コロナウィルスの状況

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    5月1日以降、沖縄県のコロナウィルス新規感染者数は0。ゴールデンウィーク期間中の感染者がこれから顕在化するかもしれませんが、一応、落ち着いています。

     

     

     

    (1)沖縄県庁の様子

     

    沖縄県庁の職員はコロナウィルスに関係する医療従事者に対して、毎日決まった時間に拍手をするんですって(^^)

     

     

    医療の現場で防護服や医療用マスクは足りているのか。勤務時間の超過は許容範囲内にあるのか。いわれのない差別や偏見は起きていないのか。

     

    県庁はきちんと役割を果たした上で、拍手をしてるんでしょうか?

     

    医療従事者から「拍手はいいから、マスクをよこせ」と声が上がっても拍手は続けるんでしょうか?


    わざわざ面倒なことをしますねぇ。

     

     

    (2)那覇市役所の様子

     

    先日、那覇市は10万円の給付開始が6月末から7月になる見通しだと投稿しました。

     

    そこで、少しでも早く給付を受けたいと考えた多くの市民が、マイナンバーカードの申請に詰めかけているそうです。ところが、マイナンバーカードを手にすることができるのは2ヶ月先だそうで(^^)

     

    どうですか。「市民の思うようには決してさせない」と、そのポリシーを貫く那覇市役所(笑)

     

    「沖縄の時間はゆっくり流れる」

     

    それを体感したい観光客の皆様は那覇市役所へお越し下さいませ。

     

     

    (3)休業補償

     

    連休中、那覇はシャッター街になりました。

     

    多くの店舗が休業してくれたおかげで、人の往来が減り、コロナの感染者数を抑制することができました。店主の皆様には、心から感謝申し上げたい。

     

    一方、何の補償も無い状況で、よく休業を決心できたものだとも思います。

     

    私が店主なら、行政に損害賠償請求の訴訟を起こすか、そこに勝機が無いのなら営業を続けるだろうと思います。

     

    やむを得ず営業を続ける店舗に嫌がらせをする市民がいるそうですが、クソですねぇ。この紙を貼った人の正義とは、どんなものなんでしょう。

     


    沖縄の泡盛コーヒー

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      昨年7月に名古屋のバルさんが始めた 「オキナワ食堂ばるやパーラー」 

       

       

      店の名前は食堂でありパーラーでもあるけれど、バルさんが納得した(自作の)料理だけをメニューに加えているようで、SNSに登場する料理は一品一品が上質な印象です。つまり、上質な沖縄家庭料理。

       

       

      コロナの影響で存続が危ぶまれる店舗が多い中、バルさんは創意工夫(て言うか不眠不休)でなんとかこの災難を切り抜けることができそうで、彼の頭にはその先の事業展開があるようです。

       

       

      そして、バルさんが将来的にラインナップに加えようとしている商品の一つが泡盛コーヒー。

       

       

      沖縄ファミリーマートの人気商品「泡盛コーヒーBLACK」を起点にあれこれ考えたいけど、名古屋では流通していない。どうしよう。と呟いていたので、1ダースを仕入れて送りました。

       

       

      泡盛の銘柄はどうするか、度数は?、泡盛とコーヒーの割合は?。いやぁ、なかなか答えを出すことが難しそうな作業です。泡盛コーヒー1ダースでは足らないかもしれません。

       

       

      ファミマの泡盛コーヒーには新里酒造の泡盛が使われています。新里酒造の創業は琉球王国末期の1846年。沖縄最古の酒造所です。

       

      また、新里酒造の本社は沖縄市古謝にあります。バルさんが大好きなコザの街の語源となった古謝に酒造所があるのも何かの縁でしょう。

       

       

      私は古波蔵のスナック「MIKAN」で泡盛コーヒーを飲むことがありますが、混ぜるコーヒーは少しだけ。飲んでる泡盛が残波か菊之露か区別がつかなくなるほどコーヒーを混ぜては本末転倒ですよね。

       

      とは言え、コーヒーをドバドバっと入れても、それなりに美味しいわけよね。あはは。酔っ払いだからね。

       


      今日の会話

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

         

        (1)返品された大根

         

         

        調「大根がスカスカでした。返品させてもらえますか?」

         

        C「あちゃー、これは酷いな。酷いけど、ありゃ?」

         

        調「どうしたんですか?」

         

        C「今週は大根の注文が無かったから、これは連休前に納めた大根だね」

         

        調「えっ?」

         

        C「えっ?」

         

        調「ごっ、ごめんなさい」 

         

        C「色々と謎なんだけど、ちょっと恥ずかしいかな?」

         

        調「ちょっとじゃないですよね。すみません(^^)」

         

         

        (2)ゆいレール

         

         

        C「Aさん」

         

        A「なんね」

         

        C「ゆいレールには乗った?」

         

        A「まだらけろ」

         

        C「乗らない男だな。モノレールがホームに着いたらドアが開くから。そしたら、乗っていいからね」

         

        A「フォッ、フォッ、フォ。しょうね」

         

         

        (3)からしなおにぎり

         

         

        惣「いつもありがとう」

         

        C「ど〜しても食べたいわけじゃないんだよな」

         

        惣「えっ?」

         

        C「ここを通ろうとすると、つい財布から130円出して握ってるわけよね(笑)」

         

        惣「いいねぇ。習慣なってるさ」

         

        C「じゃあまた明日の朝ね」

         

         

        (4)返品された理由

         

        C「お兄ちゃん」

         

        A「なんね」

         

        C「大根がスカスカで返品されたけど、俺が上手いこと話しておいたから」

         

        A「しょうね」

         

        C「何て話したか聞けよっ!!」

         

        A「上手くいったんらよね」

         

        C「ウチナーンチュ(^^)。結果を知ったら過程はどうでもいいんかい」

         

        A「じゃあ、もういいの?」


        寝てんのか?

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          寝てんのかと言いたい。

           

           

          C「もしもし。特別給付金の給付開始時期だけど。那覇市は6月末から7月って本当なの?」

           

          那「まだ詳細な日程は決まっておりませんが、なるべく早く給付できるように致します」

           

          C「じゃあ本当なんだ。全国の県庁所在地47都市のうち29都市が5月中の給付開始を目指すと言ってるけど、どうして那覇市はできないの?」

           

          那「それぞれの都市の事情がありまして」

           

          C「那覇市の事情って何?」

           

          那「いえ、那覇市と致しましても、5月中の給付を目指すことに変わりはございません」

           

          C「申請書はいつ郵送するの?」

           

          那「今月25日を予定しております」

           

          C「それじゃあ5月中の給付開始は無理だね」

           

          那「まあ、確かに」

           

          C「青森市は申請書を市のホームページからダウンロードできるようにしたそうだけど、那覇市はやらないの?」

           

          那「いえ、いくら申請書を早くお渡ししても、給付が早くなるってことではありませんので」

           

          C「青森市がそう言ってるの?」

           

          那「いいえ。確認しておりません」

           

          C「聞きなさいよ」

           

          那「はっ、はい」

           

          C「公務員は失業も休業もしないから給付金なんていつでもいいんだと、市民からそんな目で見られてることは分かるよね」

           

          那「はい。分かります」

           

          C「まさか、土日を休むつもりじゃないだろうね」

           

          那「いえ。交代で出勤します」

           

          C「じゃあ、お願いしますよ」




          C「Aさん」


          A「なんね」


          C「那覇市はあかんな」


          A「宜野湾はどうね」


          C「あっ、そうか。宜野湾か。えーっと。あっ!!。5月下旬やんか」


          C「フォッ、フォッ、フォ」


          コザの散歩(16) エイサーの街

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            コザの一番街です。アーケードの排水管に、各青年会の旗印(サイン灯)が取り付けられています。

             

             

            左が池原青年会で、右が松本青年会。沖縄市には23の青年会があり、その全てがここに揃っています。

             

             

            マンホールの蓋には、エイサーキャラクターのエイ坊と、

             

             

            サーちゃん。

             

             

             

            先日、胡屋交差点のエイサーキャラクター(銅像)を紹介しましたが、中の町なかどおりの入口にもいます。

             

            エイ坊(大太鼓)とサーちゃん(イナグモーイ)

             

             

            通りを挟んだ向いに、さなじい(サナジャー)とたーくん(締太鼓)。

             

             

            締太鼓がどうしてたーくんなのか、いくら考えても分かりません。まさか太鼓の"た"ってことは無いよね(^^)

             

             

            こちらの街灯には、

             

             

            全島エイサーのロゴと青年会の名札。

             

             

            中の町なかどおりには旗頭をデザインした街灯があり、支柱に組み込まれたカプセルにエイサー人形が入ってます。

             

             

            例えばこの街灯は高原青年会。人形の衣装は青年会の衣装と同じデザインで、青年会を紹介するプレートが貼り付けてあります。そして、夜になると点灯して足下を照らしてくれます。

             

             

             

            一つ前の投稿で「人の手が街に行き届いてる」と言いました。エイサーというコンテンツを生かした街づくり。良くできてると思います。

             

            残念なのはエイサー人形のカプセルが曇っていたこと。これが以前のコザのイメージなんですよ。何かを仕掛けるんだけど、途中でほったらかし。訪問者に「やる気あんのか?」と思わせては台無しです。

             

             

            全島エイサーのオフィシャルビデオがありました。コザの街とエイサーの関係が良く分かりますので、是非どうぞ。

             


            青年会のメンバーがエイサーとは何かと問われて、「人生」、「全て」、「誇り」などと答えてました。エイサーが無かったら、彼らはどんな夏を過ごしてたんでしょうね。

             

             

            最後の写真は「中の町ビアガーデン」が入っているビル。ゴヤ市場仲程ニィニィのお店です。

             

             

            (終わり)


            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << May 2020 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM