軽便鉄道の枕木(国場)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    軽便鉄道の枕木が、楚辺と国場に残っていることを知り、先日、楚辺の枕木は確認しました。

    ところが、私が住んでいる国場の枕木は、その場所がわかりません。

    手がかりはこの写真。



    左奥に、文字は見えませんが、何かの店舗が写っています。あの店を探そうと思っていたところ、業務番長さんからコメントをいただき、場所がわかりました。



    看板が変わっていますね。これでは、いつまで経っても気づかなかったでしょう。ヘアサロン「キャスター」。真玉橋交差点から国場交差点に向かう左側にあります。

    業務番長さん、ありがとうございました。


    枕木の数は楚辺が1本でしたが、こちらは12〜13本ありました。








    軽便鉄道が走っていた頃、つまり戦前の国場は、現在の国道507号線より丘側に集落があり、国道と国場川に挟まれた土地は野菜畑でした。

    軽便鉄道は、その野菜畑を現在の国道沿いに走っていましたから、最後の写真の路地は鉄道跡で間違いないと思います。


    廃線後の軽便鉄道。線路は鉄ですから、利用価値がありますね。一方、コンクリート製の枕木は邪魔者扱いされていたはず。

    鉄道跡地に住宅を建てようとしたら、枕木があり、運ぼうとしたら重いし、このように路地の「ぬかるみ防止」に使われたと。国場川の底にも、投げ込まれた枕木が何本かあるかもしれません。


    枕木の場所から国場川へ出ると、そこはかつての国場馬場跡があります。



    河岸の馬場は珍しいです。

    このあたりの畑で収穫された野菜は、国場川を船で那覇市場へ運搬されていたした(帰り荷は肥料)。そのため、国場には数カ所の船着き場がありました。船といっても、動力船ではなくサバニです。

    この馬場は、船に野菜を積み込む際の集荷場としても利用されたのではないかと思います。


    枕木の場所を軽便鉄道が走り、すぐ先に国場駅がありました。駅のホームに立つと一面野菜畑が広がり、その向こうの馬場ではサバニで運ぶ野菜が積まれている。そんな風景だったのだと想像してみました。


    軽便鉄道の枕木(楚辺)

    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      沖縄県営鉄道(軽便)の遺構は、書籍やメディアで取り上げられ、どこに何があるかが、ほとんどわかっています。て言うか、ほとんど残っていないのです。

      ところが今年、楚辺と国場で線路の枕木が見つかり、ニュースになりました。


      沖縄戦で壊滅的な被害を受けた軽便鉄道は、戦後復活することはありませんでした。そして、線路跡に残された線路や枕木が、合法に、あるいは非合法に転用されたのですね。


      古波蔵交差点を壺川方面に国道を進むと、壺川東信号の手前右側に「ママのリフォーム」の店舗と駐車場があります。その駐車場脇を細い道が登っていて、道端に大きな岩があります。



      近寄るとこんな岩でした。



      これは明らかにノッチ。仲島の大石と同じく、この場所が漫湖の湖岸だったことを示しています。

      念のため、確認してみましょう。



      1947年の空撮です。

      奥武山が島の形を保っていますね。北明治橋を渡って右手が、戦前の那覇駅、現在の那覇バスターミナルです。

      そこから、古波蔵、国場方向に現在の国道330号線が延びています。軽便鉄道は道路の丘側を平行に走っていました。

      那覇駅を出た列車は市街地を走り、古波蔵交差点で漫湖に出ています。写真の岩はその少し手前ですから、湖の入り江になっていたのかもしれません。

      軽便鉄道はこの岩の丘側スレスレを通過し、古波蔵駅に到着したようです。あるいは、この岩は駅構内にあったのかもしれません。


      岩の写真の右側に、バイクが写っていますが、そのスージを入っていくと、一本の枕木がありました。(写真奥に先ほどのバイク)



      腐敗防止のため、軽便鉄道の枕木はコンクリート製です。



      この枕木を剥がして、ここまで運んだようですが、用途はよくわかりません。

      親愛の情を示すべく、ナデナデしておきましたが、正直なところ「さすがコンクリートは頑丈だなぁ。」と思うほか、特に感想はありません。

      軽便鉄道跡は道路になったり、住宅になったりしていますが、再利用できる線路は回収され、枕木は邪魔者扱いされたはず。重機で壊されたり、地中に埋められたりして「好きに持ってけ」状態だったのでしょう。

      そして、この重い枕木を運んだ人のおかげで、今まで残ったってことです。


      さらに一ヶ所で枕木が発見されていますが、その場所はなんと、私が住んでいる国場です。いや、まったく知りませんでした。

      ところが、その場所がわかりません。沖縄タイムスに記事が載ったようですが、ウェブサイトの掲載期限が過ぎていました。

      手がかりはこの写真。



      写真中央の女性は、沖縄国際大学の先生で、軽便遺構ツアーのガイド役をしているところです。

      彼女の赤い靴のつま先に、枕木が数本、埋まっています。こちらは用途が明快で、地面を舗装する際、コンクリートを節約するために枕木を埋めたんですね。


      さて、ここはどこなのか。

      ヒントは写真の左上に写っている店舗ですが、名前が読み取れません。町内を走るたびに、こんな店を探すしかありませんね。


      大学の先生がツアーを企画したり、私のような軽便ファンが探したりして、枕木もさぞ喜んでいることでしょう。

      軽便に興味の無い方にとっては、何が嬉しいのか理解できないかもしれませんが、これは亡くなった方の形見と同じ。人によってその価値が異なるのは当然のことです。


      糸満市与座の散歩(3) 軽便高嶺駅跡

      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        高嶺製糖工場跡の貯水槽から、県道52号線を挟んだ向かいに、こんな空地があります。



        軽便糸満線高嶺駅のあった場所です。


        軽便糸満線は、始発の那覇駅を出て東へ向かいます。古波蔵で嘉手納線と、国場で与那原線と、それぞれ分岐しても更に東へ向かい、南風原でやっと南下を始めます。その後、東風平を過ぎて西へ向かい、高嶺駅まで来れば糸満駅まで3駅です。

        糸満は那覇の真南ですが、軽便糸満線は最短距離を走らず、わざわざ「コ」の字を描いていました。

        戦前の沖縄で、主要産業と言えばサトウキビを原料とする製糖業。本島南部のサトウキビ畑を軽便鉄道が走り、各地の製糖工場から、砂糖を運んでいたわけです。高嶺駅にも高嶺製糖工場への引き込み線がありました。


        ところで。フフフ(笑)。

        この空地が駅の跡なら、その先に線路跡があるはず。

        まず、東へ向かいます。



        うわぁ、いいですねぇ。

        道路がゆるやかに左へカーブしています。このカーブの具合がまさに線路跡。

        なんだか、ワクワクします。

        そして、



        女性なら「キャー!!。」と大声をあげるところですが、私はオッサンなので「うわっ。」と軽くつぶやきました。

        サトウキビ畑を一直線に貫く線路跡。できるものなら、このまま那覇まで続いてほしい。

        線路跡が途切れる場所まで走り、再び高嶺駅跡まで引き返しました。


        東へ向かった後は西にも行かないと。

        軽便糸満線は、与座集落を抜けた後、報得川(むくえがわ)の河岸を西に向かうはずです。



        うわ、もういきなりですね。

        そして、



        も〜、このまま糸満まで続いてほしい(笑)。

        線路跡は糸満消防署の脇で県道77号線と合流し、消えてしまいます。


        私は軽便鉄道の跡を見ることができて大変嬉しいのですが、戦後70年も経って、線路跡が残っていることが更に嬉しい。

        本土の汽車の「ガッタンゴットン」に対して、沖縄の軽便は「シッタンガラガラ」。汽笛の「ポー!!」に対して「アフィー!!」。



        この景色の中を走ってたんですねぇ。

        いやぁ、嬉しい、嬉しい。

        (続く)


        ゆたかはじめ著「沖縄の鉄道と旅をする」

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          ゆたかはじめさんは東京高裁の長官を務めた方です。一時期、那覇地裁の裁判所長を務められた縁で、退官後は沖縄に移住されています。

          大の鉄道ファンで、「沖縄軽便鉄道」、「沖縄に電車が走る日」などの著作があります。いずれも、沖縄の歴史ファン必読の書と言えます。

          その、ゆたかはじめさんの最新刊がこちら。



          この中で、沖縄に敷設する軌道としてLRTを推す記述があり、それがたいへんに説得力があるものでした。


          LRTはライトレールトランジットの略で、和訳すると軽量軌道交通。通常は、電車より小さく、バスよりは大きな車両を使います。

          私はLRTを路面電車と思っていまして、近距離をゆっくり走るものと誤解していました。ところが、新型のLRTは時速80キロから100キロのスピードを、無理なく出せるそうです。

          本の表紙にLRTが描かれていますが、背景は県議会と那覇市役所。つまり、このLRTは県庁前交差点を走っています。このまま、国際通りをゆっくり走り、国道58号線に出た後は、高速で名護まで走るイメージです。

          那覇から名護まで約70キロ。信号待ちや駅の停車時間を考慮しても、90分程度で到着しそうです。これは、沖縄自動車道を走る路線バスと互角です。


          私の故郷広島の広島電鉄がLRTを走らせています。最長区間が宮島口から広島駅までの21キロで、料金が260円です。

          21キロを260円って断然安いです。

          那覇バスターミナルから21キロと言えば、沖縄市の胡屋交差点です。琉球バスで910円かかります。

          那覇空港からモノレールに乗り、奥武山公園で降りたら260円。沖縄県民が、いかに高い交通費を支払っているのか、よくわかりますね。

          一方、LRTは何故こんなに安いのか。建設コストがモノレールの10分の1、地下鉄の20分の1なんです。


          那覇から名護まで電車を通しても、駅から遠い人には不便です。ところが、建設費の安いLRTなら、島中、縦横に路線が敷けます。

          私は、沖縄鉄軌道の必要性は認めますが、高い建設費と採算の点で敷設には反対です。それがLRTならイケるかもしれません。


          沖縄市にLRTの研究会があるそうです。そちらのホームページにあったイメージ図がこちら。



          奥に県庁が見えるので、これは久茂地駅のようです。

          左が糸満行き、右が本部行き。

          いやぁ、ワクワクしますね。


          ゆいレールの延長工事始まる

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            C「Aさん。」

            A「なんね。」

            C「モノレールが西原まで延びるけど。」



            A「いつね。」

            C「6年先。」

            A「そうね。」

            C「関係無かったな。」

            A「乗ったことないからね。」

            C「(笑)」

            A「モノレールはあれね。降りる時にはボタンを押すの?」

            C「押さん。」

            A「バシュとは違うんだね。」

            C「このままだと、お葬式で『モノレールに乗ったことが無い人でした。』って言われるな。」

            A「首里城にも行きましぇんでしたって言われるね。」

            C「(笑)」


            南大東島鉄道、復活か?

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              南大東村の仲田村長が、南大東島にシュガートレイン(南大東島鉄道)を復活させたいと考えているようです。

              いい話ですねぇ。是非、実現してほしいものです。

              そもそも南大東島鉄道は、さとうきびを運搬するための鉄道で、昭和58年まで運行していました。

              その機関車が、どういうわけか、壺川の公園に展示されています。何故ででしょうね。




              南大東島鉄道の復活までには、紆余曲折がありそうです。

              つまり、経済合理性があるか否か、ということ。

              いったい何人が、南大東島に観光に来るのか。そもそも、島民にニーズはあるのか。

              それから、さとうきびを運ぶことと、人を運ぶこととでは、安全基準の厳しさが違います。人を運ぶとなると、鉄道を維持するためのコストがかかりそうです。

              さらに、これがありそうな話なのですが、沖縄本島へ鉄軌道を導入しようとしている人達が、反対するかもしれませんね。

              彼らの拠り所は、「全国で鉄道の無い都道府県は沖縄県だけであ〜る。」ってこと。これが言えなくなるのは辛いはずです。「よけいなことすんなよ。」と思ってるでしょうね。


              さて、仲田村長の決心は、どこまで本物なのか。この件、しばらく、ウオッチしたいと思います。


              沖縄への鉄軌道導入に関する試算

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                沖縄に鉄道を走らせようとする声が活発です。

                この度、内閣府が沖縄の鉄道に関する事業収支を試算したところ、建設費が約1兆円、単年度収支が150億円の赤字だそうです。(糸満から名護までの鉄道)

                そんなものだと思います。事業としては、まったく成立しません。

                沖縄県の人口が約140万人ですから、赤字の解消には、県民1人あたり年1万円の支出が必要です。また、建設費を50年で返済するとして、年1万5千円。計2万5千円になります。4人家族で毎年10万円。

                そんな大金を、誰も払わ(え)ないでしょう。

                しかし、先の県議会選挙では鉄軌道の敷設を訴える候補者が多く、また、当選もしています。

                どうするつもりなんでしょうね。

                結局、建設費の9割を国が負担しますとか、毎年の赤字も国が助成しますとか、そんなことになりそうです。


                日本の国土面積のわずか0.6%に米軍基地が集中してるって話をよく耳にします。一方で、残り99.4%に住む国民から徴収した税金を、ジャブジャブ沖縄に投入しているのも事実。

                それでチャラだと言うのなら、沖縄から米軍基地は無くなりませんよね。


                県議会議員選挙で、一括交付金を有効に使いましょうと言う候補者は沢山いましたが、鉄軌道敷設のために1兆円を稼ぎましょうと言う人は一人もいませんでした。

                つまり、沖縄は基地と共存せよってことですかね。

                「鉄道を敷設すると産業振興に繋がる」って、馬鹿を言っては駄目ですよ。名護から那覇に、いったい何を運ぶんですか。


                軽便鉄道の時刻表が見つかった!!

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  沖縄戦が始まるまでの間、沖縄本島を走っていた軽便鉄道。



                  その時刻表が見つかりました。

                  20120421143430_0.jpg

                  与那原線、嘉手納線、糸満線と、多くの住民が利用していた鉄道なので、時刻表は誰もが持っていたでしょう。これまで、それが一枚も見つからなかったのですから、沖縄がいかに焼き尽くされたか、想像できます。

                  見つかったのは、ある方の日記に貼り付けてあったものだそうで、戦争中も肌身離さず持っていたとこうことですね。

                  20120421143451_0.jpg

                  拡大した写真には、与那原線の駅名が載ってますね。古波蔵、真玉橋、国場。マークが付いてるのはガソリンカーだと思います。馬力があるので、駅間の所要時間が短くなっています。

                  中学生のころ、使いもしない国鉄時刻表を買ってきては、飽きもせず読んでいたことを思い出しました。そして、クラスに何人か同じようなヤツがいました。


                  過去の軽便記事はこちらです。

                  10.01.30沖縄の軽便鉄道(1)壺川〜古波蔵

                  10.12.22沖縄の軽便鉄道(2)屋富祖

                  11.02.15沖縄の軽便鉄道(3)大里、国場

                  11.03.24辻真先著「沖縄軽便鉄道は死せず」

                  沖縄を鉄道が走る日は来るのか?

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    身も蓋もありませんが、沖縄を鉄道が走る日は来ないでしょう。

                    こんなことを絶対に言ってはダメですが、「辺野古の基地建設を認めるから、那覇・名護間に線路をひけ。」と言えば、国が速攻で実現してくれるはずです。たしか沖縄自動車道は、沖縄返還後3年で開通しましたからね(途中までですが)。

                    問題は開通後の採算です。

                    鉄道は終点に「何か」がないと、採算がとれません。大阪の地下鉄御堂筋線の北端に千里ニュータウンがあり、南端には泉北ニュータウンがあります。いずれも人口15万人です。そして、東京モノレールの終点は羽田空港です。


                    沖縄都市モノレール(ゆいレール)は、那覇空港から那覇市中心部を抜けて、首里城に至ります。こんな抜群の条件でも収支はトントン。減価償却費を含めると毎年大赤字です。

                    東京モノレールの一日の乗客数は30万人です。それでも年間の純利益は5億円。30万人って那覇市の人口です。つまり、那覇市民全員が毎日乗らないと達成できない数です。そして、ゆいレールにこの数の乗客が乗ったとしても、5億円では減価償却費を賄えません。

                    ゆいレールはそれほど厳しい経営状態なのですが、それを、沖縄自動車道西原ICまで延伸することが決まっています。


                    「えっ!? 高速道路を走らせるのか?」と思ったら、違いました。

                    つまり、西原IC付近に安くて広い駐車場を造り、本島北部・中部の人は高速道路で西原まで来て、そこに車を停め、モノレールに乗り換えなさい、と。ウチナーンチュをナメてはいけません。そんな面倒臭いこと、するわけないでしょ。ですから、ゆいレールは伸ばせば伸ばすほど、収益は悪化することになりそうです。


                    那覇・名護間に鉄道を敷設するとして、終点名護市の人口は僅か5万人。これでは、まったく勝負になりません。

                    名護の先にある美ら海水族館の年間入場者数が約250万人。首里城と大体同じ数です。だけど、鉄道の輸送量として考えると、わずか250万人。東京モノレールなら、1週間で運ぶ数です。ですから、水族館まで伸ばしても、収益は向上するどころか悪化です。


                    「何を言ってるぅ。沖縄には昔、軽便鉄道があって、北は名護から南は糸満、東は与那原まで走っておったんだ。いつも満員だった!!あんに。」

                    ありがとうございます。私は軽便評論家として、軽便には並々ならぬ愛情を持っており、その話題なら2時間でも3時間でも、お話ししたい。

                    本当に残念でした。沖縄に鉄道が定着する可能性があったとすれば、軽便でした。

                    終点がイマイチでも、沿線人口がソコソコあれば、なんとかなったかもしれません。本土の鉄道を思い浮かべると、まず線路があって、駅前に商店街が形成され、街ができています。ダンゴの串の位置に鉄道があります。

                    沖縄には鉄道がなかったため、よく言えば、まんべんなく街ができました。那覇市の中心部と言えば久茂地交差点ですが、それ以外の市町村には明確な中心部がありません。

                    戦後、アメリカーが軽便を存続させ、駅を中心とした街造りをしていれば、鉄道が生き残っていたかもしれません。だけど、彼らは自動車が好きですから、道路ばかり造ってしまいました。


                    「国民は等しく公共サービスを受ける権利がある。採算がとれない部分は国が補えば良い。」

                    まったくその通りですが、日本政府は、それを取引の材料に使いますからね。やめておいたほうがいいと思います。


                    で、交通渋滞緩和のために、本島西海岸のリーフを踏み潰して、湾岸道路が走るわけです。

                    これが、辛いなぁ。

                    辻真先著「沖縄軽便鉄道は死せず」

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      辻真先(つじまさき)著 「沖縄軽便鉄道は死せず(2005)」を読みました。




                      沖縄戦で那覇が壊滅し、米軍が読谷に上陸した直後から、物語が始まります。

                      琉球王家の子孫、辻遊郭の尾類(ジュリ)、軍医、新聞記者ら、それぞれヤンバルへ向かう事情を抱えた9人が、戦禍を免れた沖縄軽便の機関車を自ら運転し、終点の嘉手納駅を目指して沖縄本島を北上します。

                      そして、読谷から首里を目指して南下する米軍と、正面から向き合うことになります。

                      さて、9人の運命は?という内容です。


                      著者の辻真先さんは、名探偵コナンなどのアニメ脚本家であり、推理小説の作家でもあります。

                      密室殺人など推理小説の要素を含みながら、それぞれのヤンバルへ向かう事情が複雑に絡み合います。

                      完成度が高い作品で、昨夜は一挙に最後まで読んでしまい、気が付くと午前3時でした。


                      この本のもう一つの楽しみは、沖縄軽便鉄道の詳しい描写です。

                      機関車の性能や運転方法、鉄道沿線の風景、いずれも丁寧な取材に基づいたものだとわかります。

                      沖縄戦が始まって以降、軽便鉄道が乗客や貨物を載せて走ることはありませんでした。

                      フィクションではあっても、この作品によって、軽便は最後の仕事を与えられ、それをやり遂げたのです。



                      不本意な終末を迎えた軽便に、再度、スポットライトをあてた作品に、胸のすく思いがしました。


                      そして、ヤンバルを目指した9人は、それぞれの想いを遂げることができたのか?

                      物語は、予想外の結末を迎えます。

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM