首里城はどうなってるのか?

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    明日から保育園が始まるので、朝がた少し仕事をしましたが、一日をダラダラと終わらせないために、家には帰らず、首里城へ行くことにしました。火災以来、初めてです。



    ポカポカ陽気の中、木曳門から入って、

     

     

    西のアザナへ上がりました。

     

    ここからの眺望は那覇で一番だと私は思っています。何度来ても素晴らしい。

     

     

     

    西のアザナから京の内を抜けて、奉神門に出るあたりで、南殿・番所が見えました。

     

     

    写真を拡大しましょう。正殿は完全に焼失し、背後の淑順門や女官居室が見えてます。二本の龍柱は残ってました。

     

     

    こちらは、広福門を出た所から見た北殿。

     

     

    1986年以来続いた首里城整備事業は260億円を費やして、昨年完了しました。そのうち73億円分が焼失したことになります。

     

     

    火災以降、沖縄県民が悲しみに暮れているとか、心のよりどころを失ったなどと、繰り返し報道されました。そして、全国から集まった寄付や募金は10億円を超えました。

     

    「ちょっと待て」と言いたい。

     

    今、議論すべきは、首里城をいかに復興するかではなくて、何故、火災が起きてしまったかでしょう。

     

    出火原因が判明したとは聞いていないし、管理者である沖縄県知事が責任を取ったとも聞いていません。

     

    県民の心のよりどころを灰にし、国民に73億円もの損害を与えたのですから、ウヤムヤで終わらせては駄目ですよ。

     

     

    りゅうちぇる君。貴方は「悲しくて泣いちゃいました」と言うてたけど、学校の遠足やテレビのロケ以外で首里城に行ったことがあるの?

     

    正殿が燃えて「心のよりどころを失った」と言うてる人。首里城以外のグスクに正殿は無いけど、中城も勝連も今帰仁も、グスクは心のよりどころになってるじゃないですか。

     

    首里城の火災については、言いたいことが多いのよ(^^)

     

     

    首里城の無料区画は従来通り開放されていて、火災の影響はありません。

     

     

    もちろん、守礼門も健在です。



    観光客の皆様。「火事になったから、首里城へは行かない」なんて言わないで、考え直して下さいね。


    新春のチブヤ(壺屋)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      皆様、明けましておめでとうございます。

       

      今年も「沖縄の風景」をよろしくお願い致します。

       

       

      さて、こちらは壺屋のビンジュルグヮ。

       

       

      那覇市民の初詣は波上宮か奥武山の沖宮ですが、熊野権現みたいな神様より、地元の神様のほうが何かと力になってくれるのではないかと。

       

      そう考えて、今年は壺屋の御嶽に来て、昨年の様々な出来事を感謝したり、新年の抱負を聞いてもらったりしました。

       

       

      せっかくですから、久しぶりに壺屋を散歩してみましょう。

       

      壺屋陶芸センターのシーサーは壺屋の西側入口にいます。

       

       

      壺屋には南ヌ窯(フェーヌカマ)と東ヌ窯(アガリヌカマ)の二つの窯がありますが、いずれも引退していて、今は文化財として管理されています。

       

      こちらが南ヌ窯。

       

       

      壺屋焼物博物館のすぐ隣にあり、酒甕や水甕、厨子甕などを焼く荒焼窯でした。

       

       

       

      琉球王朝時代の1682年に、湧田、知花、宝口の窯が壺屋に統合されました。いしまち通りはその時以来のメインストリート。

       

       

      かつてはこの通りを、粘土や焼物を積んだ荷車が往来していました。石垣に巻き付いた蔓が名前の由来です。

       

       

       

      こちらは旧新垣家住宅と東ヌ窯。

       

       

      東ヌ窯は酒器や皿、鉢などを焼く上焼窯でした。新垣家住宅は窯主の住居であり、陶工の作業場でもありました。

       

       

      場所はやちむん通りの東入口付近。下の写真の右端にひめゆり通りが見えてます。

       

       

      やちむん通りは東行きの一方通行。ひめゆり通りに出てしまうと、引き返すのが大変です。

       

      やちむん通り沿いの駐車場に車を置いて、歩いて回って下さい。やちむん通りといしまち通りを往路と復路に利用して、ぐるっと効率良く回りましょう。


      うちなーぐち朝のラジオ体操

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        知ってる人は知っている「うちなーぐち朝のラジオ体操」。公設市場では使われているものの、農連プラザは(NHKの)原曲のままで申し訳ないです。


         

        「うちなーぐち朝のラジオ体操」は本島各地でロケが行われていまして、こちらは「瀬長島編」。上空を横切る旅客機と、最後に登場するオジィがシュールです(^^)
          

         

        この動画が配信されたのは2012年のことでした。最終回でダイジェストされてるロケ地を全て言い当てることができたら、當山菓子屋の源氏パイをプレゼントしましょう。


         

         

        味のあるナレーション(体操指導)は民謡歌手で介護士の喜屋武均さん。1976年生まれなので、配信時は36歳です。

         

         

        今なら、じゅん選手が担当してたかもしれませんが、同時はまだ無名でしたからね。

         

         

        喜屋武さんもじゅん選手もウチナーグチの使い手ではありますが、二人には私でも分かる違いがあります。

         

        喜屋武さんが使っているウチナーグチは年寄りの言葉で、農連市場の言葉と同じ。オジィやオバァが違和感なく会話ができる言葉と言っても良いでしょう。

         

        一方、じゅん選手は若い人向けのウチナーグチ。私でさえ「ん?」と思うことがあるくらいですから、ウチナーグチのネイティブスピーカーには、かなりの違和感があると思います。

         

        だからって「じゅん選手のウチナーグチはどうなのか?」などとは言いません。民謡歌手のウチナーグチとお笑い芸人のウチナーグチは、聞かせる相手(ターゲット)が違う。そういうことです。


        ウチナー蒲鉾うさがみそーれ

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          ジランバ屋の工場にすり身を貰いに行ったら鯛の(カタチの)蒲鉾が出来上がっていたので写真に撮りました。

           

           

          工場で働いてるオヤジが「へ〜、それが珍しいの?」と(^^)

           

          こいつはバカじゃないのか(笑)

           

          「自分は蒲鉾屋でこいつは八百屋」ってことに考えが至れば、私の行動は至極自然なもの。少しは考えなさいよ。

           

          鯛の蒲鉾は進物用。1キロサイズで1,500円ほどだと思います。お腹にあんこは入っていません(笑)

           

           

          ジランバ屋の名前の由来は創業者の玉城ジラさん(糸満)に、姉さんを意味する「アバー」をくっつけたもの。

           

          那覇市歴史博物館所蔵のこの写真には「糸満のアングヮー」とキャプションがついてました。

           

           

          アングヮーも姉さんで、アバーとの違いは町民と農民でしょうか。士族の言葉で姉さんはゥンミー。

           

          三姉妹ならば、上から「ウフンミー、ゥンミー、ゥンミーグヮー」と呼び、大阪の「とおさん、いとさん、こいさん」にあたります(監修はikokaとおさん)。

           

           

          ジランバ屋の創業は昭和元年で、もうすぐ百年。

           

          蒲鉾工場で働く人達は、余計なことは言わず、約束を守り、優しい笑顔。さっきは悪口を言いましたが、私はこの人達が好きです。

           

          公設市場のジランバ屋 

          丸かまぼこは7時半にできていたか 

           

          それに引き換え、売店のオバハンの厚化粧はどうにかならんものなのか。化粧が風に舞い、蒲鉾に着地することはないにせよ、未包装の食品を扱うんですからね。


          オバハンを売ってるんとちゃうねんから(^^)


          今帰仁グスクの石積み

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            今帰仁グスク、大庭(ウーミヤー)の石垣。

             

             

            この石垣をよく眺めると、少なくとも3世代の石積みがあることが分かります。石垣の根の部分の石積みとその上に古い石積み、さらにその上に新しい石積み。

             

            いずれも野面(のづら)積みではあっても、石積みのスタイルが明らかに異なります。例えば、古い石積みは目地にこだわらずに乱積みされていますが、新しい石積みは目地を水平方向に揃えようとしています。

             

             

            今帰仁グスクは2000年に世界遺産に登録され、その直後に大改修を行ないました。新しい石積みは、おそらくその時のもの。

             

             

            不細工だと思いませんか?。どうして古い石積みに揃えようとしないんでしょ。

             

            何かの理由があるのなら、是非それを知りたいし、特に理由が無いのなら、やりたいようにやったってこと。それならば、呆れるしかありません。

             

            もしかして、石積みの技術を持たない、そこらの業者にやらせんじゃあないでしょうね。

             

             

            野面積みは加工しない自然石を積み上げるもので、プロの石工技術者が積むと大変強固な石垣になり、素人が積むといとも簡単に崩れてしまうとのこと。

             

            こちらは一昨年の台風で崩落した城壁です。

             

             

            「プロに頼んだんでしょうね」

             

            と言いたい。

             

             

            単なる観光施設ならともかく、今帰仁グスクは600年続いたグスクで、その歴史が郷土の誇りのはず。それをたったの15年で崩してしまって(^^)

             

            御先祖様に顔向けできないとはこのこと。「なめてんのか」と叱られますよ。


            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM