糸満のアレルギー専門店「かめさん商店」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    生協(コープ)はアレルギー対応商品が充実しているので、保育園の調理師から、商品名を指定して注文を受けることがあります。

    今回は米粉ケーキミックス。私が国場のコープで仕入れて、今朝、相棒のAが配達しました。

    ところが、

    A「Cさん、これは違うってよ。コープのやつが欲しいんだって。コープのやつ」

    C「コープのやつがそれ」

    A「だから違うんだって」

    C「コープで買えって言われてコープで買って。それが違うってどうすりゃええねんっ!!」

    A「わっ、ワンには分からんさ」

    C「ああ、ゴメンゴメン。今のは調理師に言ったのね」

    A「明日お願いね。コープのやつ」

    C「なんか、ムカつくわぁ」


    調理師に商品名を確認したら、その商品はコープでは扱っていないことが分かりました。メーカーに問い合わせたところ、糸満の「かめさん商店」と取引きがあると。

    さっそく、かめさんに連絡したところ、注文量とちょうど同じ、5パックの在庫がありました。しかし、糸満は遠いのよねぇ。先週、糸満の冷凍商品メーカーに行ったばかりだし。


    だけど、「これは違う」と言われたら、ムカつくと同時に「よ〜し、見とれよぉ」と思ってしまうのよね。ワタクシ。

    はい、到着しました。かめさん商店。



    民家かと思うような小さなお店でしたが、アレルギー対応商品の専門店としては、充分なのかもしれません。

    こんな店内でした。



    左が正解の「おこめのケーキミックス」で、右がコープの「米粉のホットケーキミックス」。



    左の商品のほうが、アレルギー対応度が高いようで、価格は240gで420円(税別)でした。


    糸満からの帰り道、保育園に寄って商品を届けました。時間や費用を考えれば割に合いませんが、調理師の苦労に比べればね。

    自分が調理した昼食やおやつを園児が食べて、ひきつけをおこして床に転がってごらんなさい。

    想像しただけでゾ〜っとします。

    そして、父兄に叱られるんでしょうね。

    う〜む。やっぱりムカついてる場合じゃなかったな。


    嬉しいような、腹が立つような(2) 452円の謎

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      8千円が戻ってきた喜びと、452円を失った悲しみを比べれば、当然、喜びが勝ります。が、しかし。452円はどうなったのか。そこがまったく釈然としません。


      セルフレジは(おそらく)前後左右からカメラで監視されており、レジの横では、割り箸やストローを並べた陰でオバハン店員が目を光らせています。

      アタフタとパン粉をスキャンして、お釣りを取り忘れたオッさんの姿もバッチリ録画されていることでしょう。


      そして、同じレジに来た次の客が私の釣り銭を見つけます。

      普通に考えて、その客は全額を店員に届けるか、全額を自分の財布に入れるかのどちらかでしょう。ど〜考えても、8千円だけを店員に届けて、452円をポケットに入れたりはしないのです。

      では、452円はどうなったのか。釈然としない時には、何か大きな見落としがあるんですよ。必ず。


      さて、夕方、私は仕入れの金額を集計し、店から預かった金額との差額をお母さんに返します。今日は現金が452円足らないはずですから、そこは自分が補填して清算せざるを得ないでしょう。

      お金を届けてくれた人には、1割程度のお礼をしますから、452円では安いくらいです。そう考えて8千円が戻ってきたことを素直に喜びましょう。

      と、無難なところで自分を納得させようとした時、ある仮説がひらめいたのです。その仮説を証明する方法にも気付きました。

      さすがは私です。


      一つ前の投稿で、既にこのオチに気付いた方、この投稿の途中で気付いた方、「えっ、何?、何?」な方、人それぞれでしょうが、私は店の清算を始める直前にやっと気付きました。

      清算の結果、おそらく残金に過不足なく、私は補填の必要が無いはずです。

      何でかねぇ〜(笑)。では、清算を始めましょう。


      この投稿には写真が無いので、八重山を旅行中のひよこさんからいただいた、きいやま商店を掲載します。



      「CDのジャケットとなるべく同じアングルで」とお願いしたところ。ひよこさんが頑張ってくれました。

      そのジャケットがこちら。



      さすがはイオン(笑)


      嬉しいような、腹が立つような(1) パン粉が無いっ!!

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        今朝、ある保育園の調理室でのこと。

        私が納品したミンチや玉ねぎや豆腐などをこねくり回して、調理師がハンバーグを作っていました。

        その時。

        「あっ!。パン粉が無い」

        「ガーーーン。注文するのを忘れてたぁ」

        茫然とする間も無く、私の顔を思い浮かべる調理師。

        調「もしもし、Cさん。お願い。すぐ持ってきて」

        C「すぐと言いますと?」

        調「そうね。なんとか9時に・・」

        C「無理。配達が終わるのが9時だから、9時半なら」

        調「仕方ないわね。なるべく早くお願いね」

        「仕方ないのはどっちやねん」と思いつつも、少しでも早く届けたいのが人情というもの。私は全速力で配達を終え、イオン那覇店に駆け込みました。スーパーで買うと割高ですが、市場に戻るヒマはありません。


        素早くパン粉1.2キロを買い物カゴに投げ入れ、ついでに牛乳4本も買い、レジをチラッと見てセルフレジに走りました。



        そこで8時55分。保育園はすぐ近くですから、10分後には届けることができるでしょう。


        まあ、このように役割を果たした私です。心地よい疲労感の中、サンエー壷川店で色々と買い足して、支払いをしようとすると、財布のお金が1万円近く足りません。

        「うわっ!。そうかっ!!」

        「ガーーーン」

        こちらは、イオン那覇店のレシート。



        私はセルフレジに1万円を投入し、お釣りの8,452円を置き去りにしたのでした。


        あのセルフレジってのは、やれ商品を取れだのレシートを取れだのイチイチうるさいので、私は常々、

        「ケッ、買い物に来て商品を取らずにどうすんねん」

        などと小声で言い返していたのでした。

        そんなことは棚に上げて、イオン那覇店のサービスカウンターに電話しました。

        「ご安心下さい。お預かりしています」

        おお、ありがとう。これからはセルフレジにうるさく言われても、口答えは致しません。


        ところが、サービスカウンターのネェネェが、

        「はい、こちらがお預かりしていた8千円でございます」

        と言うんです。

        えっ?。小銭の452円は無いの?

        (続く)


        お釣りの心配

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          某青果店の仕入れ先のうち、知念精肉店などの仕入れ額が大きな店は、そこの従業員が集金に来てくれます。一方、カマボコ屋や豆腐屋など、オバぁがやってる店は仕入れたその場で現金払い。

          そのため私は、朝一番で、その日の仕入れに必要な現金を概算し、お母さんからその額を受け取ります。


          ところが、市場で一万円札は使いにくいのよね。お母さんに「あらかじめ金種を揃えろ」なんて無理ですから、5千円札が入るように預かるのがせいぜいです。




          さて、バイクにまたがった私は、釣り銭の心配をしながら、その日の仕入れ順を決めます。

          みやま菓子店のオバさんは「あ〜ら、私は一万円札が大好きよ。いつでも払ってちょうだい」などとおかしなことを言いますが、そんな人はまれ。

          ゆし豆腐1キロ140円、おから1キロ100円みたいな商売をしてるヨシエオバぁに一万円札なんて渡そうものならオロオロするに決まっていて、市場の人達に私の常識どころか人間性まで疑われてしまいます。




          適度に7〜8千円の支払いがあればありがたいのですが、いよいよ進退窮まれば丸大スーパー神原店に駆け込みます。最近のレジは一万円札をくわえ込んで、お釣りをピッと吐き出してくれるので、罪の意識が和らぎます。

          丸大スーパーを両替機に使って申し訳ないけど、毎朝、スポーツドリンクと缶コーヒーを買ってるので勘弁して下さい。


          市場の仕入れは終盤戦を迎え、財布がジャラジャラになった私はもやし屋へ向かいます。早朝のもやし屋は大忙しなので、ここだけは釣り銭が要らないように一円単位で代金を揃えます。

          もやし屋のテーブル上には私が前日注文したもやしの袋が並び、事務机の上には領収書が置いてあります。つまり、お釣りが不要なら、もやしと領収書を勝手に取って、事務机の上に代金を置くだけ。もやし屋のオバぁと口をきく必要がありません。

          もやし機の前に立つオバぁは目で「ニフェーデービル」と言い、私も目で「どういたしまして」と応えます。


          午後の配達が終わると、仕入れの清算の時間です。

          一日分の領収書のタバをホッチキスで止めます。次に、朝、お母さんから預かった金額と領収書の合計額、残金をメモに記し、領収書や残金と共にビニール袋に入れます。

          ここで残金が丁度にならなくて、

          「残金が1,856円で袋に2,056円が入ってます。差額の2百円を下さい」

          などと言い出すと、お母さんとの話が面倒になるので、残金が丁度になるように揃えます。


          かくして私は、一日中、釣り銭の心配を続けてるのですね。農連市場にEdyが導入されるのはいつのことやら。


          お釣りはウチナーグチでケーシ(返し)です。単純明解。なんて分かりやすいんでしょ。

          「お釣りは結構です」はユタサイビーンと言いますが、米国統治下を生き抜いてきたオバぁが「ノ〜、チェインジ〜」などと言うことがありますから、油断してはいけません。


          仕入れ先との会話

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            (1)上原惣菜屋で

            佐辺昆布店でお弁当をもらったので、それをお昼に食べようとしたら箸がありません。

            某青果店と佐辺昆布店は市場の端と端。遠いし、弁当をもらって箸までよこせと言うのもナンなので、近くの上原惣菜屋に向かいました。

            C「はい、缶コーヒーちょうだいね」

            上「缶コーヒーね。ありがとう」

            C「あら、割り箸は?」

            上「えっ?」

            C「缶コーヒーに割り箸つかないの?」

            上「つかんだろっ(笑)」

            C「普通はナンゼンお付けしましょうかって・・・」

            上「も〜、欲しいなら欲しいって。はい、割り箸」

            C「(笑)」


            (2)金城商事牧志店で

            金城商事で卵を2ケース買いました。1ケースが20パックで12キロ。2ケースを持ち上げると「うっ、おっ、くっ」と、誰も話しかけないでちょうだい状態になります。

            お店もそこは考えてくれていて、レジには卵用のバーコードが用意されています。だから、私は卵の棚からバイクの荷台に直行できます。

            卵のケースを荷台に縛り付け「よしオッケー」になり店内を振り返ると、レジのお姉ちゃんと目が合いました。

            C「じゃ!!」

            姉「おい、こらっ!!。『じゃ!!』じゃないだろっ。こっちへ来いっ!!」

            C「どした?」

            姉「あら、私としたことが、お客様に何てことを。」

            C「鋭いヤツやな。『じゃ』、『どうも〜』、『えっ、お金はいいの?』、『ぎゃっ!!』の予定だったんだよな」

            姉「7,400円でございます(笑)」


            (3)佐辺昆布店で

            月曜日なのでゴミを出そうとしたら、那覇市のゴミ袋がありません。仕方ないので、ゴミと共に出勤し、佐辺昆布店でゴミ袋を買いました。



            良和君が店番してたので、「ゴミ袋ちょうだいね」と言うと「あっ、Cさん。180円です」

            以前、カップラーメンが400円と言った総理がいましたが、パッと180円ですと言えるところが偉い。「玉三郎はゴミ袋の値段が言えるんかな?」と考えましたが、それを口にすると「他に褒めることはないんかいっ」と言われそうなので、オジさんは黙ってゴミ袋にゴミを突っ込んだのでした。




            バ〜ロ〜なやつ

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              保育園に納める商品をあちこちで買い物していると、スーパーや専門店などのサービスレベルの違いが分かってきます。同じ系列でも店舗によって大違い。

              そこのバ〜ロ〜な店員の話をブログに投稿したところで、ちっとも世の中のためにならないのに、つい投稿してしまうのよねぇ。


              昨日の午後の配達で、充実野菜12本の追加注文がありました。保育園に行く途中の薬局が安いので、そこで買いましょう。

              出発後、念のために在庫確認の電話を入れました。

              C「もしもし。充実野菜の緑黄色野菜ミックスが1ケースある?」

              薬「え〜っと、充実野菜の何ですか?」

              C「緑黄色野菜ミックス」



              薬「ああ、ありました。緑の野菜ミックスですよね」

              C「違うよ。それは緑色でしょ。オレンジ色のやつ」

              薬「伊藤園ですか?」

              C「そう。充実野菜だからね」

              薬「ああ、オレンジ色。わかりました。在庫を確認して折り返します」

              C「運転中だから、5分後にこちらから電話しますよ」

              薬「わかりました」


              バ〜ロ〜!!

              「ありますよ。お待ちしています」で済む話じゃないですか。

              自分の職場の売れ筋商品も知らず、店内を漂ってるだけの店員に、在庫があるかどうかなんて分かるはずもなく、結局「折り返します」。

              そんなバ〜ロ〜は

              「電話に出るな!!」

              と言いたい。


              その薬局までは約10分の距離。5分経ったところで電話をしました。

              ところが20回以上呼び出しても電話が繋がりません。1、2分おいて再び電話をしたら、今度は15回目あたりで切れました。

              まさかの着信拒否か?

              「電話に出ろ!!」

              と言いたい。


              そんなことをしてるうちに、薬局に着きました。

              左右にレジカウンターがあったので、左手のレジに並び、自分の順番になったので、充実野菜はあったのかと尋ねたら、

              薬「こっちは薬品ですから、あっちに並んで下さい」

              そんな表示はどこにもありません。「あっちへお前が動け」と言いたい。

              C「充実野菜はあったの無かったの」

              そしたら、その店員は3mほど離れた右のカウンターまで往復して、

              薬「あちらに置いてあります」

              「動いたんなら持って来い」と言いたい。


              やっと充実野菜を手に入れて、

              「電話に出さないよ」と言ったら、「話し中だったんじゃないですか?」


              呼び出し音と話し中の区別もつかないと思われたオジさんは、

              「バ〜ロ〜!!」

              と小声で呟きながら、店を出たのでありました。


              同じ系列の他店では、私が名乗る前から

              「あっ、Cさん、いつもありがとうございます」

              小禄店は優秀だなぁ(笑)


              1ダースなら安くなるのは良いことか?

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                たけのこスライスは1キロパックが1,400円で、150gパックなら300円です。

                小さいの5パックで1,500円になり、750gのくせに1キロパックよりも高くなります。

                なので、保育園の注文量の端数が700g以上なら1キロパックを納め、600g以下なら小分けで納めることになります。

                まあ、それで良いわけですが、700gの注文なのに1キロ納めたら、300g余るじゃないの。

                捨てるのか?

                子供に多めに食べさせたり、近々、たけのこが必要なら保存しておくとか、それならば無駄になりません。

                ところが、そうもいかない場合、どうしてるんでしょう。

                残飯王国と呼ばれる日本で、私がその責任の末端を負っているような気持ちです。


                知念精肉店から、豚ミンチ(上)は1キロ単位で仕入れます。

                ところが、注文量は400g。

                どっ、どうする?

                保育園で、「ちわ〜っす。豚ミンチ(上)は1キロ単位なもんで、すんませ〜ん。」と言うしかありません。

                調理師さんは「仕方が無いナ」と頭では理解してくれても、気持ちは「ムッ」とするでしょう。

                そして、余った豚ミンチ(上)600gはどうなる?


                知念のお母さんに「頼むから、400gだけちょうだい。」とお願いすれば、暫し考えて、「わかった。いいわよ。」と言うに決まってます。

                それが困るのよねぇ。

                小分けにするのだから、割高にすべきところ、そうはしないはず。その上、残り600gが傷むリスクを負わせるわけですからね。

                あっさり断ってくれれば良いのに、お母さんは頼まれると断らないからなぁ。

                だから、頼めないのよねぇ。


                そもそも、「1ダースなら安くしよう。」と思いついたヤツがあかんのじゃないか?。

                余計なことをすんなよ。

                ブツブツブツ・・・・。


                C「ってことなんだけど。」

                A「しょれがなんね。」


                イチゴが1パック千円って!!

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  今週の沖縄県中央卸売市場。イチゴの卸値が1パック千円(17粒)!!。

                  普段は3百円か4百円。



                  ふざけんな!!

                  と言いたい。

                  クリスマス行事を企画している保育園に、順番に頭を下げ、園児に1粒ずつのところを半分にカットしてもらったり、他の果物やフルーツ缶に変えてもらったり。

                  クリスマスになったら、突然、イチゴが上等になるのかっ!!。


                  テレビ番組で、

                  「美味しいイチゴができました。皆さんに食べていただきたいで〜す。」

                  などとニコニコしている農家、ならびに流通業の方々。

                  本当にそう思っとんのかっ!!

                  と言いたい。


                  かかる状況を、某青果店のお父さんに告げると、

                  「はっさみよ〜な!!。値段の問題じゃないよっ!!。これはタタリが来るよ、タタリがっ!!。」

                  さすが年の功、うまいこと言うわ(笑)。


                  「どうするのか」な話

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    (1)ガーブ川の人道橋

                    農連市場を流れるガーブ川。よほど居心地が良いのか、今日もティラピアの養殖場みたいになってます。



                    写真の橋は人道橋。他の一本の橋は老朽化が進み、とっくに通行止めですが、とうとうこちらも寿命のようです。



                    暗くて読めませんが、人命の安全確保を優先させ、通行止めにすると書いてあります。

                    期日は12月1日より。

                    って、今日は12月8日(笑)。



                    貼り紙して安心したか。

                    フェンスのサイズを間違えたか。

                    貼り紙したことを忘れたか。

                    市場の皆さんは、貼り紙を振り向きもせず、いつものように橋を渡っております。


                    (2)朝の交通渋滞

                    今朝の那覇大橋は大渋滞。与儀交差点から橋の向こうの山下交差点まで、ビッシリです。



                    これは交通事故に違いなく、小禄に入るまで1時間近くはかかりそうです。

                    さすが地元のワタクシは、古波蔵の鉄道跡を抜け、爬龍橋、とよみ大橋と迂回して、小禄の入口に着きました。

                    GoogleMapに赤線で示される渋滞情報は信頼できます。スマホの位置情報を集めて、場所ごとに束ねてるんでしょうね。

                    こうなると、警察が各地の信号付近に設置してる、プールのシャワーみたいな装置は必要ない気がしますね。


                    (3)国道508号線

                    国道507号線。



                    那覇から、南風原、八重瀬を抜けて糸満まで続きます。

                    国道番号としては日本最大。これ以上大きな番号を持つ国道はありません。

                    ビギンの栄昇君が、

                    「走るぜ508号線〜」

                    と言ってますが、どうするのか。


                    今朝の買物(その2)

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      昨日、ある保育園は敬老会だそうで、朝の配達で、巻き寿司150個、稲荷寿司230個を納めました。お寿司をお願いしたのはスーパーかねひでの惣菜コーナーです。

                      かねひでの開店が9時なので、朝の配達が終わった後、かねひでに直行し、お寿司を受け取り、保育園へ引き返す段取りです。

                      その保育園には8時45分頃、お寿司以外の商品を届けましたが、予定より15分遅れ。もう一ヶ所、配達があるので、お寿司を届けるのは9時半頃になりそうです。


                      C「すみません。9時半になります。」

                      保「9時半かぁ、ギリギリね。Cさんに『急いで』とは言えないけど、あと10分欲しいわね。」

                      私は、子ヤギの群れにオンボロワゴンで突っ込んでゆく立場。良識ある保育園では、私に「急げ」とは決して言いません。

                      C「わかりました。今日は、商品の検品をお願いしますね。」

                      保「了解!!。自分で検品ね(笑)。気をつけて。」

                      タマネギ箱6個を厨房に放り投げて、次の保育園に向かいました。


                      配達を終え、かねひでに到着したのが9時5分。ここから納入先の保育園まで5分で着きますから、10分でお寿司を受け取れば間に合います。

                      C「おはようございます。」

                      か「8個切り巻き寿司19本と、6個入り稲荷39パックです。」

                      C「ありがとうございます。稲荷の値段が上がりましたね。1個50円ですか。」

                      か「すみません、少し上がりましたね。前回はいくらでしたか?。」

                      しっ、しまった。

                      おっ、お父さんに前回価格を調べるように頼んだのに、お父さんは調べるのを忘れ、私は聞くのを忘れています。

                      そんな簡単に思い出せないし、時間は10分しかないし、

                      え〜い。もう、しゃあない!!

                      C「35円。」

                      か「あっ、特売価格だったんですね。わかりました。今回は33円でお願いします。」

                      言うてみるもんです。

                      稲荷寿司は一個17円、つまり17円×6個×39パック安くなりました。

                      これはヒラメキの勝利。56歳の頭脳としては上出来と言えるでしょう。


                      かねひではスーパーですから、いくらまとめ買いしても、商品は買物カゴに入れ、支払いはレジです。



                      お寿司を箱に移すヒマが無いので、レジのお姉ちゃんに頼んで、カゴごともらってきました(笑)。

                      保育園到着は9時18分。

                      やっ、やりました。

                      C「遅くなりました〜。かねひでで〜す。」

                      保「ありがとう!!。さすがかねひでさんね。この時間なら大丈夫よ。」

                      C「かっ、カゴを返して下さいね。」

                      保「はい、すぐ移しますね。与儀さん?、与儀公園さん?。」

                      C「さあ、それは言えませんね。」

                      保「そりゃそうね(笑)。はい、カゴが空きました。お疲れ様。」


                      ヨーグルトを買ったのが昨日のように思える、土曜日の午前9時半でした。


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM