「じゅん選手を応援するブログ」に泣く

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    以前、お笑い芸人のじゅん選手が沖縄タイムスに「じゅん選手のしまくとぅば日記」を連載していました。

    2年前のある日の日記。



    ナイチに住む女子高校生から贈られた似顔絵を手にしたじゅん選手。嬉しそうです。


    その女子高校生はじゅん選手が好きで好きで、じゅん選手のニュースやtwitter、youtubeなどを漏れなくチェックし、ウチナーグチの勉強まで始めていました。

    沖縄を訪ね、じゅん選手に会うことを楽しみにしていましたが、彼女の脳には脳血管奇形の症状が見られ、複数の血管塊が見つかっていました。そのうち一つでも破裂してしまうと、彼女の身体は重大なダメージを負うことになります。

    そして、ある日。最初の血管塊が破裂してしまいます。彼女の命に別状は無かったものの、機能回復のためのリハビリーを強いられることになりました。そんな時、彼女は自作の似顔絵をじゅん選手に送ったのでした。

    じゅん選手はその似顔絵を是非「しまくとぅば日記」に載せたいと考えましたが、公開の了解を彼女に求めるか、了解無く公開しサプライズにするか悩んでいました。ところが、彼女が沖縄タイムスを読んでくれないことには、サプライズになりません。


    闘病中の女子高校生の楽しみは、沖縄旅行の日程を考えることでした。高校生ですから運転免許が無く、移動手段はバスかモノレールに限られます。リハビリー中の身体ですから、モノレールの駅のスロープの状況を調べ、駅近くで無理なく買物ができるスーパーまで調べました(安里のりうぼう)。

    リハビリーは順調に進み、沖縄旅行を真近に控えた時、彼女は体調を崩してしまいます。じゅん選手が産まれて育った北中城村熱田から始まる「聖地巡礼の旅」は彼女のお母さんに委ねられることになりました。

    そしてお母さんは、ライブ会場のてんぶす那覇(の喫煙所)で、じゅん選手と会うことになります。twitterなどを通じて女子高校生と会話していたじゅん選手は、目の前の女性を彼女のお母さんと気づき「お母さん、明日の沖縄タイムス見てくださいね」と。


    お母さんは「しまくとぅば日記」が掲載された沖縄タイムスを娘のもとへ持ち帰り、同時にじゅん選手からはサイン色紙が届きました。



    この回のしまくとぅば日記に登場する「やまとぅぬ高校しー」は私です。

    ありがとう。ありがとう。ありがとう。



    その直後、女子高校生の二つ目の血管塊が破裂し、彼女はじゅん選手に会う夢を果たせないままこの世を去りました。

    彼女が沖縄のこと、じゅん選手のことを投稿したブログです。

    褐色の島人 じゅん選手のブログ

    今は彼女のお母さんが更新を続けています。


    最近売れてる沖縄芸人(2) 普天間のスナック「白馬」

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      今、沖縄で話題のお笑い芸人。二人目はオリジンのじゅん選手



      まあ、ちょっと聞いて下さいね。

      「沖縄のアンパンマン」



      ウチナーグチは、その純度によって難易度が変わります。例えば農連市場のオバぁ達が本気を出したら、これはもう純正ウチナーグチ。若いウチナーンチュはほとんど理解できないでしょう。

      その点、じゅん選手のウチナーグチは難易度が低めに設定してあり、観客の理解度は7〜80%程度だと思います。そして、残りの部分を話の流れやスライドで補っているということ。

      これ以上難しくしたら理解できないし、逆に易しくしたらウチナーグチの面白さが消えてしまう。そんな絶妙なポジションから「近所のニィニィ感」が醸成され、ウケるわけです。


      さて、オリジンのエースは「こきざみインディアン」



      O1グランプリで3年連続優勝し、テレビのレギュラー番組も持ってます。その次が「ベンビー」でしょうか。



      まあね。売れた者勝ちですからいいんですけど、この人達には妙な余裕が感じられ、私には鼻につくのよね。確かにこれまでは、対抗できる芸人もいなかった。

      ところがこのところ、じゅん選手が活躍し、同じオリジン所属の「リップサービス」が人気上昇中。



      こきざみやベンビーがウカウカできなくなってきて、オリジンの活性化が進むことでしょう。いや、たいへん結構なことです。


      ところで、投稿タイトルのスナック「白馬」。

      ここのママがじゅん選手の母ちゃんだそうです。普天間のスナック街って、ちょっと敷居が高いって言うか、私なんかアウェイ感バリバリです。でもちょっと飲んでみたい。

      その普天間のスナック街のバーで、じゅん選手と「しんとすけ」が毎月、お笑いのライブをやってるそうです。チャージが千円。



      そしてそのライブの後、出演者とお客さんが2軒隣りのスナック「白馬」で打ち上げすると。

      ワタクシ、近々、ここに潜入の予定です(笑)。


      こちらは、たまたま見つけた、来週開催予定のライブ。



      おっ、じゅん選手出るやん。前売り券千円で、会場は丸大スーパー神原店の向かいって、農連市場のすぐ隣りじゃないですか。

      2分で会場の前まで行ってみました。



      沖縄お笑いスタジオ「WaRaBa」。

      いやぁ、知らなかったけど、ここに80人ほど収容できるホールがあるようです。

      パッション屋良が企画したライブのようですが、沖縄ではパッション屋良よりじゅん選手の方が集客力は上。おそらく満席になるでしょう。

      お前は行かないのかと問われれば、行きません。仕事が終わって3時間も待たなあかんし、ワタクシ、既にココロは普天間なのよね。

      沖縄に来た当初、地元の居酒屋やスナックに入るたび、「どちら様ですか?」とか「何のご用ですか?」とか言われ続けましたが、今はまったく大丈夫。と、ワタクシは断言できます。(^O^)/


      最近売れてる沖縄芸人(1) チンダミするよぉ〜

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        今、沖縄のお笑い界では二人の芸人が話題です。

        まず、護得久栄昇(ごえく えいしょう)。



        一か八かって感じでしょ(笑)

        ギャグは「チンダミするよぉ〜」

        チンダミは三線などの調弦を意味しますが、そこから転じて、脳ミソの音程が外れてる人に対して、

        「だぁー!!。あんたはもう、チンダミするよぉ〜!!」

        などと使います。身近なところでは、コロッケ屋なんかがやってもらったら良いでしょう。


        護得久栄昇はFECのベテランコンビ「ハンサム」の金城博之(45:左)。




        沖縄のお笑いプロダクションはオリジンとFECの2社がありまして、オリジンには売れっ子がいる代わりにショボイのも多く、FECは良くも悪くも平均的です。

        ハンサムはFECのトップクラスですから、あまり冒険しなくても現状維持は可能なはず。そこをあえて護得久栄昇。

        何がウケるか、やってみないと分からないとは言うものの、この濃いキャラでスベったら、いやぁ、リスクがあったと思いますね。


        太い眉毛を書いてカツラを被るだけなら誰でもできます。金城博之が護得久栄昇のキャラを綿密に定義して、そのキャラになり切っていることが、ウケた要因の一つと言えるでしょう。

        だからね。FECの中堅、若手達がベテラン金城博之の姿勢に学んで欲しいわけよね。

        (続く)


        「storia」と「lexa」(笑)

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          何の関係も無い二つの単語。

          このところ、この二つの動画を暇さえあれば繰り返し観ていまして、それをブログに投稿して記録を残そうと(笑)

          まず「storia」(→YouTube)



          NHKの某番組のテーマ曲ですね。


          次に「lexa」(→vimeo)



          こちらは米国の某TV番組。クラークを助けるために戻ってきたレクサ。


          いやぁ、どちらもかっこええわぁ。

          よし、また観て鳥肌になるか(笑)


          カロリーメイトCM「夢の背中」編

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            昨日投稿した県立高校の卒業式。今年の卒業ソングは「3月9日」だそうで、ikokaさんのコメントにそう返信しました。

            それをレミオロメンの最近の曲と思ってたら、レミオロメンはとっくに解散してて、「3月9日」は「粉雪」よりも前の曲ですって。その曲をソロになった藤巻亮太さんが昨年セルフカバーしたと。大変失礼致しました。


            「3月9日」が使われているカロリーメイトのCM「夢の背中」編はこちらから



            このCMで受験生を演じているのは村上虹郎さん。CMのタイトルにもあるように、映像のほとんどが彼の後ろ姿。ってことは、親の視線で撮られているってことよね。

            いやらしいわぁ。ジンとくるやないの(笑)


            CMの男の子は受験に失敗して頭を丸めたり、一年後の受験の日に母親にお礼を言ったり、かなりデキの良い子と言えるでしょう。

            私が受験生のころは、親の援助を当然のこととした上で、親の言うことを干渉と捉え、随分生意気なことを言ってました。まあそれは、自分が親となった時に真逆の経験をするので、世の中は上手くできてます。


            高校を卒業したとは言え、親から見ればまだ子供。なんとか力になりたいと思うものです。そして、大学を受験させ無事に卒業させることは、親として援助ができる最後のチャンス。そのことを薄々気づいているので、力も入ります。

            高い壁を乗り越えるか、乗り越えられないかではなく、乗り越えるかあきらめるか。子供がギブアップしないのなら、親もファイティングポーズを続けるしかありませんね。

            見せてやれ、底力。(背後の親も)


            懐かしい「ヤング101」

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              40年以上前の話題で恐縮ですが、ヤング101です。



              メンバーが再結集した映像を見ると(→youtube)、私よりやや年上の皆さんがお変わりなく、またはお変わりになっていて楽しい。塩見大治郎!!(笑)

              ヤッポン(ステージ101のテーマ)

              作詞:井上頌一
              作曲:中村八大

              はずむ心 光あふれ はるかかなたへ
              夢を乗せた船を引いて 遠い明日へ
              愛のある限り 愛の日を信じて
              歌のひびきに 若さを信じて
              やがてここは 1人ずつの
              夢と歌と空を広げた 世界だ
              ヤッポン!!


              再結集したメンバーは様々なかたちで歌を続けてきた人達ばかりですから、歌声が当時のままに聴こえるのは当然と言えるでしょう。

              私と同年代で、ヤング101を知らないって方は「8時だよ、全員集合」を観てたんですよね。

              ヤング101のメンバーでありながら、やや別格の扱いだったのが上條恒彦さんでした。「出発の歌」の映像はこちらから(→youtube)


              映画「この世界の片隅に」

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                私の故郷、広島県呉市がロケ地のアニメ映画「この世界の片隅に」が好評です。



                資金難で制作が危ぶまれたそうですが、ネットを使ったクラウドファンディングが功を奏し、制作にこぎつけたとのこと。

                そうした経緯が理由なのか、公開当初の上映館はごくわずかでした。ところが、映画を観た人達が次々にその感動をSNSで発信し、それが拡散されたことで観客が増え、興行成績が急上昇中だそうです。


                先ほどのポスターは主人公のすず。戦争中、18歳で広島から呉に嫁いできました。すずの背景は呉の主峰(?)「灰が峰」山頂からの眺めです。私の実家はノートのあたりで、すずの嫁ぎ先は彼女の右手のあたりです。

                呉の観光資源と言えば、戦艦大和の「大和ミュージアム」と、瀬戸の島々を結ぶ「安芸灘とびしま海道」くらいしか思いつきませんが、映画の公開以降、ロケ地巡りの観光客が急増中だそうで、ありがたいことです。

                そして、呉の上映館に置かれたノートには、全国から来られた人達のメッセージが残されているそうです。つまり、それぞれの地元で映画を観て、ロケ地の呉を訪ねる気になり、そこで再度観たということ。「この作品は呉で観ることに意味がある」と考えて下さったそうで、重ね重ねありがとうございます。m(_ _)m


                ところで。実は私はまだ観ていないのですが、これだけいい話が聞こえてくるってことは、いい作品なんでしょう(笑)。那覇では桜坂劇場で絶賛上映中ですので、是非観たいと思うけど、ブチ(すごく)泣かされるんじゃろうのぅ。

                予告編はこちらから(→YouTube)

                予告編冒頭の映像は、広島でJR呉線に乗り換えて、「次は呉。呉です」とアナウンスが流れる時の、私にとっては特別な風景です。



                「世界の片隅」って、私はてっきり呉のことかと思っていました。「ほりゃあ、悪かったのぉ」と反発したいところですが、確かに眠ってるような街です(笑)。ところが予告編を見ると、これはすずのセリフ。「この世界の片隅に、ウチを見つけてくれてありがとう」ってことだったのね。

                まあ、同じようなもんか(笑)


                「GreeeeN」じゃなくて「BuheeeN」

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  沖縄で人気上昇中の「BuheeeN」。豚の嘆きを歌う「マブタを豚汁(→YouTube)」 が好調です。



                  住まいも食べ物も与えられ「愛されてる」と思っていたのに、朝起きて目が覚めると(豚の)仲間がいないといった内容の歌。その上で「僕たちに明日はあるのかな?」と問われても、「いや、申し訳ないけどそれは無い」と言うほかありません。

                  スーパーに並ぶ豚肉に対して「命をいただいている意識を持ちなさい」と言う人もいますが、精肉コーナーで手を合わせるわけにもいかず、正直に言えば、単なる商品に見えて「助かるなぁ」って思っています。

                  ライオンがイボ猪を襲う映像を指さして「結局、人間もライオンと同じ」と言われれば、「そうなのか」と思わなくもないけど、知念精肉店の作業台に横たわる豚を見た時、「ああ、美味しそう」と思う以外の気持ちは無いので、そこがライオンと同じ。


                  つまり私は、生きている豚から目を背けることで、機嫌よく暮らしてるってこと。

                  そこの後ろめたい気持ちを「マブタを豚汁(閉じる)」はチクチク突いてくるので、「分かったから、もういいじゃん」って思うのよね。

                  だから、いい曲だけど何度か聴けばそれでいいかなって感じです。すみません。


                  フラッシュモブは感動的か?

                  0

                    JUGEMテーマ:/ローカル


                    ここはオランダの某所。路上に帽子を置いて初老の男性が立っています。



                    彼が歌う曲は「You Raise Me Up」。



                    この映像はYouTubeにアップ後1年で、100万回以上再生されているようです。(→YouTube)

                    私はこれを気に入りまして、このところよく聴いてます。記憶力の衰えが顕著な59歳ですが、歌詞を覚えてしまいました(笑)


                    どこがそんなに良いのかを考えてみれば、まず、男性(MARTIN HURKENSさん)がプロのオペラ歌手であり、演奏や撮影もプロの仕事に見えること。ひょっとすると観衆の一部に、役者が混ざってるかもしれません。

                    アイルランド民謡風の旋律が素敵です。映画「ナビィの恋」で山里勇吉が唄う「ロンドンデリーの歌」に涙した私ですから、気に入るに決まっています。オランダの古い街並みと小雨に濡れた石畳。「Raise Up」してもされてもいい気持ちです。

                    オジぃがいきなり歌いだし、それが予想外に上手くて居合わせた人達が驚いたって設定ですが、実は、プロモーションビデオと同等の費用や手間をかけた映像で、そのクオリティはかなり高いと言えるでしょう。


                    「フラッシュモブ」でYouTubeを検索すると、同様な映像が沢山ヒットします。

                    空港ロビー、大学の食堂、結婚披露宴など様々なシチュエーションで、いきなり歌やダンスが始まります。

                    最近は、結婚披露宴で行うフラッシュモブが流行りだそうで、ホテルのスタッフ(に扮したプロ)が、予想できないタイミングで歌やダンスを始め、出席者を驚かせます。それを専門に行うプロダクションがあるそうで、料金は20万円〜30万円とのことです。

                    ところが、プロダクションがピンキリで、下手なところに依頼してしまうと、歌もダンスもダメダメで拍手もまばら。それでは座がシラけてしまい逆効果です。いきなり始まるところ(つまりサプライズ)は確かに重要な要素ではあるけれど、結局、クオリティが高くなければ人を感動させることはできないってことですね。


                    話の真偽は不明ですが、ある結婚披露宴で、新婦は「過剰な演出やサプライズは不要で、親しい人達に普通にしみじみと祝って欲しい」と考え、新郎にもそれを伝えていました。

                    ところが、新郎が新婦に内緒でフラッシュモブを仕掛けてしまったのですね。涙する新婦と、それを感動したと感違いする新郎。新郎の笑顔を見た新婦は離婚を決意したそうです。そりゃそうですよねぇ。


                    自宅のリフォームを建築士(タクミ)に依頼する番組がありますね。新居に帰って来た家族が感動し、涙するやつ。

                    あれは上手くいったから放送されているわけで、その陰には放送できなかった例もあるのが普通です。番組の構成上、施主は図面や建設途中の自宅を見れず、完成した我が家を見た施主が激怒し、訴訟になったこともあるそうです。

                    フラッシュモブ(サプライズも)は相手に感動を強いる行為と言えます。状況をきちんと考えることが大切で、人を感動させるだけのクオリティが必須と言えそうです。


                    ネーネーズ「No Woman No Cry」

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      初代ネーネーズがボブ・マーリーの曲をカバーしているのを知ってますか?



                      作詞はネーネーズのプロデューサーでもある知名定男さん。

                      「No Woman No Cry」(→YouTube)

                      No Woman No Cry(泣かないで)
                      No Woman No Cry(泣かないで)
                      里前に千惚り、アヒ小に万惚り
                      思い思まって5年

                      (貴方を思い続けて5年)
                      毛遊びぬ唄声ぬ秀らさ
                      三線弾ちゅる姿ぬ秀らさ

                      (毛遊びの唄声も、三線を弾く姿も素敵)
                      久葉の下に約束どーやー、たがんなよ
                      太陽ぬ落てぃれー急ぐに来よ、たがんなよ

                      (久葉の木の下の約束を忘れないで。陽の沈む前に急いで来て下さい)
                      くぬ世ぬ果報な者や我んどうやてーる
                      (私は幸せ)
                      毛遊びぬ前立つアヒ小、あんいりきさ舞ゆがや
                      (毛遊びの舞いや踊り)
                      他島ぬ人んくーよーくーよー
                      主アンマーんくーよーくーよー

                      (他のシマから人が来て、神も降りてくる)
                      掛け弾き小ぬチビラーサ、あんいりきさ弾んちゅがや
                      (三線の掛け合いがすごい)
                      No Woman No Cry(泣かないで)
                      待ちかんてぃしみんなよー
                      (待つのはつらいけど)
                      No Woman No Cry(泣かないで)


                      No Woman No Cryを直訳すれば、
                      「泣かない女はいない」あるいは「女でなければ泣きはしない」。

                      ところが、ボブ・マーリーは「(貴女)泣かないで」と歌っています。

                      ネーネーズのように、
                      「No,Woman No Cry」あるいは「No,Woman,No Cry」
                      と歌えば、言葉の意味が伝わってきます。

                      観光客の私が初めてネーネーズを聴いたのは、当時、宜野湾の大山にあった「島唄」でした。一階がコンビニで、狭いエレベーターに乗った記憶があります。その時、ネーネーズは既に二代目でした。

                      YouTubeの映像は初代ネーネーズですが、古謝美佐子さんの姿がありません。彼女が脱退した後のようです。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM