牢な壕に見えましたが、こうして上に乗ってみると、脆弱そのものです。


                ところで、これは何でしょう。カテーラムイの石垣に無数にある排水口です。



                排水口の周りに、正方形に組み込まれたものがあります。よく見ると、これはシーサーの顔です。それが全て、壊れてしまったか、壊されたか、一つとしてまともなものがありません。

                こだわってしまうんですよ、わたくし。こんなのに。

                那覇市当局に言いたい。たかだか排水口に、わざわざシーサーをくっつけたんでしょ。だったら、壊れたにせよ、壊されたにせよ、元に戻しなさい。ほったらかしにするくらいなら、最初から、シーサーなんて付けなさんな。


                と考え始めると、先ほど、一度は見逃しましたが、なんでカテーラムイの上が野外ステージなのか。意味わかりません。

                周囲は住宅地やのに。

                あの場所でライブをやることを、付近の住民は了解してるんでしょうか。


                (続く)


                泊港の風景(8) とまりん(その3)

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  さて、とまりんの1階から5階までは何に使われているんでしょ。

                  テナントの出入りが激しくてなかなか定着しませんが、過去には、那覇市役所、防衛局、那覇市教育委員会などが入居していました。現在は、3〜4階をIBMのコールセンターが、5階をシティバンク銀行が使っています。


                  ちょと待って下さいよ。

                  泊ふ頭開発株式会社の事業目的は次の三つのはず。

                  (1)新たな離島拠点の形成
                  (2)港湾都市整備の拠点つくり
                  (3)新たな観光拠点の形成

                  身内の役所やコールセンターを入居させて、この事業目的のどれを実現させようとしてるんでしょう。

                  ポートルネッサンスって、港の復興、再生ですよね。どこがですか?


                  単年度収支で黒字が出たとか、入居率が過去最高になったとか、そんなことがニュースになるようではアカンでしょ。

                  とまりんも築20年。耐用年数40年としても、あと20年しかありません。

                  建設時の債務は返済できたのですか?

                  株主に配当できてるんですか?

                  とまりんの建て替え費用は積み立てできてるんですか?


                  最初からホテルの誘致だけやって、ホテルの一階に切符売場を設ければ、それでよかったんとちゃいますか。

                  事業目的を果たせず、将来に対する投資もできず、復興だ、再生だなんて。

                  穴があったら入りたいでしょ。

                  えっ?まったくそんなことはない。

                  そりゃあどうも失礼いたしました。

                  (終わり)


                  泊港の風景(8) とまりん(その2)

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    さて、とまりんの6階から15階には、沖縄かりゆしアーバンリゾートが入居しています。

                    20130613062753_0.jpg

                    ある年、かりゆしホテルが年間賃借料を4億円から3億円に値下げしてほしいと申し出ました。泊ふ頭開発としては値下げはイヤだけど、ホテルに出て行かれては元も子もありません。困ったことになりました。

                    結局、泊ふ頭開発は賃借料の値下げを拒み、かりゆしホテルはとまりんを出てゆくことになったのです。さすが、泊ふ頭開発。やる時はやります。ここで値下げを呑んでしまったら、次は2億5千万ですからね。

                    さて、ホテル階を空にしておく訳にはいきません。泊ふ頭開発が、ただちに入居者(ホテル)を募集したところ、三つのホテルが応募してきました。で、その中にかりゆしホテルもいたんですね。そして、厳正な審査の上、選ばれたのがかりゆしホテルで、賃借料は3億円。

                    なんじゃそりゃ(笑)。


                    「えっ?私どもが何かおかしなことをしました?」って声が那覇市役所方面から聞こえてきますね。

                    (続く)


                    泊港の風景(8) とまりん(その1)

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      泊港にそびえ立つビルは、泊ふ頭旅客ターミナル。ニックネームは「とまりん」です。

                      20130612123343_0.jpg

                      離島航路の旅客ターミナルとしては、デカすぎでしょう。本来、一階が切符売り場、二階が食堂の二階建で充分な気がします。他にどんな機能が必要なのか、まったく思い付きませんね。


                      ところが、そこへ186億円をつぎ込んで、15階建てのターミナルビルを建てちゃったんですね。実は322億円をぶち込むつもりだったのですが、さすがに途中でビビってやめたので、186億円で済んだのです。

                      名付けて、「那覇港泊ふ頭ポートルネッサンス21事業」。事業主は第三セクターの泊ふ頭開発株式会社です。


                      さすが沖縄。

                      沖縄の基幹産業は建設業です。建設業界の発展のためには、補助金をうまく使って、ハコモノをドンドン造らないとね。造ることだけが目的ですから、造った後のことなんて、どうだっていいじゃないですか。


                      風が吹けば桶屋が儲かる。もしくは、バタフライエフェクトでもよろしい。

                      建設業界にお金を投下すると、建設作業者やトラック運転手が忙しくなります。そうなると、弁当が売れます。弁当が売れると惣菜屋が忙しくなります。惣菜屋が忙しいと野菜が売れます。なぁ〜んだ、青果店が儲かりますね。

                      これを産業連関と呼びます。つまり、池に石を投げた時の波紋の大きさ。

                      沖縄では、建設業界にお金を投下することが、結果的には、沖縄全体の利益になるのですね。悲しいことですが、そこに石を投げると、産業連関の波紋が最も大きくなるのです。

                      (続く)


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM